武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

日本の翼コレクション

027_201311202110375b5.jpg 
 今回は二次大戦機ではなく、現用機~。
 JASDF Collection 日本の翼コレクションです。
 新旧まざりあわせた自衛隊の機体ばかりですヨ。

 箱に1/144 WORK SHOP Vol.6EXとあるので
 結構前の商品ですね。

 サムネは個人的趣味で
 F-1支援戦闘機にしてみました。(笑)

もともと吾輩も大戦機よりは現用機のほうが好きですので、こっちを多めにしたいんですが、
ウイングキットシリーズのリリースがコンスタント(定期的)すぎてどんどんたまってくるので
思いっきり偏っております。(ヲイ 

今回は日本の翼コレクションの第一弾。エフトイズの商品としては六番目と結構古い製品となります。
発売は2006年4月(東日本)/6月(西日本)。7年前ですね~。
よって、いつも通りパッケージから…と行きたいところですが、
001_2013112021103066a.jpg
第2弾と一緒の箱にまとめちゃっているので外箱は処分しちゃってありません。
こうして日本の翼第2弾の中箱と比べると一回り小さいですね。(2弾はF-15Jというデカブツがあるから^^;)

ラインナップは以下のとおり。
002_20131120211035eb8.jpg003_20131120211037db6.jpg
一通り人気のある機種がそろってます。
この面子だと人気的にはどうしても低めになるT-2/F-1が個人的に嬉しかった!



【F-2A】
004_20131120212931e73.jpg005_2013112021293462f.jpg006_20131120212938ad0.jpg007_20131120212939c30.jpg008_2013112021294017f.jpg009_201311202130100ca.jpg
今のところ戦闘機としては日本最新の機体です。複座型はF-2B。
愛称は非公式でヴァイパー・ゼロ(F-16の非公式愛称がヴァイパーで、正式採用が2000年なので)
などと呼ばれてますが、
吾輩はF-16もどきと言われているような印象がするのであまり好きではないです。

あまりにも特化した対艦攻撃能力で一部では『対艦番長』などとも呼ばれてますね。
こっちのほうがいいや!
よく知らない方だと『F-16とどこが違うの?』状態でしょうけど…。

もともとF-2はフル国産機として計画が進められていましたが、計画中は米国との貿易摩擦真っ只中。
日本製品の台頭に危機感を覚えた米国から圧力がかかり、
このようなF-16ベースの見た目はクリソツな機体になってしまいました。

しかし、逆に計画をつぶされたことで三菱開発陣は発奮したようで、
これでもかというくらいの最新技術をぶち込み
似てるのは見た目だけ?といっていいくらい細かい所が違うのです。
一番デカイ違いはレーダー!(つまり中身、詳しくはググッてちょ!

010_20131120213013a1c.jpg
ウイングキットのラインと違って、こちらはパイロットフィギュアがついてるのが良いですね!
キャノピーはF-16とは違い3ピース式、バードストライク対策だそうです。
日の丸の下にある盛り上がりが20ミリ機関砲の砲口。

裏側ごろ~ん♪
011_2013112021301448f.jpg
ドデカイ600ガロン増槽二本が目立つ目立つ(笑)
対艦誘導弾を4発ももてる力持ちですが、セット内には武装がついてないのでちょっと寂しいですね。
(箱側面にある応募プレゼントがプラッツ製の武器セットになってます。
 対艦誘導弾がついているか不明ですし、未塗装みたいですけど…。)


インスト~。やっぱりこのイラストのやつがいいです。元に戻んないかな…。
038_20131121211954592.jpg039_20131121211957a0a.jpg
デカールは塗装パターンAの指示の真っ先に載っている築地のものではなく、
小松航空祭でたまに来てくれる三沢基地のものにしてみました。

見た目はF-16のままに見えるので、性能もF-16に毛が生えた程度
と思っている海外の方々も多いでしょうね~。
そう思われていたほうが日本にとっても好都合ですが!(ヒッソリ問題発言)

【いっそのことF-16Cと比較してみたお】
048_20131120215400844.jpg049_201311202154034d1.jpg050_201311202154045fa.jpg
翼面積が違う、胴体が延長されているなどは よく言われるわかりやすい違い。
水平尾翼も面積が増大しており、ドラッグシュート回りも違いますね。共用部品て垂直尾翼だけぢゃね?
残念ながら水平尾翼は固定無可動です。(別パーツですらない!

いろいろあってF-16モドキのような形に収まりはしたものの、
知れば知るほど、ぶっちゃ毛シルエットが似てるだけで、「F-16とは全然違うじゃん!」
という戦闘機なのでした。(違うというより上位互換と言うべきか…。)
痺れるゼ対艦番長!
東北震災時にTVで流れていた、津波で各座したF-2は直視できなかったですよ…。



【F-4EJ改】
012_201311202156106d0.jpg013_20131120215613b64.jpg014_201311202156157f5.jpg016_20131120215618502.jpg015_20131120215619504.jpg017_20131120215706abd.jpg
好きか嫌いか判定をすると世代がバレそーなファントムⅡ君です。^^; (好きな奴は高確率でおっさん
ま、吾輩もこの世代なんで大好きですけど!(宮武一貴氏曰く「野郎ぶっ殺せ!」という形だそうです。
20代以下の若い子からは単に『古めの戦闘機』としか見られてないかもしれませんね。
日本では公式の愛称は無いのですが、普通に「ファントム」と呼ばれることも多いです。

初期のファントムⅡは機関砲がありませんでしたが、
自衛隊のEJ/EJ改は型番を見ての通り、E型以降のものなので最初からついています。

設計思想からしてアメリカンな機体ですけど自衛隊に採用されてから30年以上たち、
すっかり日本にもなじんだ感じさえあります。
ファントムⅡファミリーの中ではこのEJ改が一番最新のバージョンになるんですよ?
耐用年数もギリギリになりつつある御老体ですが、もうしばらく頑張って頂かねば…。

019_201311202157116f8.jpg
こいつは必ず複座で単座機というものがありません。後席に乗るのはレーダー手。
F-14と違い後席でも操縦できるようにはなっていますが、視界はどうやって確保するんでしょうねぇ?

020_201311202157127ce.jpg
こいつは全動式の尾翼を動かせます。

裏側ごろ~ん!
018_201311202157101be.jpg
やはり増槽のみで武装はありません。
裏面の日の丸はやはりデカール。テカッて雰囲気を台無しにしてくれやがります!
中央の細長い四角穴はスタンドの取り付け穴。
ウイングキットシリーズとは違って実機にはない穴ができてしまうのが欠点です。
(でもこっちの方式のほうが安定するんですよね…。

040_20131121211959127.jpg043_20131121212001ca0.jpg
F-2Aにあわせたかったので、作ったのは洋上迷彩のBを選択、
よって必然的に三沢基地仕様になります。(笑)



【F-1】(正確にはF-1支援戦闘機)
021_20131121210936410.jpg022_2013112121094064f.jpg023_20131121210943c2a.jpg024_201311212109440b9.jpg025_20131121210945ff7.jpg027_201311202110375b5.jpg
詳しくない方だと『F-1って戦闘機? レースする車じゃないの?』
などという答えがかえってきそうな地味な機体、F-1支援戦闘機です。愛称は特にありません。
T-2は双子の関係にある練習機。(攻撃用電子機器等々を除けば基本的には同じ機体。
T-2は後々ブルーインパルス仕様のものをあげたいと思っているので、F-1のほうをチョイスしました。

日本でもアフターバーナーがついた戦闘機作れるんだい!みたいな機体ですね。
(でもエンジンが外国製…フル国産!と言い切れないところが玉に傷)
よくイギリスのジャギュアに似てるといわれますが、エンジンも同型ですし、
求められている能力も近いので必然的に似てくるようです。

もうすでに引退してしまった機体なので飛ぶ姿は見れませんが、
日本の航空史を語る上で外せない機体でしょう!

026_20131121211236332.jpg
T-2と見た目が大きく違うのがキャノピー後部。
F-1は単座なので後部席は電子機器スペースになり、コストダウンのためキャノピーが唯の蓋に…。

028_20131121211238ca6.jpg
F-4EJ改同様、尾翼は可動できます。
ここまで来たらもういくしかない!と、こいつも三沢仕様にしてます(笑)
しかしこの武者マークはいかにも日本的ですね~。

裏側ごろ~ん☆
029_201311212112400c2.jpg
非常に細い胴体、こういうシャープな造形は好みなので結構好きなんですよね~。
やはり懸架武装はありません!

041_2013112121204515a.jpg042_2013112121204977a.jpg
インストはT-2と兼用なのでちょっぴり内容が薄いです。
先に言いましたが、T-2はブルー仕様でいずれ取り上げませう。


【F-104J】
030_20131121211600670.jpg031_201311212116044d6.jpg032_20131121211605e5a.jpg033_20131121211609ae2.jpg034_201311212116090da.jpg035_20131121211704346.jpg
これが正真正銘三菱鉛筆! 愛称はマルヨン(違うだろ! …じゃなくて栄光、誰も使わなひけど…。
以前のアクロチームコレクション2ですでに紹介してますが、航空自衛隊仕様で再び光臨です。
ちなみにこれ、シャークトゥースのデカール付きのシークレットです。(笑)
046_20131122202205b3e.jpg
マルヨンといえば銀ピカのイメージが強いですけど、
この機体は沖縄の機体なので塩害対策のエアクラフトグレー。

以前のバイキングス仕様で紹介してるのであまり書くことありませんが、(詳しくはウィ以下略
今回はチップタンクをつけてみました。

036_20131121211706627.jpg
突き出たピトー管がまるでシャーペンの先端です。
『特化した機体というのは吾輩の好みの一要素なのですが、
マルヨンはそれがアダとなって運用寿命が短かったですね。残念!

裏側ごろ~ん♪
037_20131121211707999.jpg
もともと形が鮫っぽいのでシャークトゥースが似合う~。

044_20131121212051984.jpg045_201311212120516ca.jpg
なんだかインストでも無駄を省いた特化機体の様な書かれ方がされてます…。間違ってないけど!


052_2013112220221083e.jpg
ウイングキットシリーズとは違い、台座は共通部品違いはありません。

047_20131122202208643.jpg
あまり関係ないですが、デカールにあった、各機のロゴに機体シルエットが入っていて結構いい感じ~。
シークレットは記号にSが入ります。(マルヨンの#4-Sがそれ)


【恒例サイズ比較】
054_20131122202213548.jpg053_201311222022145b6.jpg
基準機体を技MIXのF-15Jにしてるのでズラリと自衛隊機が並びます。
ゲストはサンダーバーズのF-16C。
F-15は跳びぬけて大きいように思ってましたが、F-4EJ改も負けず劣らずの大型機。
小さいと思ってたF-1も、長いためか記憶の印象ほど小さくはないですね。

何より我々の国土を守っていただいている翼たちです。
国民が愛でてやらねば誰が愛でると言うのでしょう!ハァハァ。
(最後の荒息で台無しや!

さ~て次回は夏に買ったLEGOのシリーズが結構よさげだったので紹介してみましょ!
ま、子供向けですけどね~。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

2013-11-22 : 現用飛行機 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re: No title
再度のお越しありがとうございます~。
当方はできるだけコメントは返すようにしていますよ~。


> 今まで1/144 F-2は各社から発売されてましたけど、いずれも食玩でしたからね。
そう言えばF-2の通常144キットはなかったですね。
食玩と一口に言ってもメーカーや発売された時期によって出来は結構差がありますよ。
(童友社は出来良くなったんだろうか…初期のF-14の出来がひどくてそれ以来買ってなひ…。)


> 接着面も塗装されてるんでしょうかね? 
接着面の塗装はされちゃっている部分は多いですね。一部ないところもありますが、
基本「接着面も塗装されている」と思っていただいたほうが間違いないです。

TF実写版スタースクリーム仕様のF-22なんかは、
塗膜が厚くてウェポンベイの蓋とかすごい組みにくかったです…。
自分で塗装される方にとっては「余計なことスンナ!」レベルかもしれません。^^;
吾輩は気にせず組んじゃいますけど…。(上手くハマらない時だけ削ります。)


> …やっぱ未塗装のキットで欲しいですよね。
当方はモデラーではないので基本素組みしかしません。
塗装しても筆塗りとか、市販スプレー塗料です。
ですから食玩ばかり買ってるわけですが!(笑)

きっちりと組みたい方はやっぱり未塗装がいいのでしょうねぇ。
エフトイズの商品はプラッツやピットロードと組んでいることも多いので、
そちらから未塗装キットが出る場合がありますが。
タカトミ(あ、今はトミーテックか…)の技MIXは今のところないと思います。


でわでわまたのお越しをお待ちしております。(^^)ノシ
2014-04-24 17:51 : MITAKEN0 URL : 編集
No title
レスありがとうございました。
今まで1/144 F-2は各社から発売されてましたけど、いずれも食玩でしたからね。今回のこの商品は決定版を期待したいんですけど…
この技MIXシリーズ、塗装済みキットという事ですけど、接着面も塗装されてるんでしょうかね? だとしたら接着面の塗料を落とすとかそういう手間が懸念される訳ですけど…

…やっぱ未塗装のキットで欲しいですよね。ファインモールドさん辺りがモデルグラフィックス誌の付録とかでキットだしてくんないかな、とか思ってるんですけどね。
2014-04-24 00:06 : 通りすがりの者 URL : 編集
Re: “ゼロ”よりも“流星”のイメージ
はじめまして、ようこそいらっしゃいませ~。

> F-2カッコいいですよね。F-16からの改造の機体で一見すると瓜二つでありながら~
かっこいいですね~。当方はもともとF16からして好きなんで
それのグレードアップ版となると萌えないわけがない!(萌イウナ)


> この機体、「平成のゼロ戦」と良く言われますけど~
今の戦闘機は『何でも屋さん』じゃないとだめですからねぇ。
特化機体が好みの人間からすると面白みの歩きたいがどんどん減っていくことに…、
そういえばエフトイズって流星出してきてないような?(うろ覚え)
カフェレオの流星改は持ってるんですけど、ノーマルの流星って食玩じゃ出てないのかしら?


> この青色洋上迷彩、海外の航空機ファンにも好評なようで~
らしいですね~。まぁこんな迷彩 他国じゃ見ないのもまた事実。
自衛隊GJといいたいです。^^b


>今度タカラトミーの技MIXから1/144で出るんですよね。楽しみにしています。
技MIXのF-2でき良さそうですよね~。勿論ほしいんですが、
技MIXはちょっと前に F-15 S/MTD買っちゃった(まだ組んでない)んでしばらくお預けです^^;
技MIXは高いのがちとネック…、P3-Cが買えないよぅ~。(レゴかTFやめろよ!)


でわでわ、またのお越しをお待ちしております。(^^)ノシ
2014-04-21 17:59 : MITAKEN0 URL : 編集
“ゼロ”よりも“流星”のイメージ
F-2カッコいいですよね。F-16からの改造の機体で一見すると瓜二つでありながら、見れば見る程細部が全然違う、全然別物の日本機のDNAを受け継ぐ機体に見える、というのが何とも…
この機体、「平成のゼロ戦」と良く言われますけど、「大鑑攻撃機」ですからイメージとしてはゼロ戦よりも、むしろ「流星」とかの艦攻に近く思えるんですよね。流星も米パイロットから「Grace」と名付けられる程流麗な機体でしたけど、このF-2
もその流麗さを受け継いでますよね。
この青色洋上迷彩、海外の航空機ファンにも好評なようで… 今度タカラトミーの技MIXから1/144で出るんですよね。楽しみにしています。
2014-04-20 21:54 : 通りすがりの者 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR