武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

ヘリボーンコレクション5

016_20130307195810.jpg 
 ついに発売となったヘリボーンコレクション5
 9年前の第一弾とどれくらい進化したのか…

 アパッチ・ロングボウは
 第一弾のアパッチとの比較をしてみました。

 ついでにAH-1コブラも
 海洋堂のWTMのコブラとの比較もしております。

 まずはいつもどおりのパッケージ。
001_20130307195810.jpg002_20130307195810.jpg
003_20130307195809.jpg
種類は4と同じく3機種の3カラーバリエーション。
今回はマイナー機種というか、ハズレ機体が存在しません。
(ヱ? ベル412がハズレ? とんでもない! 鉄道模型愛好者にとってはこっちがメインになるらしいヨ!)

今回は大々的にシークレットがシルエットで公開されており、購買意欲を煽ってくれます。
これ…絶対オスプレイ目当てで買う人を視野に入れてますね。
まぁ、オスプレイを再販してくれという声も多かったのでしょうけど、あざといと言うしかありません^^;


【ベル412】
004_20130307202257.jpg
005_20130307202257.jpg006_20130307202257.jpg007_20130307202257.jpg008_20130307202256.jpg
この機体はUH-1イロコイベースなので、形に面影があり、これぞヘリ! という形をしてますね。
(ただし、米軍には採用されていないのでUH-1の名称はない)
各部が強化されているだけでなく、原型機では2枚だったローターブレードが四枚に増えています。

こいつはレアな機体でもなんでもなく、各自治体や省庁に多数使用されているので
普通に見ることが出来、一般の方にもなじみの深いへりです。
詳しくはウィキペディアへどうぞ~。(毎度おなじみの手抜きでやんす~。

模型的にはこれまでのノウハウを集大成したかのように各部がシャープになってます。
ローターのはめ込みも精度が高く、以前のシリーズのように『削ってはハメてみて合わなきゃまた削る』を
繰り返していたのが嘘のようです。
ローターの反りまではどうにもなりませんでしたけど…(本当は垂れ下がらせたい…

009_20130307202255.jpg
当ブログ恒例の裏側ごろ~ん。 海上保安庁の文字がまぶしいです。
機体がメジャー中のメジャーな上にカラバリが海保/警察/国土交通省とガッチガチの鉄板!
他2機種が戦闘ヘリなだけに一際輝いて見えます。^^b



【AH-64D アパッチ・ロングボウ】
010_20130307204645.jpg012_20130307204645.jpg013_20130307204645.jpg014_20130307204645.jpg011_20130307204644.jpg
とうとう日本にもやってきたみんなの人気者!ロングボウ君です。
やっぱり最強ヘリの二つ名は効きますねぇ。
吾輩にしてみれば『ますます太くなったな!』とかイヤミがもれちゃいます。(一応嫌いじゃないんですけどね

アパッチ好きには「何でそこまで嫌がるん?」とか言われそうですが、
大きな理由のひとつは価格…『高すぎるわ!』の一言ですみます。
一機約60億という高額っぷり。

ヘリって不安定な乗り物だから戦場では結構落とされるんですけど、それが一機60億って…
本当にコストパフォーマンス的にはつりあうんでしょうか?誰か教えて~~!


015_20130307204644.jpg
最強ヘリも裏側ごろ~ん。
ノーマルアパッチに毛が生えた程度の違いかと思いきや、底面が結構違ってて驚き…。
個人的に一弾のアパッチとは違い、尾翼がダウン位置になっている所に非常に好感が持てました。
チャフ・フレアディスペンサーが小さいのに別パーツなのも驚き!


【一弾のアパッチとの比較】
016_20130307195810.jpg
正面から、左が一弾アパッチ、右が今回のロングボウです。
(スタブウイングのゆがみやローターの反りは無視してください…。
外見的特長としては、胴体下部の張り出し幅が非常に増えているのがわかります。
(ここにDoDスタンダードコンピュータなどの電子機器が収まってます。)

さらにメインローター上部の円盤、名前の元にもなっているロングボウレーダーが見分ける目安ですね。
索敵能力が上がっているだけではなく、ネットワーク化も大きな進化のひとつ。というかこっちが本命?
ミサイルを撃ちつくした僚機の照準で、別の機体からミサイルを撃つことも可能だそうです。
(詳しくは…以下略


020_20130308190700.jpg019_20130308190659.jpg
胴体横。
ロングボウはキャノピーの透明度が上がり中が見えるため、コックピットがある程度造形されています。
一弾のアパッチはキャノピーをとっても、まったいらで何もないんですよ…。

ミサイル(ヘルファイア)とロケットランチャーの造形も少しよくなってます。
そしてスタブウイングの先に連装スティンガーが付きました!…けど全部自分で取り付けねばなりません。
(一弾は最初からスタブウイングに接着されていて、ユーザーはウイングを取り付けるだけ。)
何よりモールドの細かさが違い、やはりロングボウの方が細く、逆に何もないように見えちゃいます。

018_20130308190659.jpg017_20130308190659.jpg
テールブーム部         ▲                               ▲
明らかに細かさが違います。
▲のところにある黒いちっちゃいのがチャフ/フレアディスペンサーなのですが、
大きさからして完全に別物…
一弾は最初から接着されていますが、今回のロングボウはランナーから切り離して自分でつけます。
(なくしそうなくらいに小さひのに…。)



【AH-1 コブラ】
021_20130308190353.jpg023_20130308190353.jpg024_20130308190353.jpg025_20130308190352.jpg022_20130308190352.jpg
はい、吾輩の大好きなヒューイ・コブラ君です。
でも…こういう呼び方をするのはたぶん古い人間だけだと思います^^;(今は単にコブラと呼ぶよね?

戦闘ヘリという分野を開拓したパイオニアですが、原型機であるイロコイの面影はほぼありません。
兵器に詳しくない方に、「UH-1とコイツは兄弟なんだぜ~」と言っても信じてもらえないでしょう。
それくらいの変貌ぷりです。同じUH-1がベースのベル412とはえらい違いですね。

コイツの特徴と言えばその胴体幅の薄さ。1メートルくらいしかありません。
こうやって文字で書いてみてもおそらく「ふ~~ん」で終わるでしょうが、
自衛隊の基地際などで実物を目にすると軽く衝撃を受けます。
『こんなんで撃たれても大丈夫なの!?』(そっちの方かヨ!

026_20130308190351.jpg
大好きなコイツもごろ~ん。
この後比較写真を載せますが、海洋堂のものと比べるとモールドがさびしい…。


【ワールドタンクミュージアム版コブラとの比較】
029_20130308195547.jpg027_20130308195547.jpg
左がWTM版、右が今回のものです。

いやはや…海洋堂恐るべし…!というか…さすがは天才原型師 谷 明!
ちょっと寸づまりなのを除けばぜんぜん勝負になりますよコレ!(WTM4は2003年6月発売、
塗装も玩具っぽいエフトイズとは違いすごくリアルに見える…。
スタブウイングについている武装の大きさを見るとエフトイズのはスケール的に大きすぎますね。

何より海洋堂のはインレットシールドが付いている状態で造形されているのが通にはポイントが高い!
エフトイズのはインテークむき出し…(むき出しでもかまわないっちゃぁかまわないんですけど…。)
あれれ?後発商品なのに負けてる?

否!メインローター基部を見るとWTM版は一本の棒で刺さっています。回転機能はありません。
大してエフトイズはしっかり三本あり、今回もフーッと吹けばカラカラと回ります。
コックピット内の造形があるのも勝っている部分ですね。

030_20130308195546.jpg028_20130308195546.jpg
テールブーム部はエフトイズの方がシャープです。接触防止のバーもありますし…。
排気ノズル部の焼け表現は完全に海洋堂の勝ちです。ここは塗装の話なので比べるのもアレですけど。
(メーカーが違えば塗装表現の方向性は違って当然ですから…)

032_20130308195546.jpg031_20130308195545.jpg
裏側も海洋堂のモールドが細かいですね。機関砲の細さが段違い…。
さらに海洋堂のは薬きょう受けが付いている…(ここも通にはビビビとくるトコロ…。
あれれ?海洋堂の抱えている原型師さんが如何に化け物であるかを証明する比較になってるぞ?^^;
すみませんエフトイズさん…m(_ _)m


【サイズ比較】
042_20130308204001.jpg
今回のゲストは一弾のアパッチと海洋堂コブラなのでまるで自衛隊の陸空合同基地際のような状態。
海保のベル412がすごい場違いです^^;


【インスト紹介】
034_20130308203335.jpg033_20130308203334.jpg035_20130308203334.jpg036_20130308203334.jpg037_20130308203333.jpg038_20130308203333.jpg
またもやインストは模様替え。
表面は4弾のあのリアルなイラストはなくなり、商品写真でデカールの指示。
解説は裏面へ戻り下半分は組み立て説明です。
なんかどんどん寂しくなっていくなぁ…。まぁ、イラスト描いてもらうとコストかかるのは理解できますけど…。


【シークレット】
でもって、当方のシクレはなんだったのかというと…。この見事な収まりは…
041_20130308204001.jpg039_20130308204001.jpg040_20130308204000.jpg
見事に当ててしまいました。予想通りの海兵隊仕様オスプレイ!
コレ目当てで友人も同時に1BOX買ったのですが、あちらはコブラの冬季迷彩で悔しがってました。
「所詮色違いやん! いらんわ!」でくれたので全種そろっちゃいましたとさ!(ありがとう~。)


出来もかなりよくなったのでますますこのシリーズに期待が持てるようになりましたね。
本当は童友社のアパッチ・ロングボウも持ってるとよかったんですが、
吾輩、『艦上のドラ猫』というF-14のシリーズをつまみ買いして以来
童友社に対してあまり良い印象を持っていないんですよ…。
現在は以前より良くなってるみたいですが、コストパフォーマンスではエフトイズに遠く及びません。
値段が高いならタカトミの技MIXまでやってくれたほうが潔いですね。

次回作はまた3年後とかなんでしょうかねぇ?
戦闘ヘリはEC665(ティーガー)やMi-28(ハボック)あたりがそろそろほしいです。
それ以外ならMH-53とかNH90とかもいいですねぇ~。意表をついてベル47とかいうのもありか?(古ッ
イロモノとしてシコルスキーのXウイングとかX-2とか~。(まずありえねぇよ!
最近テレビとかでも見かけるようになったロビンソンとかマイナーな奴もいいですね。
以上ヘリボーンコレクション5でした~。


ジュリエット(蝶)「ふふふ~~~ん♪」
MITAKEN「なにやら嬉しそうですね。」
J(蝶)「あと数時間でMITAちんがまた一つおぢさんになるのだ!」
M「はうぁ!なんてこと思い出させるんですか!せっかく忘れていたのに!」Σ(゚д゚lll)
J(蝶)「ひゃほぅ~~!明日はパーティーなのだ!」(すっごい楽しそう…

というわけであと数時間で永遠の二十歳はまたもや二十歳になります…。(時間よとまれぇ~~っ!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

2013-03-07 : ヘリコプター : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR