武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

武装神姫 ~MITAKEN家の一番長い日4~

鳳VSハンマーヘッド 

 昨日はちょっと雑談をしましたが
 今日は普段どおりです。

 今回も引き続き
 公式SS板で展開していた小話
 MITAKEN家の一番長い日四回目を
 お送りしま~す。


投稿タイトル 【『MITAKEN家の一番長い日』 肆(四)】 (2011/07/23(土)投稿)
鳳VSハンマーヘッド
投稿時のコメント再現
(例によって…以下略 ヲイ!文中時々あるNo.はSSのリンクでした。今となっては意味無いです。)

【前回までのあらすじ】
 MITAKEN自らが作り出した欠陥プログラムによって、自分のワンユニに攻められるという
               自業自得な状況で、オリジナルのルージュノ・ワール因子持ち二体を、
                               尊い犠牲を払いながらも葬り去ったM式工房の面々。
 そしてまた、たった一人残って仲間を先に行かせたようです…。
(参No59698 弐No59659 壱No59558 発端SS No58342)


鳳「ただの戦闘機に神姫が負けてたまるかぁぁ!」
 エウクランテ00(No42113)と、アルトレーネP(No56316)を先に行かせ、
一人残り残った鳳(No51563)は三機のお供を連れたメ○ヴ(No44320)達相手に奮闘していた。

 数の上では4対1、どう考えても不利だ。
 しかし、鳳の性能はメ○ヴたちをはるかに凌駕している。
 単にワンユニットとして新しいというだけでなく、製作者の念の入れ方が違うのだ!(笑)

 M家の白いスーツワンユニは、一部の特化型を除けば、
 防御力、機動力、遠近/攻撃力のトータルバランスを考えられた物になっていることが多い。

 散っていったアーンヴァルP(No No45958)やゼルノレーネ(No53772)がそうだったように。
鳳もまた、オールラウンダー型の一体であり、その中でも、特に高次元のバランスを持っている姫体なのだ。

鳳『四体相手とはいえ戦闘機、剣による白兵戦はない。
          レーザーに撃たれない様、張り付いて斬り墜とす!』

 音速を超える高速飛行の中でも、鳳は楽に敵機にアプローチしてみせる。
 その巨大な翼がそれを可能にする。

 ハンマ○ヘッドの一機に張り付くと、右腕にマウントされている可変式ライフルのブレードを展開し、
心臓部へと突き立てた。

ドシュッ!

鳳「先ずは一つ!自爆を使われた以上、手加減するなとの命令を受けてるんでな、悪く思うな…。」
(注:○ンマーヘッドは、特攻も視野に入れて作られてます…。モトネタの本家でも…)

シパッ、シュパーーーッ!

残りのハンマーヘ○ド達は、無防備なその隙を逃すはずもなく、死角をついたレーザーを撃って来る。
 それを冷静に左腕のスペルシールドを展開させ、明後日の方へ弾く鳳。
 戦闘は終始鳳のペースで進むかに見えた。だが…。

 仲間をやられたことを認識したメイヴ達は、ブルッと身を震わせ散開。そして彼らの切り札を切った。

鳳『姿が消えた!?…レーダーにも反応なし…、完全ステルスか!

MITAKEN「ふふふ、こんな事もあろーかとR/N因子だけでなく、
           対神姫センスジャマーと光学迷彩も付けておいたのよ!


リマ(忍)「#!いったい、どち…の味方なn…ですか!」 ピシ!ペシ!パシ!

M「あう、あう、…だから何度も謝ってるぢゃなひですか~!」

ジュリエット(蝶)ぽむ!(Mの肩に手をおいて)
         「MITAちんはもう何もしなくていいのだ…。」(― Λ ―#)

ドカッ!  ドカドカッ!

 さっきとは打って変わり、見えないメ○ヴ達は体当たりを始める。
どうやらレーザーで居場所がバレるのを嫌い、戦法を体当たりに切り替えたようだ。

 接近用の武器は何もないメ○ヴ達だが、予想もしない方向から来る体当たりはかなり応える。

鳳「くそっ!どこだぁ!」
 次々と削られていく装甲、それは明らかに嬲られていた。

L「何か手は…ない…ですか!『こんな事もあろうかと!』は?」

M「そんなのは都合よく無いけど(ヲイ!)…う~む、ラビットセンサーは使えるかな…?」
J「ほぇ?なぁにそれ…。」

M「ただの音響探知センサー、どんな機械も音だけは消せないからね。とりあえず鳳の頭部にあるんだけど…。」
J「そんなんで飛行機を捉えられるのォ!?」

M「現実でもレーダーが出来る前は、どこの国もラッパ管を集めた空中聴音機で、敵機を探知してたんだよ?
         問題は、現在の飛行機は超音速で飛んでるってトコ。聞こえる前に敵の攻撃喰らっちゃう。」

鳳「いや、やる価値はありそうだ。 音のしない方向こそ怪しいともいえるしね。」

 そう言うと、早速頭部のウサ耳を展開する鳳。
 全身系を集中させ、感覚を研ぎ澄ます。

 そしてこれまでの敵の動きのパターンを解析し、襲い来る方角を予測する。

ドカッ!

 予測とは違う方向からの攻撃。バランスを崩すが、必死に立て直す。

バキャッ!

 間髪をいれず二撃目。立て直し中の背中に喰らい落下した。

鳳『時代遅れの音探など何の役にも立たないのか…。』
 落下しながら無力感に覆われていく鳳。だが、直感は伝える。

『来る!今の奴ならこのタイミングで!』
 真上を向いてもラビットセンサーは反応しない。しかしそれが鳳を確信させた。

ドンッ!

 上から鳳の腹へと強烈な突きが入る。おそらくは機首による体当たり。

「そこだぁ!」

 そのまま、見えない相手に抱きつき咆える鳳。捕まれたメ○ヴ本機は、
                慌てたように光学迷彩を明滅させ、振りほどこうともがく!

鳳「死んでも放さねぇぇぇ!」
 放せば、また嬲られる…。ここは放すわけにはいかない!

鳳『ちぃッ!掴めたのはいいが、攻撃する手段を考えねぇと…。』
 相手は全力で振り落とそうと暴れる。しがみ付くのがやっとで、腕の剣は使えない。
 攻め手に困っているその時!ラビットセンサーが、はるか上空からの声を捉えた。

「そいつの腹を上に向けて!」

その声を聞き 鳳はありったけの力を振り絞り 腕で機首を締め上げ、スラスター全開。
 メ○ヴの腹を天空に向けさせた。

「くらえ!必殺のリヴォルバンカーァァッ!」

 聞き覚えのない声と共に赤い影が高速で迫ってくる。

ーーーン!

R/N因子を自壊させるワクチンプログラムを組み込んだ杭打ち機が、メ○ヴの胴体中央に食い込む。
 それはすぐさま効果を発揮し、メ○ヴを正常な状態へと戻した。
 正気を取り戻したメ○ヴは暴れるのをやめ、フラフラと離れていく。お供のハ○マーヘッドも後に続いた。

?「フゥッ、やっとここまで来れたよ。」

 白い神姫に抱えられた 赤くてゴツイ神姫は、そう言って笑って見せた。

鳳「お前が新しい仲間…?」

つづく


J「わ~い、古鉄ちゃん、やっと到着なのだ~!」ヽ(´▽`)ノ♪
M「いや、本隊は先なので まだです…。」(― ―;)


とまぁ、あんまり長引かせてもあれなんで、古鉄ちゃんがここで顔見せ的に出てきます。
細かい突っ込み、お気づきの点はあるかとは思いますが、心の内に秘めておいてください。(笑)
(音速で飛んでくる相手がぶつかってきたらこんなものではすまないとか、そもそもソニックブーム…etc)

今回は一人残るプロセスを丸々省いていきなり戦闘から始めてます。
同じことの繰り返しを文章にする意味ないですよね?(賛同を求めるな!)

戦闘のテーマは『見えない相手にどう戦うか』でしたが、古典的な音響センサーを持ち出してます。
決定打にはなってませんが、古典装備で最新装備に対して何とか足掻くという展開が好きなのですヨ^^

SSの作成としては、前二作とは違い凝った作風に戻りました。
これは作成中のSSがあります。
20110721_001.jpg
最初の一機を倒す瞬間を目指して作成。ごらんのとおり最初は縦長に切り取った画面構成でした。
上昇して足掻くハンマーヘッドにしがみつく鳳さんの画がほしかったんですよね。

20110722_001.jpg
効果線用のつりざお(糸部分のみ使用。当然素体両手もち増殖)をどんどん配置していきますが、
どうもしっくりこない。

20110722_002.jpg
効果線は増えているのにどうしてもスピード感が足りません。
この迫力の足りなさはいったい何なんだろう…。
速度感はほしいのに上へ向けた構図になっているので、人間がもともと持っている重力の先入観が
スピード感をそいでいるのではないかと分析。

20110722_003.jpg

思い切ってカメラをいじって斜めにしてみる。
もともとのカメラアングルが変(真下から見上げたつくり)だったのが功をそし。
本来ロールはできないジオスタカメラでロールさせたかのような角度にできました。

ところどころ効果線用の素体が見えたりしましたが、調整で隠すことができたので棚ボタです!
偶然万歳!(コラ

一か八かの賭けでしたが、さほど改変せずに斜めにできたので結果オーライです。^^b


鳳さんは古鉄ちゃんを運ばせる役目もになうので、相打ちになる展開は避けました。
おんなじ展開は三度やるとただのワンパターンですしね~。

次回もこの小話のつづきです。とうとうデカい中ボスキャラの登場~。
ではでは~(^ ^)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 武装神姫

2012-10-11 : 武装神姫 置きSS系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。