武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

艦これモデルvol.2 レビューその2

 037_20140813210121ff9.jpg 
 前回に引き続き
 艦これモデルvol.2続投です。
 今回は蒼龍、榛名、愛宕、武蔵の紹介となります。

 そういえばアニメ版艦これのPV第一弾を見ましたが、
 質は高そうですね。こちらで見れるかどうかわかりませんが、
 期待値はあがりました。

 元々ゲームをされている方々のなかには
 水上の移動に違和感を感じている人もいるらしいですが
 当方は元々やってないので全然ありです。
 てか、空飛んだら船じゃないし!


それでは残りの方々を、一応ラインナップをもう一度うpしときます。
今回は右列の四人となりますね。
005_20140806205113d4c.jpg



【蒼龍(そうりゅう) 当初の計画では航空巡洋艦でした。
001_20140813212319a8c.jpg002_20140813212324c55.jpg003_20140813212325606.jpg005_20140813212328a49.jpg004_20140813212328ad0.jpg
日本初の本格的空母となった蒼龍です。
ロンドン海軍軍縮条約もせいもあり、とにかく攻撃も防御もいろいろ盛り込もうとしたものの
友鶴事件(トップヘビーで復元性が悪かった友鶴が転覆した事故)によりハッと目を覚まし
普通の常識的空母として完成したという経緯の持ち主です。

赤城や加賀もいろいろ変遷しているし、
日本はなんでもかんでも詰め込もうとする悪い癖がありますね~。

モデル的にはベースが艦船キットコレクション1の時のものなので、
後発モデルをベースにしている娘たちと比べると、
パーツのシャープさや、組み立てに少々古さを感じます。

006_2014081321263135f.jpg007_20140813212636d62.jpg
う~ん、支柱が甲板に届いてねぇ…。
ここら辺は組み方やパーツの個体差があるのかもしれません。

008_20140813212636aef.jpg
ベースとなった艦船キットコレクションの中でも初期のものなので
スクリューの取り付けが、ピン1本でついているだけとか、後の艦船キットシリーズより大雑把です。
こういう所は手を入れて直して欲しかったな…。

054_20140813212640b40.jpg
飛龍同様こちらも小破仕様だった…orz。
いや、わかってますよ。もともとのゲームがこうだってことは!
絵師さんによる格差も何とかならなかったものか…。(コラ

033_20140813212639c3f.jpg
例によって三種の神…(以下略
一弾の頃から言い忘れてましたが、艦載機の発進は本来二列交互で発進させます。
え?何故そう並べないのかって? そこにこだわると撮影時間が倍化するんです!(笑)
実際にキットでやってみるとわかりますよ…。
最初は律儀にやろうと思ったんですけど…とてつもない苦痛の作業が~。
もともと付属している艦載機も少ないしね。



【榛名(はるな)霧島と全く同じモデルというわけではないヨ。
009_2014081321395140b.jpg010_2014081321395984b.jpg011_20140813213956ee2.jpg013_2014081321400097a.jpg012_2014081321395719b.jpg
金剛型3番艦ですね。
金剛型四隻は太平洋戦争全般で馬車馬のように働かされていたイメージがあるのですが、
どうも、古い艦だから壊れても惜しくないという考えもあったようです。大和型とは逆ですねぇ。

結果的に四艦とも米軍にやられてしまうわけですが、
この榛名だけは大破着底で沈んではいません。

モデル的には霧島の艦橋の一部パーツを変えることで表現されています。
それ以外は霧島とまったく同じなので、こだわる方は手を入れてみるのもいいかもしれませんね。

014_20140813214146012.jpg015_201408132141486a8.jpg
マスト取り付け時に片側の支柱をへし折ってしまいました…、
他はスポスポハマっていたので、調子に乗ったらこれだ…まいったね。

016_20140813214155a72.jpg
船底はいつもの金剛型~。ゲート跡の塗装ハゲはご容赦ください~。


055_20140813214155501.jpg
シートも他と同仕様ですが、ポーズのせいかな…、あまりエロくなひ。


034_201408132141523f2.jpg
霧島との違いは、艦橋天辺のパーツが違うだけです。(後述)
1パーツ違いでも てーーーーっ!零式三座水偵




【愛宕(あたご)大きいは正義!(ナンノコトダ)
018_201408132150355f6.jpg019_20140813215043d1c.jpg020_20140813215040565.jpg022_20140813215044620.jpg021_2014081321504228a.jpg
高雄型2番艦愛宕です。2番艦なのに竣工は高尾より先という…。
こういう場合『ネームシップ』の定義はどうなるんでしょうかねぇ。
計画された順ということなんでしょうか…。

それにしてもこの大きな艦橋はどことなく現在のイージス艦ぽくもありますね~。
まぁ、モデル的にはvol.1の高雄と一緒です。
変更点は一切ないと思われるので、一弾で高雄を組まれている方には難なく組めるでしょう。


023_201408132153245ac.jpg024_20140813215330bab.jpg
うちの固体、後部四番砲塔の取り付けが固いんだよなぁ。上手くハマッてないの丸わかり。

017_201408132153213a9.jpg
高雄型の艦影はやっぱり当方の好みですね。

056_2014081321532915a.jpg
そしてこの大破っぷり!ひゃっほ~~い!大きいことはいいことです♪

035_2014081321533022c.jpg
高雄と違いがなくっても てーーーーーっ! やはり零式三座水偵が一機付属。



【武蔵(むさし)旅館言うな~。
025_2014081321583688b.jpg026_201408132158403e5.jpg027_201408132158417ba.jpg029_20140813215845d4f.jpg028_2014081321584356b.jpg
大和型2番艦。
世界最大級を2隻作ってしまうところが日本らしいですね。
あまり活躍せず沈められているので無用の長物呼ばわりする人もいるのですが、
戦後、外国からの造船依頼が舞い込んできて、戦後復興に一躍かっているのは、
大和型のおかげでもあると吾輩は思っています。

何しろこの武蔵は艦船史上、最も猛攻に耐え続けた船であるのだから…。
(これだけの船を作れるのだから、酷いものは作らないだろうと思われたらしい。)

竣工時はほとんど違いがなかった2艦ですが、
大和がどんどん改装されてハリネズミのようになっていくので(笑)、
改装箇所が比較的少ない武蔵の艦影のほうが当方的には好みかも…
大和は好きですが、やっぱり竣工時の姿が一番戦艦らしくて好きなんですよね。

対空機銃で固めた姿は『飛行機怖いよ~』って言ってるように見えて、
吾輩は好きじゃないんです。飛行機が怖いのは事実ですけどね。(^ ^;)

特徴的な三又の傾斜マストは梱包時すでに曲がっていました。
直そうとすると確実に折れるのでそのまま…orz

030_20140813220100611.jpg031_20140813220104ef8.jpg
艦影だけで大和と武蔵の区別がつく人は相当の艦船好きですね。特に竣工時は…。
今気づいたけど副舵は省略されてるのね…。

032_20140813220104f3d.jpg
あたりまえだけど。裏から見ると大和と区別つきません!

057_20140813220107676.jpg
うほっやっぱり大きいは正義!
それにしても何故銀髪?生粋の日本製ですよね?(それを言っちゃ愛宕もなんだが…)

それに壊れる前からサラシの薄着…。
ガードが薄いよ!
自慢の自分の砲に耐えられる防御力はどうしたのさ!

そりゃ嬉しいけどね…。

036_20140813220109f4c.jpg
大和同様46センチ砲をくらえ~っ てーーーーーっ! 零式三座水偵一機付属。


【今回は逆向きにディスプレイしてみた。】
037_20140813210121ff9.jpg
は~、おっぱい!おっぱい!ヽ(゚∀゚ヽ)三(ノ゚∀゚)ノ
(それしか言うことないのかよ!)



【解説書紹介】
038_20140814140845d8f.jpg039_201408141408492a1.jpg040_201408141408514c1.jpg041_2014081414085380b.jpg
毎度小さくてすみませ~ん。
榛名の金剛と一緒にやらかしたエピソードが面白い!
別に逃げなくてもいいんじゃ?とか思ったりして。

そして…大きいことはいいことです! 大事なことなので何度でも言います!(コラ





【サイズ比較】
042_20140814142320f24.jpg
今回の四艦の比較。
前回はいなかった小ぶりの高雄型が入ることでより大和型の大きさが引き立つことに…。
愛宕が駆逐艦に見えてしまふ!


【全艦集合!】
043_20140814142326dc0.jpg044_20140814142325a65.jpg
今回の1BOXで大和と武蔵がそろってしまうのは嬉しいのか悲しいのか…。
それよりも金剛型と翔鶴型がそろうことが嬉しい♪

今回新たに長門が来たので同型艦がほしくなります。




【それぞれを比べてみる】まずは飛龍、蒼龍。(左が蒼龍、右が飛龍)
045_20140814143046fec.jpg046_201408141430511f5.jpg
本来は姉妹艦となるはずだったのに別物という妙な関係の二隻なので、
似てるところもあるものの やっぱり別物という…。迷走ぶりがうかがえるなぁ。

047_2014081414305153a.jpg
この写真は左が飛龍、右が蒼龍。
何より商品開発時期のせいで製品のモデルの細かさが、やはり蒼龍のほうが劣ります。
このギャップがどうしても気になってしまう…。


【榛名/霧島の比較】手前が霧島、奥が榛名)
048_20140814143704273.jpg049_20140814143706fd6.jpg
パッケージ写真の榛名は霧島のものを使いまわしてるっぽいんですが、
艦橋部天辺のパーツが変えられていて、形状が違います。
(解説書の組み立て説明でも指示があります。)
これで艦これモデル金剛型でモデル的に違いがないのは、金剛と霧島の2艦ということになりますね。


【大和/武蔵の比較】(手前が大和、奥が武蔵)
050_20140814144947b59.jpg051_20140814144950304.jpg
大和型は甲板上部の構造物は金型を作り直しているのか、
パーツの細部がひときわシャープになっているような気がします。
主砲塔をわざわざアンダーゲートに直しているくらいなので、可能性は高いかと…。

052_20140814144954df5.jpg
それにしても大和だけ甲板をこんな分割にしてしまうとは…このサイズとしては驚くべきことですよ。
当方はあえて接着剤を使わずそのままにしてますが、
段差が気になる方はキッチリ接着して面一にしてしまいましょう。
それにしても主砲の先端を開口したくなる…、サイズ的には厳しいですが…。



【総評】
パーツのはめ込みについては前回の冒頭でも言ってますが、合いが良くなっていて組みやすいです。
接着剤を使った箇所も少なく済んで、前回より楽でした。(経験値が上がった所為かもしれませんが~)
これが個体差でないことを願いたいものですね。

ただ、今回如実に感じたのは、
蒼龍が艦船キットコレクションvol.1のアイテムをベースにしているので
いささかつくりの甘さを感じてしまったことです。vol.1の赤城でもちょっと感じましたが、
今回は大和に手が入っている分余計に感じますね。

消費者の意見を随時反映させてきたことの証でもあるので、表立って批判はしたくないですが、
当方としては、何らかの改良をしてほしかったなと思いました。
ベース商品の発売時期によって出来に差があるのは仕方ないと思いますが、
一部は改良するのに、一部は放置というのは…ごにょごにょ。

リマ(忍)「そうや…て、グダグダ管を巻く…は御屋形さまの悪…癖ですよ!」
ジュリエット(蝶)「そうそう、男らしくないのだ~!」
MITAKEN「ううう…なんか集中砲火が…。」


第三弾があるのかどうかはわかりませんが、このまま続けていくのなら、
艦船キットコレクションにはない艦もガンガン出してほしいですね。

その前に艦船キットの番外編で 『大和型特集』をやるみたいですね。
このために型を直したのか…となっとくしました。ラインナップに信濃があるのが卑怯なり!


ひとつ心配なのは、これまでまったく注目されていなかったエフトイズに
ヲタたちの目を向けさせてしまったことがちょっと心配。
どうか飛行機のほうは荒らされませんように…。

まぁウイングキット14のラインナップを見る限り大丈夫だとは思うけど…。
あれはマイナーすぎて飛行機好きしか喜ばんやろ…。
でわでわ今回はこれで…(^^)ノシ



【PS】
先週8/9土曜日に映画トランスフォーマー ロストエイジを見てきました。
映画の内容に触れるのは避けますが、
相変わらず『CGの出来のよさ、アクションの見ごたえは健在!』といっておきます。
特に3Dで見られること前提に作られているので、見に行こうと思っている方はぜひ3D版をどうぞ。

ただ、上映時間が3時間近いのでちょっと疲れます。もうちょっと短く出来ると思うんですけどねぇ。
それにしてもダイノボット達、でかいのはグリムロックだけかと思ってたら、全員デカイぢゃね~か!


というわけで次回はTF…ではなく、似たコヤツです。
058_20140813211328054.jpg
とうとう手を出してしまったサードパーティー品。
このメナゾールのそっくりさんを行ってみたいと思います。 
うん、想像していたより品質はよかったよ!
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

2014-08-13 : 番外(1/144以外) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR