武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

LEGOレビュー #10193 中世のマーケットヴィレッジ

 042_201407312004221f4.jpg 


 本日はLEGOのCASTLE(キャッスル)シリーズのひとつ
 #10193 Medieval Market Village
 (中世のマーケットヴィレッジ)のご紹介。

 絵本風寸劇『ピンクの巨人 中世の村に来る!』付き

 子供向けとは思えない
 リアリティある中世の建物には
 目を見張ります。
 (サムネ写真は一部で、全体はもっとにぎやかです。)



以前のパレスシネマと同時に購入しており、組み立てたのも春なんですが、
入院とかいろいろあり 3ヶ月ほど部屋に放置されてました^^; 

因みにキングダムシリーズの馬上槍試合#10223も同時に買ってます。
しかし、こちらはまだ組み立ててません…。
『税金上がる前にさっさと買っちまえ! 』的に無理して買ったものなんで組立作業がおっつかない。
しかもこの後入院する羽目になるとわ…。

でもっていつもどおりパッケージから。当然開封済みなので蓋が開いているのはご容赦を。
001_201407312009031c3.jpg
002_201407312009069c2.jpg
箱の大きさはいつもの通りと言うか…日本の住宅事情もちょっとは考えてほしい大きさです。
キャッスルシリーズは少々子供向け路線といいますか、対決セット的志向が前面に出てまして、
大人としてはイマイチ食指を動かすほどの興味がわかなかったんですが、
唯一これだけはずっと気になっていて、チョイ昔の商品なんですけど 思い切って買いました。


それではサクッと組み立て…ておいた物を見せませう。
003_201407312009093c1.jpg

子供的対決要素はほとんどなく、かなり刻銘に中世の市場を再現したセットになっています。
パッケージでは、合成で石畳などが描かれていますが、
実際は路面プレートなどは何もなく、樹木や露店はフリー配置ですね。

004_20140731200909e1a.jpg
パッケ写真に習うように配置してますが、実際は自由に配置すればよいので、
自分なりの町並みを作ることができます。


部分的にアップして撮影~。
005_201407312038033d4.jpg
006_20140731203806dcc.jpg007_20140731203809205.jpg
う~~ん。やっぱり地面が真っ白な紙じゃ、あまり雰囲気出ませんね。
ここらは何か小道具で何とかしたいところです。

008_20140731203812f38.jpg010_20140731204540a8e.jpg
マニュアルは2冊に分かれてます。看板に貼り付けるシールが付属。
今回も余り部品は出てますが、
組み立ててからちょっと時間がたっていて、通常部品の余りが行方不明(笑)



【各パート部分クローズアップ】
まずはミニフィグから…。今回は多めの8体が付属。パレスシネマもこのくらいほしかった…。
011_20140731204815bfd.jpg012_20140731204818756.jpg
表情は女性二人だけが共通で後は皆違う顔をしています。
また、胴体背面にもプリントがされています。

013_2014073120482199a.jpg
ズラをスポッと外してみれば…。 一部のキャラだけダブルフェイス仕様!

014_201407312048214a9.jpg
生産時期が違うのか、生産ラインが違うのか…。
上から見ると頭部パーツの形状も、
穴が開いているものと、ふさがっているものの二種類があることがわかります。
余談ですが、80年代の頃の頭部ポッチは普通のポッチと同じ形状で、穴などありません(^^)b

015_20140731205907e4c.jpg016_20140731205910397.jpg
露天部分。簡素ながらも上手いパーツのチョイスでそれらしくできています。
値段の看板はシール仕様


017_201407312059139c3.jpg018_201407312059142f3.jpg
中央の樹もパーツで組み立てます。
とってつけたような白い花がなんだか不自然な気もしますが、それ以外は良くできています。
しかし…この緑の枝パーツ部分すぐ外れる…。(^^;)

019_20140731210345df0.jpg
荷馬車と宝箱を運ぶ兵士たち。馬は「跳ね馬」にはできない昔ながらの形状ですね。
馬車手前の白い2ポッチ プレートは、馬車から馬を外した時、段差を埋める為に使います。(下写真参照)
022_20140731210354651.jpg


020_20140731210347361.jpg021_201407312103516e1.jpg
宝箱の中身は財宝がざっくざく…と思いきや20,30,40のコインが一枚ずつ…。
コイン自体はメッキがかかってて綺麗ですね。

023_20140731210353d19.jpg
ほかには牛が二頭と、鍛冶屋の武器立てがひとつ。

025_201407312109198a2.jpg024_20140731210916543.jpg
牛は角が取り外せます。
また、馬、牛、ともに鞍パーツこそ付いてませんが、フィグを乗せることはできます。

026_20140731210923b05.jpg027_20140731210923512.jpg
おっと、忘れるところでした。
パーツで組む鶏2羽と、水鳥(雄のおしどり?)1羽
共通のパーツ構成にしてしまえばいいものを、ワザワザ一羽ずつ違うという芸コマぶり。


【青い建物(宿屋?)
028_2014080119330972c.jpg029_201408011933127fe.jpg030_20140801193315d4d.jpg031_201408011933163b6.jpg
宿屋なんでしょうかねぇ?
看板に王冠が書かれているのでひょっとしたら王族御用達の宿泊施設なのかもしれません。


035_20140801193842f9a.jpg
一階はエールの貯蔵室なんでしょうか…。
蛇口つきの貯蔵樽と金のカップが三つあります。 「うぃ~~、ヒック」


033_20140801193838520.jpg034_20140801193841523.jpg
写真左側は化粧室。右側は寝室で暖炉があります。
ちゃんと壁面部分が灰色となっていて煙突まで続いているのがいいですね。
それにしてもベッドがすごく豪華。

032_20140801193834b45.jpg
エール樽や化粧室の椅子はフリー配置。 ポッチをはめ込んでいるわけではありません。

036_2014080119384388c.jpg
そしてこのセットの建物の最大の特徴であるのがこれ。
そう、蝶番パーツで真ん中で折れてたためるのです!ペグパーツにより、ガッチリロック!

子供向けLEGOは遊ぶために背面があいているのが定番ですが、
このギミックにより、大人の目にも耐えられる外観を獲得できるのです!

037_201408011954219a9.jpg038_2014080119542554f.jpg040_20140801195428aff.jpg039_201408011954282d7.jpg
これはもう、モジュラーシリーズに匹敵するできですね。
先月発売になったクリエイターシリーズ 31026「バイクショップとカフェ」の建物も
同じ構造を採用しているので、これからこういう構造は増えていくのかもしれません。

しかし、この青い建物。欠点がひとつだけあります。
009_20140801200000a3d.jpg
1ポッチのブロックを積み重ねる箇所が多く、
とにかく
作成中の強度がありません。
窓枠パーツをつける時、『柱がもげる事故がけっこう多発します。
完成後も、もう一つのベージュの建物よりも強度が弱い気がします…。


【ベージュの建物(馬小屋&鍛冶屋)
041_20140801200855269.jpg042_201407312004221f4.jpg043_20140801200859ff0.jpg044_2014080120090318b.jpg
こちらは色味的にもモロ中世の建物って感じです。
一階は馬小屋と鍛冶屋。二階は貴族の住まいでしょうか?
先ほどの青い建物と違い 階段がないので、どうやって二階へ移動するのかは謎です^^;
(そこ突っ込んじゃらめぇ~。)

045_2014080120090327b.jpg
馬は馬車の一頭しか付いていないので外して馬小屋に入れましょう!
しっかり餌のニンジンも付いてます。
(馬の餌=ニンジンのイメージ、日本だけじゃなかったんだ…普通は飼葉というか草だよね?)

048_201408012019133b7.jpg
それにしても馬小屋の中に転がすよう指示されているこの二つの物体は…。
腐ったニンジンなのか、う○こなのか…判断に迷います。
(パーツ自体はニンジンと同じ形なのです…)

046_201408012009054ea.jpg
鍛冶屋は壁面に水車があり、中のハンマーへと…。(後述)
ここに川があること前提なので、うっかり何かを配置してしまうと
地形的におかしくなるので気をつけましょう!

047_201408012019119b6.jpg
青い建物と違い、二階の窓は開けることができます。

049_20140801201917c29.jpg
二階の貴族の住まいらしきところは壁に肖像画があります。
貴婦人側はずいぶん立派なかまどがありますね。

050_20140801201919dd6.jpg
しかもちゃんと開ける事ができます。

051_201408012026124a5.jpg
主側の部屋は椅子とテーブル。そしてカップがあります。
一見何の変哲もない部屋ですが、実は隠し要素があり、テーブルの天板を外してみると…

052_20140801202616d13.jpg
10と書かれたコインが一枚コロリ。…ヘソクリだヨ!

これ、当方が勝手にやらかしているお遊びではなく、
説明書どおりに組み立ててるだけなんですよ!

053_20140801202619b68.jpg
鍛冶屋側には水車と連動した自動ハンマーがあります。これは便利!
もちろん見せ掛けではなく、ちゃんと実際に動きます。(動画参照)

[広告] VPS


054_20140801202619f9c.jpg
設置されている剣とハンマーは、当然バラして取り外すことができます。

055_20140801202621a48.jpg
こんな小さな水面積の所に、ワザワザ蛙パーツを配置するLEGO社のセンスは
相変わらずですね~。

056_20140801203708df8.jpg
そして…、こちらも当然折りたたみギミック搭載!

060_20140801203718bc9.jpg059_20140801203716ac7.jpg057_20140801203712c40.jpg058_2014080120371568e.jpg
幅が狭くなる代わりに厚みは倍の箱型に!これからもこの構造が増えますように~!


【総評】
ミニフィグが多く、建物の出来もよいので全体的には満足してますが、
さすがに地面にあたる物が無いのは チト雰囲気不足を感じますね。
石畳の紙シートくらい欲しかったです。

あと、青い建物を組み立ててる時は、
明らかに強度が足りてないので結構ストレスがたまりました。
それ以外はよく中世の村の雰囲気を出すことに成功している良作だと思いますね。
子供向けにしておくのはもったいない!


それでは破壊神…ではなくピンクの巨人こうり~ん!
『ピンクの巨人 中世の村に来る!』始まり始まり~。

061_20140801204134091.jpg
ピンクのきょじんがまよいこんだのは
ちゅうせいのまちなみをした むらでした。

むらびとたちは きょじんのおおきさにおおあわて


062_20140801204138e61.jpg
やはりここでもあやしまれ みなをひっしにせっとくします。

もともとぶきなどはもっていないので きがいをくわえないとわかると
むらびとたちはきょじんをうけいれます。


063_201408012041427ad.jpg064_20140801204142c8a.jpg
しかし、きょじんはやはり あそびずきのドジっこです。
ものをこわすのはあたりまえで、ときにはウシたちをけしかけて
たたかわせたりしてあそびます。


065_2014080120414324d.jpg
おおぐいなのもあいかわらず。
さすがのむらびとも だんだん いやけがさしてきました。


066_2014080121041847c.jpg
きょじん「ううう…。これではまた
       『やくびょうがみ』になってしまうのだ…。」

きょじんはなやみました。

するとカジヤのおじさんが ひとつの ていあんをしてくれます。
かじや「おまえさんのパワーをいかして『こうみゃく』をくずしてくれんか?
      そうすれば むらのみんなが たすかるんじゃ」



こういうのが だいとくいのきょじんは
すぐさまこうどうをおこします。
067_201408012104221d4.jpg
きょじん「ジュリにまかせるのだ!」

きょじんは、むだにありあまる そのパワーをこうざんにぶつけました。
やまがふたつほどきえたようですが おかげでたくさんのきんがとれました。



068_2014080121042518e.jpg
そのあまりの きんのおおさに むらびとたちはおおよろこび
きょじんがこれまでにしてきた『ごむたい
あっさり みずにながしました。


069_20140801210425730.jpg
こんかいは おんびんにおくりだされるきょじん。
こころからのしゅくふくをうけ むらをあとにします。
もちろん たっぷりたべもののおみやげをもらって…。

しかし、ちけいのかわってしまったやまやまが、
のちのち おおきな『さいがい』のひきがねになるとは
このときはだれもおもっていないのでした。 めでたしめでたし?


ジュリエット(蝶)
「ふぇ~~ん、良い事したのに やっぱり疫病神なのだ~。」
MITAKEN「ジュリエットさんはそういう運命なのですよ!きっと。」ニヤリ(←真の悪党)
リマ(忍)「最後の一文を付け加えなければいい話じゃないですか!」



【ぼやき】
キューズQ のレーネ&アイネスがついに予約開始になりましたが、想像していたより高ひ…。
re-ne.jpgainesu.jpg
リマ(忍)「どのくらいを想定していたのですか?」
MITAKEN「1体19800円で、税込みでやっと2万超えるくらいと想定してました。
       しかし実際はかる~く2万3000超え!たけぇよ…。
ジュリエット(蝶)「神姫愛が足り~~~~ん!」
M「いや、しかし、うちのおなのこフィギュアで最高値を更新しちゃうよ コレ!
(2万超えるおなのこフィギュアなど買ったことなひ)
リマ(忍)「でも買うんですね…。2体とも…。」
M「さすがにそれは買わなきゃ武装紳士名のれんでしょ! 出来はよさそうですし。
   本家フィギュアより高いのは痛いですが…。」
(型の数を推測すると妥当な値段ともいえるしねぇ)
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : LEGO

2014-07-31 : LEGO レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR