武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

FansProject Causality Crossfire M3レビューその1

 044_201408212023355b3.jpg


 本日はTFサードパーティ品メーカーとして有名な
 FansProject のCausality Crossfireシリーズ
 CA-09~CA-13 『M3』のレビュー第一弾です。

 合体商品なので2回に分けませう。
 今回はバラの状態で5体を紹介~。




 商品自体はこの分野のショップでは有名なアップグレードコマンダーさん(以下アプコマ)で購入。
約六万円+アルファなり! 冷静に考えると 寒気がする金額です。

輸送箱はCA-10 T-BONEの輸送箱を流用されて送られてきました(笑)
001_20140821202338290.jpg002_2014082120234138b.jpg
5体セット版を頼んだのですが、単品5種をまとめただけものでした。
たぶん5体セットパッケージなんてものは存在しないんじゃないかな?
003_20140821202347597.jpg
ちなみにこの写真は、不良品や欠品確認のため一度開封して合体変形をさせた後、
戻したものを撮影してますので、未開封状態ではありません! いわゆるミント状態ですかね~。

010_20140821202343d6c.jpg
日本では正式な流通販売がされているわけでもないのに、注意文には日本語表記が…。
吾輩たち完全に狙われてます。(爆笑)



それでは、それぞれの箱&付属物へGo!あまり重要じゃないので小さく紹介。
CAR CRASHT-BONE
004_20140821203918cb3.jpg005_20140821203923d4a.jpg
足になる二人…。
ついついブレークダウンとかワイルドライダーと呼びたくなってしまいますが、
別の人なので要注意!(笑)

DOWN FORCELAST CHANCE
006_201408212039247e7.jpg007_2014082120392686b.jpg
腕コンビ二人。
ドラッグストライプッドエンド…ではありません。
そもそもモチーフとなっている車種も、現代風にアレンジされた別ものです。

DOWN FORCEの箱がちょっと傷んでました。(写真を拡大するとわかるかも?)
LAST CHANCEの方も、糊付けが一部はがれかかっていたのでご報告。(下写真参照)
014_20140821210942cdd.jpg

【モーt…じゃなくてDIESEL】
008_20140821205934193.jpg009_20140821205936469.jpg
こいつはカーモードが激似なのでついモーターマスターと言ってしまいそうです(^^;) 


011_2014082120594329f.jpg
手足の四体は基本同じパッケージのされ方で、中にブリスターと台紙が入っています。
中身自体はロボットモードで封入。付属品は小さな手持ち武器のみ!

箱のサイズはさほど大きくなく、正規TFのデラックスクラスのブリスター部分と似たサイズです。
それでもMPランボルやプロールの箱よりは大きいですが…。(中身は小さいのに…。)


不思議なのは、足の二人はビニール袋で包まれているのに
腕、胴の三人は裸で入ってます。コストダウンのためでしょうか?
013_2014082120594056c.jpg


012_20140821205942e68.jpg

台紙の裏には説明書と、カードが入った袋が貼りついてます。
胴体のDIESELは台紙がなく、普通に袋入りです。

017_20140821210952335.jpg
これが全部フルカラーという正規TFも裸足で逃げ出す豪華使用!
手足の四体は一枚のペラ紙ですが、両面ともカラー印刷です。
表がロボ→ビークル。裏面がその逆で、合体用の変形は載っていません。


DIESELの説明書のみ 豪華な冊子になっていて。合体用の変形はこちらにすべて載ってます。
018_201408212109520df.jpg
説明書には文字による説明は一切ないので、変形にちょっと理解しづらい部分もあるのですが、
変形玩具を多数触ってきた方なら問題ないと思います。


最近のTFには付いてない事が多いカードもしっかり付属。
ちゃんと両面カラー仕様で、
参乗合体連中に付属していたものより満足度が高い! なぜかわからんが悔しいぞ!
015_2014082121094667b.jpg

016_201408212109488e1.jpg

裏面にはエピソードが書かれているようですが、吾輩のような英語オンチにはさっぱりです!
しかしDIESEL(上段中央)のやつは一部黒く塗りつぶしたような箇所があるのが気になります…。


それでは全員集合! 撮影の都合上カーモードから行かせていただきます。(爆)
019_2014082121361365c.jpg

CAR CRASHT-BONE
020_20140821213615e39.jpg021_20140821213620f35.jpg
白いCAR CRASHランボルギーニ レヴェントン…らしいんですけど リアが全然違う~。
黒いT-BONEランボルギーニ アンコニアン コンセプトがモデルでしょうね。
ライセンスとかは取得してないので、完全に似せるわけには行かないのでしょう。(^ ^;)

スタイリング自体もリアルというわけではなく、少しずんぐりデフォルメしてます。

027_201408221757284b5.jpg
恒例の裏面。この2体は基本構造が一緒で変形手順もまったく同じ
一部パーツも、形状的に流用していそう…。それでもガワはほぼ別になっており、
リデコアイテムと呼ぶにはちょっと共通パーツが少な過ぎます。

それでも高いだけに ちょっとがっかりしたなぁ。

あと、後輪は、なんと外側だけ回るという内側ダミー構造!
たぶんタイヤ全部丸ごとまわそうとすると、強度が足りなくなってしまうからではないかと…。


DOWN FORCELAST CHANCE
022_201408212136206d2.jpg023_201408212136229b9.jpg
DOWN FORCE吾輩が大好きなキャパロT1(カパロT1と表記されることもある)がモチーフ。
LAST CHANCEはエンツォ…とみせかけてFXXがモチーフです。
あれ?知名度的に一番下のキャパロが まともな市販車ということに…。
(レヴェントン/FXXは限定車でアンコニアンはコンセプトモデル)
グランツーリスモにすら入れてもらえないのにねぇ…。
まぁ、アリエル アトム無視してる時点であのゲーム評価しないけど。(本日の大人げない発言~)

028_20140822175729aea.jpg
こちらも裏面。
実車ではおそらくキャパロが一番小さいと思われるんですが、(何しろ車重約500キロなんで)
この玩具では、手足4体の中で一番カーモードが大きいです。

この2体は一部変形に似た部分はあるもののちゃんと別構造です。
足の二人も変形手順ちょっとは違っててほしかったな…。


【カーモードをいろいろ比較してみた】
029_20140822182718f7a.jpg
最新の正規TFからコンニチワ。ロックダウン(手前)とドリフト(奥)に登場していただきます。
見てのとおりこの4体。カーモードでは通常のデラックスクラスTFより一回り小さいです。

030_20140822182721524.jpg
近い大きさの物を探しましたら。プライムのノックアウト(赤いやつ)が近い感じ。

058_2014082218341837e.jpg
でも変形させると身長は負けるんですよねぇ。(写真のLAST CHANCEが4体の中で一番背が高い)
でも、カーモードでは二体よりも大きかったドリフトとはどっこいどっこい。(笑)

値段が高い割には小さいという印象はやっぱりぬぐえないですね…。
ただし!ガワを構成する樹脂は固めのものが使われていて、
最近の正規TFがグニャグニャな印象なのとは対照的です。


060_201408221834202e3.jpg061_20140822194054c0c.jpg
ランボ同士でパチリ。レヴェントンもどきとアヴェンタドールの邂逅です。
こうして比べてみると、ロックダウンのカーモードは素晴らしいスタイリングですなぁ。


こちらも比較(笑)(右はspark製1/43ミニカー)
032_20140822182723e42.jpg
シルエットが独特なので、キャパロT1そのものに見えてましたが、
さすがに部分的に見ると けっこう違うところはありますね。

吾輩、2006年~2011年頃までAUTOCAR JAPANという雑誌をちょくちょく読んでいたので、
このキャパロT1という車には、開発段階から注目していたのですが、
日本での知名度はさっぱり…

先ほどウィキペディア覗いてみたらゴードン・マレーさんの名前しかないではないですか!
ゴードンさんは途中で「混ぜてくれ」と混ざってきただけで、
もともとはマクラーレンF1(市販車の方ね)のエンジニアだった、
グラハム=ホールステッドとベン・スコット=ゲッデスの二人が計画し始めたものですよ!
(英語版ウィキペディアにはちゃんと二人の名前載ってます!)
日本じゃゴードン・マレーさんが作ったことになってるよぅ…orz

リマ(忍)「御屋形様…話が全然別のことにすり替わってますよ!」
おおう!つい熱が入ってしまった…。
 吾輩、最大馬力や最高速よりも、軽さとコーナーを早く曲がるタイプの車が好きなので
このキャパロT1はもろ好みなのです…。

『公道を走るF1という触れ込みの市販車は昔からありますが、
真の意味で公道を走るF1と呼んで差し支えないのは今のところコイツだけです。
以上脱線終わり!


【モーt…じゃなくてDIESEL】しつこい)
024_20140822175720299.jpg025_201408221757241d5.jpg
ここまで似せるとやばいんぢゃね?
と、余計な心配をしてしまうくらいモーターマスターです。
銃のパーツを寄せ集めたものが、コンテナドアに貼りついてます。(笑)

本家はケンワースK-100 エアロダイン キャブオーバーがモチーフなんですが、
どう違うのか、吾輩には見分けがつきません!

026_201408221757251f6.jpg
裏から見ると、合体モードの剣のグリップが張り付いています。
トレーラー後部の四輪も取り外して合体時は胸パーツになります。

残念ながらキャブとトレーラーを切り離したり、
連結部で可動させるようなギミックはありません。


それでは毎度のイニシエーション。
トランスフォ~~~ム! ギゴガゴ…。(だからTFじゃねぇよ)
031_20140822194459c78.jpg033_20140822194502422.jpg034_201408221945060ae.jpg036_20140822194506382.jpg
足の2体はさほど難しくなく、ギミックも共通なので物足りない感じ。
腕の2体はそこそこひねりがある変形ですね。それでも本家のような面白さはあまりない…。
やっぱりパズル的面白さがないと、吾輩の心を震わせることはできませんね。

銃は全員、2分割して車体に付けていた物を合体させて持たせます。

お次はDIESEL
037_20140822195526d62.jpg038_201408221955305f0.jpg039_20140822195535173.jpg040_201408221955340d8.jpg042_20140822195536764.jpg043_201408221956445ed.jpg
コンテナ後部は合体用パーツを兼ねた武装なので、
純粋な変形には関係ありません。

そして、コイツだけはマスターピースにも匹敵する変形難易度です。
初変形では力加減がわからないこともあり、40分位かかりました。

044_201408212023355b3.jpg
全員集合!
モ…DIESELだけ飛びぬけてデカイ! サイズ的にはボイジャークラスです。
059_20140822200552c65.jpg
クラシックオプティマスで大きさ比較↑

はいめ~ん
048_20140822202147fd1.jpg
カーモードでは4体中一番大きかったDOWN FORCEが、実は一番チビです。(笑)
こうしてみると足の2体(左側2体)はクローンのように瓜二つ。
細部は全然別ディテールなのにネ。

049_2014082220215330d.jpg
背中に大穴が…合体用頭部が見えちゃってますね。
腰にあるトレーラー部のパネルは、変形時かなり邪魔で扱いづらいです。


【可動性】
045_20140822200547bdf.jpg047_20140822200551bed.jpg
DIESEL以外の4体はサイズこそ小さいものの、可動箇所は多く非常に多彩に動きます。
腕コンビの足首が、ちょっと形状的に不自由かな?

最近の正規TFでは省略されがちな腰や手首の回転もしっかり全員にあり
ここら辺りは正規品を凌駕しているといえますね、
非正規品のかなりの商品がこうなのですから、人気が出るのもうなづけます。

ただし、パネルが干渉してせっかくの可動域が、やや殺されている箇所があるのが惜しい!
それでも正規品に勝てる可動性は評価したいです。

062_20140822200554dba.jpg
DIESELも可動箇所自体は多いです。
しかし膝はふくらはぎのパネルのせいで90度曲げることができません。
肘関節も腕をまっすぐに伸ばすと、上腕のパネルがちょっと邪魔ですね。
あくまでも干渉して邪魔というだけなので、
小改造やパネルを開いた状態にするなど 工夫すれば解消可能です。

うちの固体は肘関節がちょっと緩めで、重い手持ち武器を持たせるとやや負け気味…。


それではみんなでハイキック! それそれそれ~♪
050_20140822202153a72.jpg
奥のDIESEL君も可動は十分ハイキックできるのですが、安定性が悪くて自立しません。
もっとも 手足の四人も安定性が良いわけではないので、賢い子はまねしないでね!
(倒れて壊れても知らないヨ)

立てないキミは罰として開脚を披露しなさい!
051_201408222021555f6.jpg
桃のロール軸にまでラチェットが入っている位あちこちカッチリしてる代わりに、
足首がユルユルなのがこいつの弱点ですね。


【武装ギミック】
使わなかったDIESELのコンテナ後部は丸々余剰部品…というわけではなく、
052_201408222035240aa.jpg
剣のグリップと車輪を取り外し、上下にパックリと割ります。

053_201408222035273c0.jpg
そして分解変形、再構築。

こうして出来上がったものをDIESELに装着!
054_20140822203532d2e.jpg
何じゃ このフルアーマー状態は~!

055_2014082220353312b.jpg
ありったけ武装乗っけました!って感じですね。
あ、背中に背負ってる剣は合体時のものなので、
DIESEL自身は手に持つことはできないので注意です。

056_20140822203533dce.jpg
これだけの重量でもちゃんと自立……させるには相当なコツが要ります。
バランスさえとってやれば不可能じゃないです。激ムズだけど!


057_201408222103296f2.jpg
肩の武器は合体用ジョイントを使って固定しますが、これがなかなか考えられていて、
穴とジョイントの突起をあわせて押し込んでから90度回転という仕組みです。
回転にラチェットもかかるので、かなりガッチリと頑強ですね。


【気になったことや問題点】
046_201408222103308cf.jpg
足の2体は変形とは関係なく胸のパネルが開きます。
どうやらこれは合体時、腕にする時に必要なギミックみたいですね。
(説明書には一切載ってない)

035_20140822210323f4a.jpg
あと、この足担当の2体。変形時、膝のピンがやや長すぎなので、
削って短くすると変形がスムーズになっていいかもしれません。
デフォルトでは外す時が硬くて股関節のボールジョイントが負けて外れてしまうことがあります…。
吾輩もひと段落したら削ろうと思ってます。

そして…この商品最大のネックといえるのが、DIESELの腰です!
上半身と下半身はこの薄くて頼りない板状パーツ(しかも穴あり)でついているだけなので、
破損の危険性・!


041_2014082221032504f.jpg
粘りのあるABS樹脂ですから丁寧に扱っている分には問題ないと思うのですが、
経年劣化してくるとちょっと怖いですね。

何しろ上の取り付け部も、下の土台部分も、固めのラチェット回転が入っているので、
ここを可動させる時、うっかりすると捻ってしまいそう…。
ぜひ金属パーツを使ってほしかった! コスト的にできないんでしょうけど…。


以上、今回はここまでです。
次回はいよいよ合体戦士メナゾ…じゃないM3の誕生です。
でわでわ (^ ^)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : トランスフォーマー

2014-08-22 : TF サードパーティ品 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。