武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

武装神姫 【武器屋 番外編2】 ~忍者の武器・道具~

 武器屋番外編2
 それでは皆さんお待ちかね、
 (本当に待たれているのかは疑問ですが^^;)
 忍者回二回目です。

 SSは前回のリマさん(忍)のお家事情の
 解決編となってますが、
 本体はコメント内にのっけてた
 「忍者コラム」だったりして!(ヲイ
 前回よりは短いのでご安心を~



 まどろっこしいことは抜きにしていきなり投稿作
投稿タイトル【【武器屋 番外編】 ~現役忍者の忍(しのび)講座2~
                                         (2011/10/22()
武器屋番外編2    
当時の投稿コメント再現

こんにちわ~、残業続きといふ最悪の状況から復活しました!
前回(No61125)mitaken0.blog.fc2.com/blog-entry-150.html#moreの姉妹対決の結末です。

美月(白忍)「やるようになったのぅ妹よ…。『二人ともここへ残る』ことを提案してくるとは…少々驚いたぞよ。
        部下に、相打ちの報告に行かせたゆえ、追手も来るまい…。」
リマ(忍)「こ…すれば、誰も死…ないですから~♪」(´ー`)

MITAKEN(ラビボン)「あの~、此処に住む気ですか!?」
L「良案だと思…ませんか?」
M「勝手に決めないで下さい!」

美月(白忍)「ふっ、ソチの器はその程度かや?ココは妹の主として深い所を見せてみよ!」

M「イヤイヤ!あなた達の言ってる『里』ってメーカーのことでしょーが!
  リマさんも抜忍じゃなく、モニターテストとしてメーカーから預かってる普通の神姫ですがな!」
(吾輩は、無料で遊べるデジタルの忍者型フブキは
 『メーカー{K2}がモニターテストとして無料で貸し与えている神姫』という解釈をしてました。
 『神姫NETの終了時に返却することになっていた』という寸法です。
 ちなみにフブキ型のフィギュアを購入した方は、『返却したくなくて買い取った。』という解釈です。
 完全に吾輩の脳内妄想ですけどね^^; あとウチはもちろん買取ですよ!)

美月(白忍)「ふむ、ここでは『りーまー』と名乗っておるのか妹よ…、了解したぞよ。」
M「人の話を聞いてくださいよぅ!」

ジュリエット(蝶)「MITAちんもいい加減 おとな気ないのだ!」

 こうしてM家の家族がまた増えたといふ。 ち~~ん。
忍者コラム2はコメ内へどうぞ~。

(以下返信コメント内文章)―
MITAKEN「忍者の武器や装備と言うと忍び装束に忍者刀、手裏剣といったお馴染みの装備が定番ですな~。」
ジュリエット(蝶)「マキビシとかも有名だよね?」

リマ(忍)「確かに知名度は高いのですが、間違った使用法や用途で伝わっていること多くて
        私はちょっと怒ってます!私のワンポイントアドバイスも含めてお楽しみ下さい。」
        (著しく夢を壊す内容も含みますので、ある程度お覚悟下さい~)
        あと、今回は一つ一つの項目は短めにまとめてますので多少読みやすいかと…。


【忍者刀・忍刀(にんじゃとう/しのびがたな)
 手裏剣と並んで、忍者の定番として描かれる武器。
 忍者の戦闘スタイルが突き主体の為、
 反りがほとんどなく、狭いところでも扱えるよう、通常の刀より短い(約40糎)。

 下げ緒が長く、コレを口に銜えながら、幅広の鍔を足がかりに高いところへ登る使い方はとくに有名。
 (登り終えたら銜えた下げ緒をたぐって刀を回収する。=釣り刀の法

 この長い下げ緒は捕縛に用いたり、止血にも使うだけでなく。
部屋の出入り口で膝の辺りに張って、侵入者の脚を取ったり(用心縄の術)等。複数の使い方がある。
(他には座探しの術や、野中の幕、槍どめの術、旅枕の法などがある。)
忍者刀解説

 鞘の先端(鐺/こじり)が取り外せ、ここに薬物を仕込んだりと非常に多機能。
(鞘自体をシュノーケルに使うという説もあるが、この長さだと水圧の関係でかなり難しく、
 この程度の深度ではすぐに見つかってしまうので、近年では否定的。むしろ潜水して移動した方がよい。)

 背中に背負う姿がまかり通っているが、これは狭い所を通る時だけで、
普段は腰に帯びていたというのが現在の定説。

 しかし、普通の刀とあまりにも形が違いすぎる為、
本当に忍者が使用した物なのかは疑問視されている。
 スパイである忍者が、『これを持っていたら忍者』と判明してしまうような目立つ物を
持つはずがないからである。
 実際、忍者刀は伊賀や甲賀以外の土地では見られず、
ほとんどは短刀や脇差を使用していたとされる。
(またもや夢のない話でゴメンナサイ…。)
 
リマ(忍)「忍者は一つの道具を幾通りにも使いこなせる者が、優れた者(忍びの上手)とされました。
        忍刀のような最初から仕込まれているものに限らず、
        あらゆる物を武器や道具に転用して難局を切り抜けます。
        ただの箸でさえ、時にはその手で凶器へと変えるのです。」


【手裏剣(しゅりけん)
 忍者達が使う代表的な投擲武器。
 役目的には留手裏剣(とめしゅりけん)と責手裏剣(せめしゅりけん)の二つに大別されるが、
ここでは認知度の高い十字手裏剣などの留手裏剣を扱う
 因みに
手裏剣を投げることを専門的には『打つ』と言う。

留め手裏剣は用途により三種類。
 最初から手裏剣として作られたものを忍手裏剣(しのびしゅりけん)と言い、
 とっさの時に使用する小刀や包丁は静定剣(せいじょうけん)、
 さらに危機の時に茶碗やヤカンなどあり合わせの物を投げることを乱定剣(らんじょうけん)と言う。
 (ちゃぶ台返しも立派な乱定剣)

 一般的に知られる手裏剣はこの忍手裏剣のことで、形状により棒型と平型に分類される。
 棒型は文字通り、鉄の棒の先端を尖らせただけの物から、楔形、独鈷型、切出型など細長い物で、
投擲時の音が平型より小さく
刺さればかなりの深手を負わせることができる。
手裏剣解説 (3) 

 しかし、相当な修練を積まないとまともに刺さらせることは出来ず、
打つ者に高い技術を要した。(上手く刺さらなければ意味がなひ。)

 平型の代表的なものが、有名な十字手裏剣など。
 『三方型、四方型、五方型、六方型、八方型、卍型(流れ卍含む)、
 棒状のものを二つ組み合わせてクロスさせた折りたたみ十字型
 (板バネが仕込まれおり、開くとロックがかかる)、
 どの方向からでも刺さる 立体的な車剣(くるまけん)や鉄鞠(てつまり)、
 日本版チャクラムである戦輪(せんりん)等々非常に多種。
(もっとも、車剣や鉄鞠はかさばりすぎるので沢山はもてずマキビシとしての使用も兼ねていると思われる。)
手裏剣解説 (1)手裏剣解説 (2)
 全周に刃があり、空力的にも安定する為刺さりやすいが、(立体的なものは除く)
互いの刃が邪魔をして深く刺さらないので深手を負わせることは先ず無理。
 そんな理由からか、毒を塗り責手裏剣(せめしゅりけん)のひとつ
『毒剣』として使用することも多々ある。

 流派だけでなく、個々の忍者でも使用した形は様々で、好みによって各自改良していたと言われる。
威力を求めるものは重いものを使い、刺さることを重視するものは角の多いものを選んだ。

 もっとも、当っても死に至らしめることは稀で、大きな威力は期待できない。
大抵は逃走時間を稼ぐ牽制であり、やはり積極的に相手を倒す武器とは呼べないようだ。

 意外と重くてかさばるので、あまり多くは持たず、フィクションのように大量に投げることもまず無い
忍者刀の項目でも述べたように、これを持っていると忍者とバレる可能性が高いためでもある。

身体検査をされても誤魔化しやすい棒状のものが広く使われた模様
棒型は平型より刺さらせるのが難しいのですが、
当てたり刺さらせる難しさはとにかく修練で何とかしていたようです^^;
(まぁ、肉体改造しちゃうくらいだから当然という感じもしますが…。)

リマ(忍)「ここでは留手裏剣(とめしゅりけん)を主に扱いましたが、
        毒を塗った刃物を打つ毒剣、眠り薬・目潰しなどを吹き付ける薬剣
        松明や火矢を投げる火勢剣などを『責手裏剣(せめしゅりけん)』と言います。

        留手裏剣である十字型に火縄を巻きつけて、照明や放火に使う火車剣(かしゃけん)
        のような複合的使用例もありますね。
        また、平型は胸ぽけっと に、棒型は脛にしこんでおけばちょっとした防御装備になります。」


【忍び装束(しのびしょうぞく)
 巷でイメージされる忍者の姿は大抵この忍び装束
 帯が輪になっていて端がない(身に着けるときに端を探す必要がない)など着易い工夫がされており、
物をしまうポケットも多数装備する機能服

 が、しかし!日中にこんな格好をして道中を歩いていれば不審者そのものなので、
基本的に農民の野良服で活動をすることが普通
この装束の袴も、武士が着る裃状の物とは違い、形は農民の野良服と同じものである。
(何回夢を壊せばいいのだらう…^ ^;。)

 色も、闇に溶け込む濃紺色や、柿渋色(濃い茶色)がよいとされ、
漆黒の忍び装束なんていうものはまずありえない。
(闇の中では浮き上がって見えてしまうので…。)

リマ(忍)「忍者の代名詞的なスタイルですが、
        もちろん
普段はこのような格好はしていません!
        伊賀・甲賀の野良服はもともと濃紺色が多く、それだけでも闇夜にまぎれやすく。
        たとえ夜中に見回りの者に見つかっても、
        農民なら『野良仕事が長引いて遅くなった』とか、
        早朝なら『早めに野良仕事へいこうかと…』などといえば誤魔化しが効くため、
        農民の格好のほうが都合がよかったようです。

         では、忍び装束自体が真っ赤な嘘なのかというと、
        両面『りばーしぶる』に染め上げた忍び装束なども残っている為、それもまた違うようです。

         これは私の推測ですが、農民が居てはおかしい城や大名の屋敷などに潜入する時は、
        面の割れない忍び装束はやはり意味があったのだと思います。」


【苦無(くない)
 忍者オリジナルの道具と行って差し支えない忍器。
 棒型手裏剣の一種と認識されがちだが、実は穴を掘ったり、扉をこじ開けたり
工具的な使い方が主な使用法。(またもや夢が~っ)

 よって、刃の片面は平たくヘラのように浅くえぐれた形状になっている物も多い
 材質は質のよい鋼。

 他にも、壁に突き刺して手がかりにしたり、
20cm以下の小さい物は飛苦無(とびくない)と呼ばれ、
柄の穴に紐を通し、高所に打ち込んで登器(登るための器具)とした
また、火打ちがねとしても使える
 投擲武器として使うことは余りないが、これしか手持ちの飛び道具がない場合は別である。

リマ(忍)「名前が有名な割には、使用法が誤解されている忍器の一つですね。
        もちろん手裏剣としても使えるのですが、工具としての使用法が主な為、
        簡単に投げ捨てるような真似はしなかったと思われます。」

 また、この回を投稿時、
同じく神姫NETの常連さんであった
アキラ@鳳凰座の二闘流さん(伊賀・甲賀が地元だそうです)から
『苦無は色々な用途に使えるので“苦しく無い”“苦労が無い”が名前の由来という説もあるらしい』
との補足もいただきました。
 やはり地元の意見・経験は本などで見知ったうわべだけの知識とは違うのでありがたいです^^b


【鎖鎌(くさりがま)
 鎌に分銅付きの鎖を取り付けたもの。
鎖で相手の刀を受けたり、絡め取ったり出来る攻防一体の武器。

 フィクションでは柄の先に鎖がついているタイプが多いが、
実際には
鎌刃の付け根に鎖がついているタイプが操りやすく、よく使われた。
 忍びが使ったものはことさらコンパクトで、片手で握って少し余る程度の長さ(20糎以下)のものもある。
鎖鎌解説

リマ(忍)「忍者刀や手裏剣ばかり目立って伝えられていますが、
        忍者が主に使った武器は、実は農具でした。(またか!)
        特別な道具はやはり特殊な任務においてのみ使用したのであり。
        戦場へ呼ばれれば普通の槍や太刀ももちろん使ったはずです。
        普段農民を装っている忍者たちは、鎌を始め、天秤棒や
        脱穀に使う唐竿(西洋風に言えばフレイル)など、
        農民が持っていても怪しくない物を活用していたのです。
        鎖鎌はそこから独自発展していった武器でした。」


【鳥の子(とりのこ)
 俗に言う煙玉癇癪玉にあたる。
爆発時に大音響と煙が出る一種の煙幕弾。形状は玉に導火線が突き出た
「爆弾マーク」でもおなじみの典型的形。

 胴火(どうび)や打竹(うちたけ)といった火縄を携帯する為の筒を使い、
導火線に火をつけ、
攻撃ではなく主に逃走に使用する。
 鳥の子紙(和紙の一種)を張り固めた半球の中に、火薬をつめて張り合わせる花火のような構造。

リマ(忍)「忍びが恐れられた最大の理由が、この火術・火薬術に長けていることでした。
        忍術書『萬川集海(ばんせんしゅうかい)には180もの火術が紹介されており、
        それを物語っています。
        当時の『火』はすぐにつけられるものではないのが常識です。
        即座に火を使って見せた忍びはまるで魔術師のよう
に見えたことでしょう!」


【埋火(うめび/うずめび/うずみび)
 現在で言う地雷
 短く切り、二つに割ってフシをとった竹の片割れに、着火した線香を置き。
それを、小型の桶や木箱に火薬と釘を混ぜた物と共に詰め蓋をする。
 (火薬&釘のうえに線香入りの割れ竹を置く感じでとじる。)

 あとはこれを、敵が通るであろう地面に埋め、軽く砂をかけて目立たなくすれば準備完了。
敵が
踏めば中の竹が割れ、線香の火が火薬に着火し、釘の散弾を喰らう。
敵が密集しているほど効果も大きい。
 欠点は、線香式なので、有効時間が限られていること。
埋め火解説

リマ(忍)「この埋火と同じ技術を応用した、現在の爆弾/手榴弾にあたる
        焙烙火矢(ほうろくひや)というものもあります。
        導火線の長さを調整すれば時限爆弾としても使えました。
        また、火矢に火薬を取り付け、『ろけっと花火』のように打ち出す
        大黒火矢(だいこくひや)などもあります。
        忍びの火薬に対する知識と応用力は敵の大名にとっては大きな脅威となりました。」


【水蜘蛛(みずぐも)
 水上を歩行するとされている忍具。
 忍術書『萬川集海(ばんせんしゅうかい)には図とサイズのみが書かれていて、
使用法がハッキリしない。

 近年の研究では、この大きさで人を浮かせるだけの浮力を得ることは難しい(というか無理!)
ことが判明しているので、実際はもっと大きく、ボートのように跨って乗ったとの説が定説となっている。

リマ(忍)「上記の説明が現在の説ですが、口伝では『沼浮沓(ぬまうきぐつ)と言いまして。
        本当は水上ではなく、泥濘や湿地帯をカンジキの様に歩く為の歩行器であったとの説があります。
        泥濘や湿地帯は、泳ぐことも歩くことも出来ないので警戒が薄いのです。
        沼蜘蛛と呼ばず、水蜘蛛と呼んだのは忍びお得意の『ぶらふ』ですね。
        湿地帯を歩ける道具があると知られれば、湿地帯も警戒されてしまいますから…。

        それに水をわたる方法は【蒲いかだ】【浮きだすき(浮玉/腰玉)
        他にも手段があります。
        少なくとも、私(リーマー)はこちらの湿地歩行器説を支持しております。」


【五色米(ごしきまい)
 その名の通り、紫、青、黄、赤、黒の五色に染め分けた米。
 目立たない所において暗号文(各流派でならべ方や法則がある)を作り、味方と連絡をとることが出来る。
 着色されている為、鳥は警戒して食べないと言われている。

リマ(忍)「誅や忍道 --(←当時は伏字でした)といったゲームには目印として登場しますが、
        実際は情報伝達手段の一つです。
        たとえ敵に見つかっても、同門でなければ意味がわからないので、
        伝達内容が漏れることはありません。」




MITAKEN「なんだかイメージぶち壊しな物が多いんですけど…。」
リマ(忍)「まちがった表現で使われ、広まってしまっているからですね。
        少しでも誤解を解きたいです。」

ジュリエット(蝶)「最近実写映画になったカイ外伝で、(←実は吾輩まだ見てません^^;)
           忍者なのに忍び装束着てないの~!?と、思ってたけど…あれで合ってるんだね~。」

M「フィクションでは主人公や俳優さんの顔が見えてないと困る(誰が誰だかわからなくなる)
 という理由もあると思うけど…、やはり忍び装束は本当に潜入工作でしか着なかったんじゃないかな?」

L「真相は最早わかりません。しかし実際に残っている物に関しては嘘のつきようがないので、
 すべてがインチキだと言ってしまうのには無理があります。
 皆様にはわかった上で楽しんでいただければ、私達忍びも浮かばれます^^

 それでは今回お初の方も、二回に渡ってお付き合いくださった皆様にも、重ねて御礼を申し上げます。
 ありがとうございました!」

※「格武器・道具には諸説ありますので、現在有力とされている説を中心にあげております。ご了承下さい。」
なお、いつもどおり、書いてある内容を鵜呑みにはせず、参考までに留めておいて下さると幸いです。


PS:先週AVN(エイリアンVSニンジャ)というタイトルからしてモロのB級な映画(日活の邦画です)
をレンタルで見たんですが、意外や意外!
ワイヤーアクションやCGをアクセントに使った(←ここ重要)殺陣が素晴らしく
個人的には甲賀忍法帖の実写版である『忍 SHINOBI』より面白いと思いました。

シナリオはぶっちゃ毛「コメディ要素多目のプレデター1作目(シュワちゃんが出てるアレ)」で
あって無いようなものですが、とにかくアクションだけは素晴らしい!
ハリウッドでリメイク化されることが決定したとの話もうなずける良い出来(あくまでB級として)でした。
まぁ一緒に借りたのがトランスモーファーとか、メガピラニアだったせいもあるかもしれませんが…^^;
(トランスモーファーはB級にすら届いて無いですわ…ただひたすら退屈…。)

とにかくアクションだけならリベリオンにも負けてないんじゃ?と思わせる出来で非常に満足でしたヨ。^^
以上忍者回その2でした~。(だから武装神姫やっちゅーねん!)

次回は溜まってきつつあるfigmaのレビューでもして見ませう。
(レビューは時間が経つと意味が無いんじゃなかったのかヨ!)
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 武装神姫

2012-12-07 : 武装神姫 置きSS系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR