武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

武装神姫 ~MITAKEN家の一番長い日7~

最終話
 本日もストーリーの続きです。
 とうとう最終話。
 あそこからどうやって大円団を迎えるのか…。
 興味のある方はどうぞ~。

 ジュリエット(蝶)「もっとジュリをほめるのだ!」
  ↑今回一番の貢献者?
 (でっかくなるよりも役に立ってる!)ぷち!


投稿タイトル 【『MITAKEN家の一番長い日』 漆(七)】 (2011/08/12(金)投稿)
最終話

当時の投稿コメント再現(略!)略しすぎてわけわからんわ!

あらすじ
 自らが作り出した攻性プログラムによって、
 自らのワンユニに攻められるという自業自得な状況の中で、ついに全滅してしまったM式工房の面々。

 ですが、捨てる神があれば拾う神も居るようで『自称神様』が、
 初めて神様らしいことをしでかしたようです…。

 本文はコメ内へどうぞ~。
(六No60003・五No59890・四No59795・参No59698・弐No59659・壱No59558・発端No58342)



 まばゆい光を見てリマさんがつぶやく。

リマ(忍)「信じ…れません……。」
MITAKEN(ラビボン)「なんだか…、科学とか物理の屁理屈こねるのが馬鹿らしくなってきた…。」
 消えた神姫たちの代わりに大地に降り立ったのは、
 白天王三式(No38596)と呼ばれるとある番組のキャラクターだった。

『ここは?』 
光の中で目を覚ますエウクランテ00(No49143)。しかし体はない。

『あ、気づきました?先輩。』
 背後からゼルノレーネ(No53772)の声。だが、振り向いても姿はなく、白い世界が広がるだけだ。
 しかし、その存在はしっかり認識できた。

00「これはどういうことだ?私達はあの黒い巨人にやられて…。」
 体はないのに意識はある…。
 精神を集中すると、気配があるのはどうやら、ゼルノだけではないようだ。

『感づいたか…、どうやら敗北した私らは、この白い空間に集められているらしい。』
 この男勝りの声はどうやら鳳(No51563)のようだ。

『みんな!こっちを見て。』
 アーンヴァルP(No No45958)の声がした方へ意識を向けると、そこは窓のように外の景色が見えている。
 そこに写っていたのはR/N(No58342)とその軍団、そして巨人…黒の親王。しかしそれだけではない。

『この大きな白い腕は…いつもジュリさんが見ているヒーロー番組の白天王…?。』
アルトレーネP(No56316)「のつぶやきに皆がハッとなる。

 全員が腕を動かそうと意識すると、窓の外の腕もギクシャクと動いた。
 ここで皆が、今の状態を完全に把握した。

『今、私達は白天王になっている!?』
 そこにドコからともなく聞こえてくるジュリエットさんの声…。

ジュリエット(蝶)「つまらない結果は認めない!世の中は楽しくあるべきなのだ!
                               
いけぇぇ白天王!悪者をやっつけるのだ!」

アーンヴァルP「大分状況が分かってきました…。
        意識体となった私達は何らかの力で白天王の体の中にいるんですよ!」

鳳「しかもこの体、私らの意志で動かせるらしいな…。
   どんな理屈なのかは分からぬが、やるべきことはハッキリしている!」

アルトP「みんなでこの体を動かして敵を倒せばいいのね。」

白騎(No59392)「「R/N因子をも消せるかどうかは分からないけど…、やるしかないようだな。」

古(No58978)「「この体、うまく意識を統一しないと上手に動かないね~。面白~い
。」

00「そんなことは問題にもならないさ。…だって私達は…」

全員「「「「「「「元から心は一つ!」」」」」」」



 動き出す白天王。先ほどとは違い、実に滑らかに動いた。

ゼ「いきなり最終奥義でいくよ!」

鳳「伊達にジュリエットさんと一緒に番組見てねぇゼッ!」

白「来なさい!天下剛剣!!
アーンヴァルP……いや、融合白天王の呼びかけに、二本の巨大な剣『天下剛剣』が空間を破り突き出してくる。

アルト「二つの力を束ね、今一つに!」

00「
究極物理分断剣 『天下剛剣 真打…………
    Oh KA NE HI RA!!
(大包平=おおかねひら)」

古「私らは番組見たことないからよくわかんないけど…。」
白騎「やるべきことは分かるッ!

ザンッン!!

 黒の親王を防御体勢の姿のまま、まるごと切り捨てる白天王三式。

 本物の黒の親王であれば こうはいかないであろうが、
 相手はただ一姫の神姫が作り上げた贋物(イミテーション)である。
 神姫に対しては絶大な力を振るえても、本物の天使には全くの無力。
 文字通り一刀両断であった。

古「あれれ? 体が…私の元の体に戻っていく!?」
 白天王は再び光の粒子となり、その形は徐々に崩れ始めた。
 かわりに現れたのは、それぞれの娘達の元の体そう、傷つく前の状態の体へと戻っていく…。

00「待ってくれ!もうすこしだけ…妹を止めるまで消えないでくれ!
エウクランテ00が懇願する。
しかし…エウクランテ00の想いとは裏腹に、白天王の力はその姿と共に消えてしまった。

J「むぎゅぅ~。ジュリの力じゃ、このくらいの時間が限度なのだ…。」ペタン。
 体力無尽蔵のジュリエットさんが珍しく、ぺったりと座り込む。
 架空の存在を具現化する力は まだまだ不完全のようだ。

エウRN「ハ…ハハハハ…、驚かせおって…振り出しに戻っただけではないか!何も変わらぬわ!」
 焦りながらも白天王三式という脅威が居なくなり、再び勢いを取り戻すR/N。

白騎「変わらないだと!? いいや、全然違うね!
鳳「そうとも、我々は今、全員がここに揃っている…! 乗れ古鉄!」
古「あいあいさー!
 素早く変形した鳳の新品ボディに古鉄が飛び乗る。

エウRN「諦めの悪い連中だ……やれ!同志達よ!」
 R/Nも素早く変形し、逃げの体勢を取りながら、周りのザコ達に特攻を命じた…だが…。

ビシッ! ビシュッ!
白騎「私は古鉄を最大限に活かすための『露払い役』!。こういうハエタタキは十八番さ!
 大量のザコ達は、白騎の正確無比なショットで次々と打ち落とされていく。

エウRN「それでも我を追うには、速度の方が足りんな!」

白/アルト/ゼルノ/00「ならば私達の推力(ちから)も合わせる!」
 四人の姫たちが後ろから鳳の翼を掴み押し上げる。
 古鉄を乗せる鳳はかつてないほどの力を得て加速した。

エウRN「ぬうぅぅぅ!小癪な!」
 すでに速度は音速の三倍を超えようとしている。
 これ以上はエウクランテ00R/N自身のボディだって持つかどうかは分からない。

姫達「いっけぇぇぇぇ!

 古鉄が必殺のバンカーがある右腕を構える。
 この速度では、流石のR/Nも振り返って迎撃することは出来ない。

 徐々に近づいていく古鉄達。
 だが、突き出した右腕の杭は飛行形態R/Nの尾部20粍先でピタリと止まる(注:神姫サイズ!)

 性能の限界だった。

エウRN「ハハハハハ!どうやら手詰まりのようだな!
 焦りながらも勝ち誇るR/N。飛行形態だが、嘲り笑う表情が透けて見えるようだった。

鳳「くそぅ…!
白「あと少しなのにッ!
 誰もが諦めていた……。 ただ一姫と一人を除いては…。

M「ふふふのふー、やぁ~ってしまいなさい 古鉄ちゃん!
古「了解~♪ リヴォルバンカー・シュートモード!
カチン!☆

古「イジェクトッ!
ドンッ!バキンッ…!

 ストッパーの外れた杭は弓矢のように放たれ、飛行形態のR/Nの背に深々と突き刺さる。
 パイルの射出…これが古鉄の真の必殺武器である。

エウRN「なんだとぉおおぉぉぉ、飛び道具は無いのではなかったのかぁぁ!
古「NON、NON!最後まで見せないからこそ、『切り札』だよV(ぶい)ッ!」

M「
今こそ言おう!
  『こんな事もあろうかと』と………ふっ、キマッた…」
                               (※最後の一言が余計です!)

アルト
「可愛そうな人…、
   こんなに沢山の僕(しもべ)を連れているはずなのに…なぜかあなたは一人に見える…。」

エウRN
「これだから人間は…信用できぬ…のだ…。そんな人間と…共に生きよ…などと…、
     お前達が…これから…どうな…るのか…見もの…だ…な…ク…ク……ク………。」

 自我崩壊したルージュ・ノワール プログラムは消滅し、
 デッドコピーに犯された神姫たちも次々と正常な状態へと戻る。
 M式工房の面々は、全員が無傷で生還した。

 こうしてMITAKEN家の人騒がせな一日は終わりを告げたのである。

古「この必殺技…一発しか撃てないのが難点なんだよね~。」(芯が無くなっちゃうので…。)
M「『必ず』『殺す』んだから問題なし!」←大威張り。



リマ(忍)「皆さん、任…完了お疲…様です。」
 作戦室が置かれた家(テント)へ戻るとリマさんがみんなを出迎えます。

ジュリエット(蝶)「お腹空いたのだァ~!今すぐ何か食べさせてくんないと、
           備蓄食料全部食べちゃうゾ~!」ジタバタ(←すっかり駄々っ子モード)
M「はいはい ただいま~!」
 作戦室の中ではワガママ姫の要求にセカセカと応えるMITAKEN(ラビボン)…
 いつもどおりの風景がそこにはありました。

00「マスター…一つお願いがあるんだけど…。」
 エウクランテ00が抱えているのは…00R/Nの体。
 致命傷負っていますが、神姫として死んではいません。

M「分かってるよ、ちゃんと修理するって。
   …それにしても白天王の力はすごいな…
    敵だった筈のアーンヴァルP R/Nも飛鳥P R/Nも、
    R/N因子無しでしっかり復元されてる…。まさに救いの天使か…。」

白天王の力は味方だけでなく、破壊された街や敵神姫たちでさえ
何一つ欠けることなく復元させていたのです。

つまり…敵味方とも、ほとんど被害がなく事が終わったことになるのです。

J「白天王は物を修復する力は持っているけれど… もぐもぐ。
   命を生き返らせることだけは出来ないのだ…    ごきゅごきゅ。
   番組内ではいつも人を救いきれず、
   美雪ちゃん(白天王の中の人、真白美雪という人間です)が苦しむんだけど… 
ガツガツ。」

L「私達『神姫』は人で…なく、機械の体とメモリ…データで出来て…るからこそ
   復元されたんですね…。それより…食べながら喋…ないで下さい ジュリエ…トさん…!」

M「とにかく、無事に事を収めることが出来たんだ、今日は祝杯でも上げるとしませう!」
姫一同「賛成~!でもその前に…。

 娘達は円陣になってMITAKEN(ラビボン)を取り囲みます。

鳳「元はといえばマスターが変なプログラムを作った所為だよな?」
 ズズィ!(と詰め寄る)

M「え~っと…やっぱり怒ってます?」
娘達「当たり前田のクラッカぁー!(即死語)」ポカ☆ スカ☆ ポカ☆


【エピローグ】
ジュリエット(蝶)「むにゃむにゃ…お代わりもう一杯~~。ZZZ…。」
M「アレだけ食って、まだ食べる夢見てるよ…。」(←娘たちにやられてタンコブだらけ)
 ヨダレを垂らしながらテーブルで眠りコケるJさんに、毛布をかけるMITAKEN。

リマ(忍)「あら? このメモリ…チップは?」
 PCデスクにある、片付けられていないメモリーを不思議がるリマさん。
 整理整頓はいつもリマさんの役目なのです。(当方の家政婦さん役なので…)

M「R/Nのマスターデータだよ。」
L「ひゃッ!」
 素早く飛び退くリマさん。流石に怖いようです。

M「インストールしない限り大丈夫。ただのデータだもん。」

L「そんなの…早く捨て…しまいまし…う!」
M「そうもいかないよ。どこがまずかったのか調べなきゃいけないし、
  何よりも今回は
プログラムの所為だけじゃないような気がするんだ…。」

L「?」

M「奴が言ってた通り 捨てられ、忘れ去られていく神姫たちはこれからもどんどん増えるだろう。
  本当の原因は、
  『飽きっぽい吾輩たち人間側にあるんじゃないか?』
  と思わずにはいられない…。
  いま、全神姫オーナーは試されているのかもしれないね。」

 リマさんの心に一抹の不安がよぎります。
L「……御…形様も…ですか?」

M「ああ…、そりゃ、簡単に君らを見捨てる気はないよ…。でも時々思うんだ…、
 自分はいったいどこまで武装神姫を、愛し続けていけるのかと…。

 そう言ってMITAKENは、窓から夜空を見上げます。
外には大きな満月が顔を覗かせていました…。

 
神姫とは月のような物、
 
『オーナー』という太陽がなければ光ることは出来ません…。
 神姫が光り輝き続けられるかどうかは、
 
すべて『オーナー』の手にかかっているのです…。

…おしまい…


ジュリエット(蝶)「9点!(100点満点中…)
           ジュリがあんまり活躍してないのだッ 書き直し!ムスッ!#」( ̄∧ ̄)

M「いきなりダメ出しですかぁっ!」。・゚・(つД`)・゚・。(号泣)



とまぁ、最後はギャグで落としてましたが、テーマ的には結構重いところをつついてます。
結局書きながら自分自身に問いかけてるんですよね。
J「お前の血は何色だ~」

Mじゃ なくて!!
   お前の神姫愛はどこまであるんだ?

答えは以前書いたとおり下手な言い訳でごまかしてますが、
おそらく全オーナーがいずれ迎える『避けて通れない問題』なので 別れる際
ほかのオーナーさんはどうしているのだろう…と思ってしまいますね。どうしても…。

このブログでは、ワンユニコーナーで古鉄の隠し武器のことに触れてしまっているので。
そちらを先にごらんになっている方にはあまり驚きはないかとは思いますが、
当時はこのストーリーが先で、ワンユニの説明なんてほとんどしていないので、
いちおう「驚き」の一要素になっています。
参考までに…古鉄ちゃんのページ↓
mitaken0.blog.fc2.com/blog-entry-112.html


非常に駆け足なストーリー展開でしたが、もともとこれで大きな投稿は終了し
あとは ありがとうメッセージくらいで当方の神姫NET活動は終わるつもりでいました。

ところが!なんと途中でKONAMIさんのはからいで10月いっぱいまでサービス延長が決定!
終了延期自体は嬉しくもありましたが、段取りが総崩れですヨ! ^^;

終わりじゃないと分かってても終末的な展開を進めるのは結構苦痛でした…。
こうして当方のジオスタ板活動はもうしばらく続くことになるのです…。
バイクワンユニも卒業制作じゃなくなっちゃったじゃないですか!(誰のせいでもないですけど…)



SS作成に関しては、「これで大作は最後だ!」と腹をくくっていたのでカッコイイのを作成。
大包平(合体天下剛剣)はデカイので何とか画面に収まるよう四苦八苦していましたね~。
(収まってないぢゃん…)

あとは、当方の得意技ばかり並べ立ててます。
右上と左下の角のオペマニ(水色のグラデーション)は単に置くのではなく、
バックに白いオブジェクトを置いた上で配置する二重構造。そのままだとバックの黒が透けてしまいます。

オペマニ技は他にも試していた技があったのですが、結局披露することなく終了してしまいましたね。
もっと研究を進めればいろんな表現に使えるアイテムだったはず!
以上。長々と展開してきた私的小話はこれで終わりです。


次回は僕神姫に出そうと思っていたオリジナル神姫をまたひとつ公開。
以前のAC似のロボットとはまた別の完全なネタ神姫です。

リマ(忍)「あれは…イロ…ロと問題…ありますよぅ。」
M「もし商品化なんかしたら高確率でBN社やS社に訴えられるねぇ♪」(←分かっててやってる悪党)
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 武装神姫

2012-10-24 : 武装神姫 置きSS系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR