武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

武装神姫 ~首ネタ(笑)関連SS編~

猟奇的 
 今回は当方のジオスタ最初期に作成していた。
 フブキさんの首をネタにしたSS一連の紹介です。
 フィギュアについているアクセスコードのみなので
 パーツも少なく、
 こんなことばかりやって遊んでいました。

 少々残酷な描写もあるので、
 フブキさん愛好家や、苦手な方はご注意を~
 …って、もうサムネで出てるじゃん!


2007年3月に騎士子さんを購入した吾輩はフィギュアのついでにネットゲーも触れるのか…
当時PCを生まれて始めて購入した吾輩は、 当初ネットゲーム的なものにお金を投資するつもりは全くなく、
『タダで触れるなら触ってみるか』程度の認識でした。

年だけは食ってるくせに、PCは全くの初心者でして マシンパワーなどまるで考えていません。(笑)
わけもわからないままとりあえず、神姫NETをダウンロード。
ジオラマスタジオを触ってみるものの、操作の面倒くささに辟易!
20070306_001.jpg 
初めて撮ったSSがこれです…
動かすのが面倒でデフォルトポーズを配置してそのまま撮っただけ~。

結局2007年4月から始まる予定だったバトルロンドが目当てでした。
が、しかし!始まってみると これが自分が想像していたものとは違い、
システム的にはデッキ構築型のトレーディングカードゲームに近いと言うことが判明。
特に初期段階では準備時間が短い武装ほど有利なので
それらを持っていない吾輩はストレスがたまるばかり…。
何よりマッチングの待ち時間が当方にはもったいなくて(←かなりせっかちな性格)すぐさま飽きるのでした。

そして夏になると、マスターズブックがでます。
細々とバトロンを続けてはいましたが、あまり楽しんではおらず、何か参考になるならと本を購入。

そこでSSコンテストの入賞作品群を見てしまうのです。
『あの面倒くさい操作のジオスタでこれだけのものが作れるのか!』
受けた衝撃は大きかったです。

つまり自分の根性が足りないだけなんだ!
(実際はPCの性能もだいぶ不足気味で、
描画クオリティを「高」にすると一部のパーツに変な物体が表示されちゃうのですが^^)

これ以降。自分のジオラマスタジオの比率は完全にバトロンのそれと逆転しました。
操作のクセやどんなことが出来るのか…試しながらいつかは公式板に投稿できるようになりたい。
と11月末というかなり経ってからSS板の門を叩きます。
(この間に神姫GPの全戦リザルトや話の骨子を準備してます。)

最初は下手で当然なので、上手い下手は気にせず
『やりたいことだけやってさっさと消える』
つもりでいたのです。
後の顛末は、公式SS板をリアルタイムでご覧になっていた方々がよくご存知でわないかと…^^;



前置きが長くなりました。例によって最初期の文データは取れていないので、タイトル等は推測です。

(推定投稿タイトル) 【死亡遊戯】  (2008年2月3日撮影)
フブキ叩き
当時の投稿コメント再現

ある日ゲームセンターに行くと、新しいゲームが入荷されていました。
その名も「フブキさん叩き!」

ジュリエット(蝶)「ほら、リマちん たのし~よぉ~?一思いにサクッと!」

リマ(忍)「出来ません…そんなヒドいこと…。」

………………………………………………………………………………………………サクッ?



背景は洞窟背景の宝箱部分を上から見たところですね。
ちょうど良い大きさの箱がここの宝箱くらいで、しかもそのままだとお宝の山が凸凹なので、
カメラを上からのアングルにしてフラットな箱の前部分をゲーム台として見立ててました。

フブキさんの首はすべて別素体による増殖法です。
無課金な為、すべて違う素体なので、非常に面倒なのですが、
マスターズブックを見た当方には、これくらいで面倒だと投げ出すことはありませんでした。

凝った所と言えば、クナイの刺さったフブキさんは二体重ねで虚ろなヘンテコ目になってます。

因みにこのゲーム、ちゃんと専用のハンマー(プチモハンマー)で遊ぶようになってます。
Jさんの斧は、彼女が勝手に持ち込んだものです。
そしてこのSSは連作になっており、お次は…



(推定投稿タイトル) 【猟奇的遊戯】 (2008年2月4日撮影)
猟奇的
当時の投稿コメント再現

ジュリエット(蝶)「リマちんがやらないんならジュリがやるぅ~♪」

 ドカッ、ザクッ、ドカッ


リマ(忍)「きゃあぁぁぁ~~~~!せめて備…付けの プチモハ…マー使っ…ください~!」

この後筐体を壊した二人はこっぴどく怒られましたとさ。


首が飛び散ってる時点でフブキさん叩きでもなんでもないですね^^;
今思い起こせば、これって素体隠しSSの原点なんですよね…。
首パーツだけを置くことはできなかったので、如何に素体の存在を感じさせないか…
首の散らばり具合とか…手前と奥で大小の差をつけて奥行きを出していたり…
このためもあり、わざわざ上から見下ろす様に背景を使用しているのです。
すでにこの時から遠近感に妙にこだわる特性が垣間見れますね。

因みにこの当時、描画クオリティがいじれる(低くすると影が出なくなる)ことを知らなくて、
奥の飛び散る首の周りの不自然な影が出っぱなしです。(笑)



お次はこちら
(タイトル不明) 【????(タイトル思い出せなひ…)】 (2008年2月10日撮影)
ボウリング
当時の投稿コメント再現

また新しいゲームが入荷したようです。
その名も『激突!フブキさんボウリング!』

ジュリエット(蝶)「撃っちゃ駄目?」

リマ(忍)ゲ…ムが違います!と言うか 人…撃たないで下s…い!」


何のたわいも無い
『一見して、クスッと笑ってくれたら幸いです』と言う類のSSでした。
それ以上の意味も価値もありません!



最後はしばらく間をおいて投稿されたこちら…。
(推定投稿タイトル) 【首ネタこれで最後だよ】 (2008年2月17日撮影)
カーリング
当時の投稿コメント

ジュリエット(蝶)「よ~し!逆転ねらうのだ!」

リマ(忍)
「いたたた…! 私…本物です…!」


生首ストーンが非常にシュール…。
この当時はなぜか妙にカーリングが脚光を浴びていた時期で、すぐさま思いついたネタでした。
敵ストーン素体の選択が寅子さんなのは、
丸っこくて髪が短く、フブキさんに近い大きさの頭部と言う条件で探した結果です。
種子さんや建子さんだと少し小さいんですよね…。

当時は素体が10体しか置けないのでリンク上が少し寂しいです。



何しろ無課金だったので、アイデアで勝負する他なく、
この時の悔しさが後々課金へと走らせることとなります。
ちょうど近所にローソンが出来たのも後押ししました。(田舎なのでコンビニも近くに無かったのです。)

当時はまだライト機能がなく、この洞窟背景は暗くてあまり使いたくなかったのですが、
ちょうどいいものがここにしか無い場合も多く、
後々ライト機能がついた時は『革命が起きた!』と思いましたね。
とにかく初期はライティングに頭を抱えることが多かったです。

次回は課金した直後のSSでも公開してみませう。
実にバカな事にお金を使っていますよ~。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 武装神姫

2012-07-31 : 武装神姫 置きSS系 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re: No title
ぐりんぐりんさんおひさです~ コメントありがとうございます~。


>このあたりのSSを見るのは初めてで新鮮に感じます。
吾輩はこっぱずかしいです(*> <*)
ただ、初期のSSは色々手探りしながら悩んで作ったものが多いので、思い出深いものも多いですね。
使われているテクニックはつたないので第三者から見ると『ナニこれ?』でしょうけど…


>  そして、私もSSコンテンストの受賞作品を見て衝撃を受けた一人です。。
コンテストはすごかったですね。初期はパーツ50個 素体10体までしか置けないのにあのレベル!
晩年はさっぱりなくなりましたが、やはりコンテストは定期的にやってほしかったです…。



>  ジオスタの操作にうがーっとなったのは~
やっぱりそうなのでしょうか、
良かった!三日でサジ投げたのおかしくないんだ!(根性が無いだけヤロ)



>ジョイントつきのパーツを一杯つけたときの黄色いマークが~
え~っと…、普通(日常茶飯事)でしたがナニか?(ワンユニ師は特別や!)

あれもですね ノドモト過ぎるとなんとやらでして、ほとんど重なって見えるジョイントも
カメラの視点移動と感覚でどのパーツのどのジョイントなのか位置を特定できるようになりますよ!

パンケーキマガジン交差法以降はこの方法も通じなくなったので、「パーツを開いて付けて閉じる」
をするようになりましたが…。



>もっとあの機能が早く実装されていれば…と。
まさにそうですね。アレの投入がもう半年でも早ければ
リタイアした古株さんの歯止めも、新人さんの食いつきも違ったと思います。
むしろ『出来るなら最初から実装しとれよ!』と暴言を吐きたひ

個人的にはカメラに「傾き機能」が欲しかったです。
ヨー角とピッチ角がいじれるのにロール角はできなかったので…。
ロール出来たらこんなSSが作れるのに~ということは一杯ありました。


今となってはいい思い出とするしかないのですよね。
(アニメ化にかこつけてジオラマスタジオVer2なんて出てこないでしょうかねぇ…。)
ではでは~(^▽^)ノシ
2012-08-03 21:15 : MITAKEN0 URL : 編集
No title
 私がSS掲示板に投稿し始めたのが後期になるので、このあたりのSSを見るのは初めてで新鮮に感じます。
 そして、私もSSコンテンストの受賞作品を見て衝撃を受けた一人です。それがずっと残って白背景ものが多くなりましたねぇ。

 ジオスタの操作にうがーっとなったのは間違いなく触った人すべてではないでしょうか。まぁ、慣れてくればポーズ付けはだいぶ気にならなくなりましたが、ジョイントつきのパーツを一杯つけたときの黄色いマークがモデル一面に表示されたときはどうしようかと思いましたが(苦笑)

 そしてライティング革命。これはまさに革命でした。色味を変えるだけでなんと表情が変わることか。惜しむべくはもっとあの機能が早く実装されていれば…と。
2012-08-03 16:18 : ぐりんぐりん URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR