武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

日本の翼コレクション2

010_20141030201941ad8.jpg 
 先週は仕事が忙しくて何もできませんでした…
 申し訳ない、日曜日すらガン検診でつぶれるとわ…orz 

 秋は模型の季節ということで、
 集中的に飛行機物をやっていきたいので、
 またもや1/144飛行機ものです。

 今回は久しぶりに現用機。
 現在も日本の空を守り続ける守護神の登場です。


前回の現用飛行機カテゴリだった
日本の翼コレクション第一弾のうpはいつだったっけ?
と見てみたら2013年11月末…。 ほぼ一年前ですね…。(大汗)


それではいつもどおりパッケージから ~
001_20141030201930106.jpg
といっても、第一弾のときに見せちゃってますが~。
発売時期は2007年12月(東日本)/2008年1月(西日本)
約7年前ですか…。


002_20141030201936f27.jpg

内箱はこんな感じ。
第一弾の時も言ってますが、今回はEXと名づけられ、箱が一回り大型化してます。

004_201410302019402c0.jpg
↑比較するとこんな感じ。
アクロチームコレクション2と同じく1センチほど背が高いです。

003_2014103020193725e.jpg
ラインナップはご覧のとおり
【F-15】aとbでは一部変更で単座と複座を表現されているので、JやDJは小さい文字で補足
【F-86F】
【T-1】やはりaとbで分けているので商品名にはABは付かないんですね。
【T-33A】
F-15以外は「懐かしい」という部類のラインナップになっていますね~。
おっさん大歓喜!



【F-15】
005_201410302047499b5.jpg006_20141030204753df7.jpg007_201410302047573ae.jpg008_20141030204757564.jpg009_201410302047588df.jpg010_20141030201941ad8.jpg
(しまった…。機首左側面に貼るデカール張り忘れてる!)ヲイ!

日本の空の守護神といえばF-15J/DJですよね!
非常に人気のある機体なので航空機に詳しくない人でも
アメリカの「えふ じゅうご イーグル」の名くらいは知っているのではないでしょうか。
誕生から30年以上(40年?)たった今も現役かつ最強の座に君臨する機体です。
(空中戦で敵機に撃墜された例が一度もないとされます。もちろん事故とかで落ちた機体はあるよ!)


厳密には日本のJ型とは無関係ですが、
ストリークイーグルの挑戦とか、片方の翼がもげても飛んで帰って来る話とか、
色々逸話も多く楽しい機体ですね。
これで燃え(萌え?)なきゃ男じゃない!

問題はその価格。
高すぎてお金持ちの国しか買えないのです。
本国アメリカを除いて イスラエル、サウジアラビア、日本
そしてお隣韓国では攻撃型のF-15Eの韓国版F-15Kと四カ国しか採用していません。
(イスラエルは金持ちというより、出来るだけ強い兵器がほしい為のよーな気もしますが…)

吾輩個人としてはライバルであるF-14やF-16の方がより好きなんで、
好みの順位としては下がってしまうのですが、十分好きな機体です。
優等生機体を好まない吾輩にとって これは珍しいことなのです。


011_20141030205649ec2.jpg
きれいなノーズですが、せっかくの筋彫り(モールド)が厚い塗膜で埋もれ気味、残念…。
色味もちょっと薄いというか、濃い部分すら明るいグレーな印象ですね。

012_20141030205654cc8.jpg
裏側ごろ~~~ん。
大柄な機体をひっくり返すと、ノズル周辺が銀塗装されているのが見れます。
ランディングギア先端の塗装がはげてるのは、ゲート跡ですんであしからず。

武装の類はついておらず、パイロンとセンターの増槽が付属品。

013_2014103020565574e.jpg
F-15Jの機体仕様自体は米軍のF-15Cに準じるのですが、当然違いもあります。
よく言われる違いは垂直安定版の先端にある細長い針状の突起(マスバランス)です。
米軍のものはIRCM(赤外線妨害装置装置)が組み込まれた左側だけ太いのですが、
自衛隊の機体にはそれがないので左右とも同じ太さなんですね。
ぶっちゃ毛、外見での大きな違いはここくらいしかなひ…。


041_20141030205709e62.jpg042_2014103020571106e.jpg
インストはこの当時では標準だった、機体解説と漫画が付いた豪華仕様。
本当にこの当時の物は読むのが楽しかったなぁ。(遠い目)
ウイングキットとはシリーズが違うので、組み立てる箇所は非常に少ないです。

064_20141030210007308.jpg
シークレットはなんと…F-15Cの在日米軍機仕様!
確かに日本に居る翼ですね…。
米軍機のグレー迷彩の濃淡の違いも再現されています。



【F-86F】
014_20141030211515eba.jpg015_20141030211518f35.jpg016_201410302115259f6.jpg017_20141030211523313.jpg018_201410302115224f6.jpg019_201410302116136e1.jpg
ハチロクといえば…最近はドリフトする某豆腐屋のパンダトレノのほうが有名ですけど、
飛行機でハチロクといえばこいつでしょう! 

航空自衛隊に採用され、旭光(きょっこう)などという愛称が正式につけられたのですが、
ぜんぜん定着せず、ハチロクとしか呼ばれません。(^ ^;)

戦後のアメリカが大戦後のドイツの航空機技術をパク…吸収し、色々試作研究のすえ完成。
おかげで、自力で開発していたP-80シューティングスターと違い後退翼を持ちます。

同じくドイツから航空技術をパク…得たソ連のMig15とは、朝鮮戦争で合間見えることとなります。
直線テーパー翼のP-80では歯が立たなかったので急遽投入したんですね。

性能的にはMiG15より とりわけ優れているということはないのですが、(劣っている所もある)
総合性能とパイロットの腕で圧倒したといわれています。

そして日本で始めてのアクロバットチーム
ブルーインパルスの機体として始めて採用された機体でもあります。
一線級の戦闘機を使用していたわけですから、
今の感覚で言うと、F-2をアクロに使っている感じですかね?(F-15Jはアクロには向かないですし)


020_20141030211618e51.jpg
機首の三つの涙滴型のくぼみは12.7ミリ機銃口です。
反対側にもあるので、六丁を機首に集中装備!

021_201410302116185af.jpg
裏側ごろ~ん。
シンプルな銀塗装ですが、モールどの細かさはわかっていただけるでしょうか。
これで1箱500円しないとは!

043_201410302116220bf.jpg044_2014103021162171e.jpg
インストの機体解説の半分はブルーインパルスの話になっちゃってるのはご愛嬌(笑)
ちなみに特別版である「日本の翼スペシャルver」や、「あの日のブルーインパルス」にも
このハチロク ブルーは入っているので、うちではブルー六機分そろっちゃってるかもしれません。



【T-1】
022_20141030212430fac.jpg023_201410302124339cf.jpg024_20141030212438443.jpg025_201410302124401ad.jpg026_20141030212439403.jpg027_20141030212541bed.jpg
航空機のことをどれくらい知っているかの目安として、吾輩がちょっとした基準にあげているのが
このT-1ジェット練習機です。
戦後初(日本初ではありません)の国産ジェット機であり、
停滞させられていた日本の航空技術を取り戻すための第一歩となった記念すべき機体。
個人的に、この弾のラインナップの中では一番うれしかった機体かもしれません。

初期型であるT-1Aは残念ながらエンジンがイギリス製でしたが、
作成したモデルであるT-1Bで、めでたくエンジンも国産化!
性能自体はたいしたことはありませんが、日本の航空史では外したくても外せない一機なのです。

ちょっと横道にそれますが、この機体の開発者の一人である鳥養 鶴雄さんの著書
「大空への挑戦」(プロペラ機編とジェット機編の二冊)
航空機テクノロジー初心者向けのとても読みやすい本なのでお勧めです。
※まったく知識のない初心者向けなので、飛行機好きには物足りないかもしれません。

あ~ちなみに日本初のジェット機は大戦中の橘花です。
この機体もエフトイズは商品化してるので、いずれこのブログでお目見えするでしょう。

028_20141030212544cbe.jpg
練習機なので当然複座です。デカールを貼っちゃってるのでキャノピーをとることができませんね。
主翼中ほどには整流版があります。

029_201410302125488ea.jpg
裏側ごろ~ん。
裏面にもオレンジの塗装はしっかりあり、尾部のラインもデカールではなく、塗装で入っています。

030_20141030212547b00.jpg
残念なのは主翼の後縁にオレンジの塗装飛びが…。
なにげに胴体の日の丸にも白い飛散りがありますね。
流れ作業をしている人は、こういうの気づかないんだろうなぁ。

045_20141030213030803.jpg046_20141030213033389.jpg
AモデルがT-1B、BモデルがT-1Aという ちょっとややこしい仕様になっています。



【T-33A】
031_201410302137538ad.jpg032_2014103021375574d.jpg033_20141030213800f00.jpg034_20141030213800992.jpg035_201410302138033cd.jpg036_20141030213924822.jpg
T-33Aのルーツをたどると大戦中二開発されていた初期ジェット機の一機、
P-80シューティングスターにまでさかのぼります。
P-80の胴体を延長/複座化などして再設計~。
性能は特筆することは何もないくらい平凡な機体なんですが、
インテークを胴体サイドに持ってきているのは現在のジェット機でもスタンダードなことを考えると
結構先進的ですね。戦時中のドイツでさえ、ジェットエンジンは翼につけていましたし…。

基本設計字体はかなり古いのに空自でも2000年まで使用されました。
ここからも元々の設計が優秀であったことが見て取れます。
練習機としての使用は1990年まで。要はT-4が導入されて引退したんですね。

037_20141030213927282.jpg
コックピットにはちゃんと二人のフィギュアが座っています。
オレンジ服が目立つ目立つ。

038_20141030213932a18.jpg
裏側ごろ~ん。
直線テーパー翼がなかなか美しいおなかです。
大戦中に開発された初期のジェット機の中では、一番吾輩の好みの形ですね。

047_20141030213931b93.jpg048_201410302139359c7.jpg
大体のことはインストに書いてあるので、これを読むだけでT-33Aのことは一通りわかります。



063_20141030214650a4e.jpg
ちなみにスタンドは全種共通の形。
F-15は真ん中の増槽を外さないとつけられない仕様なのがちと残念…。



【恒例のサイズ比較】
039_20141030214646433.jpg040_20141030214648d53.jpg
さて、今回基準機体であるF-15Jを変えました。幻の小松基地開設40周年記念塗装!
そしてゲストはカフェレオの世界の主力戦闘機シリーズのF-15Jをチョイス。
よって半数はF-15Jというおかしな状態となります。(しかも全部小松仕様…笑)

F-15J以外は小さい機体ばかり…と思ってましたが、想像していたよりは小さくなかったですね。
ハチロクが主力戦闘機の割には練習機と変わらないサイズだな~とか、気がつくことも多いです。
(ああ、今度は戦車のほうを変えたくなってきた…)



【各社のF-15Jを比較してみた(カフェレオ苛めになっちゃってるかも…)
049_20141030215351691.jpg
真ん中が今回のエフトイズのもの。
写真向かって左側がタカラトミー(当時)技MIX
右がカフェレオのJ Wings監修 Military Aircraft Series vol.2 世界の主力戦闘機
のラインナップにあるF-15J。
発売された時期の順番は右から左へといった感じですね。
カフェレオとエフトイズの発売時期は多少ずれているもののほぼ同時期と見ていいでしょう。


051_20141030215358a66.jpg052_2014103021535826b.jpg050_20141030215354386.jpg
写真上からエフトイズ/技MIX(タカラトミー)/カフェレオの順。
エフトイズは機首の根元の段差が気になります。
最後のだけなんだか解像度が違うぞ?と思ってしまうくらい印象が違いますね。
初期のカフェレオ商品は筋彫りがすごく深い&太いです。

055_20141030215547a52.jpg053_2014103021554056a.jpg054_20141030215543c9d.jpg
お尻側から撮影。こちらもエフトイズ/技MIX(タカラトミー)/カフェレオの順番。
やはりカフェレオだけモールドがむちゃくちゃ深い!
何よりエンジンノズルのディテールがすっごく雑…。
カフェレオ現用戦闘機 第一弾だった「冷戦時代の翼シリーズ!」では
フラップダウン状態を再現するなどのこだわりがあったんですが、
それもなくなっちゃってます…。

何より許しがたいのはインストのデカール支持ミスです!
056_20141030215549a19.jpg057_20141030215550bd7.jpg
一枚しかない5番デカールが2箇所支持されてる時点でダメなんですが、
8番デカールは本来左側面ですし、9番デカールは貼り付け指示の箇所がありません!
他のメーカーなら単なるミスで笑って済ませたでしょうが、
商品名にJwings監修と堂々と書く以上はこういうミスは避けて頂きたい!
どこを監修してもらったのさ!

エフトイズもたまにミスや エラーパーツがあるんですが、
正誤表や、正しいパーツをつけたりしてフォローされている場合が多く、非常に好感度が高いです。
カフェレオも巷の情報によると第3弾の「ベトナム航空戦」から出来がよくなったらしいんですけど、
その頃にはもう吾輩の心は離れてました。JWingsの名前出してこれじゃあねぇ…。
エフトイズより高い(もちろんガムもない)のにどうしてこうなるかな…。


059_201410311809396e0.jpg
三つのメーカーの中で唯一ノーズコーンを最中割りしちゃってるのがもうね…。
値段からして別格の技MIXに負けるのは仕方ないとしても、
後発とはいえ、エフトイズは税込みでも一箱500円しないんですよ!(当時)


そして…恐ろしいことに、実はこれらの商品を上回るコストパフォーマンスの物が、
かつてタカラトミーから発売されていました。(写真右のもの)
060_20141031180941cae.jpg
映画ミッドナイトイーグル公開時に便乗発売されていた。
「ミッドナイトイーグル」(これが商品名)です。
一応メカニカルコレクション!!と小さく書かれてますね。

映画は2007年11月末に公開されているので、発売もたしかその時期。
何気に発売時期が今回のエフトイズの日本の翼2とかぶってます。
値段は写真左のカフェレオのものと同じく税込み525円。


061_2014103118094529d.jpg
中身はこうなってます。未組み立ての状態ですみませ~ん。
てっきり組み立ててあると思っていたんですが、どうも記憶違いで 手付かずでした。
すべてペイントで表現されているので、デカールは付属しません。


062_20141031180944cf4.jpg
原型製作はピットロードとハセガワの2社となってます。
F-15J/DJはおそらくハセガワ側が担当でしょうね。それくらい既存商品とは比べ物にならないくらい細かく、
エアブレーキが別パーツで展開可能ってこの商品が初めてでした。
まぁ、はっきり言ってしまえば技MIXの元になっている商品なんですね。
でも、お値段は1箱税込み525円…。技MIXは胴体部分も未組み立てで約2000円オーバー。
現在は平気で3000円越えてます。
え~っと、技MIXのぼったくり感がすごくするんですけど…(^ ^;)

映画タイアップ商品だったので 採算は度外視していたのかもしれませんね。
いろいろ値段が上がるご時勢ですが、このような神商品にもう一度出会いたいものです。
それではこんかいはここまで!
でわでわノシ



【オマケ】
ジュリエット(蝶)「とりっく  おあ  とり~~~とぉ!」
ゴシャ!(MITAKENの顔面に真空飛び膝げり)

MITAKEN「ぐふぅッ!何するんですか!」

J「悪戯されたくなかったらお菓子をよこすのだ!」
M「悪戯してから言わないでくださいよ!」

J「とりっく  おあ  とり~~~と~。」
M「ああもう、好きにしてくださいよ!」

J「ヱ?」
M「自由に悪戯していいです!」

J「お、お菓子は~?」
M「悪戯できればお菓子いらないんでしょ?」

J「は?…えっと…、どういうこと!?」(←想定外だった。)
M「好きに暴れてください♪」

J「ふえぇぇぇ、お菓子くれなきゃやだぁぁ~~!」 ドカッ!バキッ!メリリッ!

リマ(忍)「何の騒ぎですか!」

MITAKEN「あ、いや~ジュリエットさんがお菓子か悪戯かというので悪戯を選択したんですが…。」
L「はぁ~、どこまで天邪鬼なんですか…。家が壊れる前に至急お菓子を買ってきてください!」

M「でも、これ…収まるかなぁ?」
L「とにかく早く!」
M「はいぃ!」

M(どっちにしろ 悪戯もお菓子も両方いただかれてしまうわけですか…。)orz

MITAKEN家のハロウィーンは野宿になりかけてます。
~おしまい~
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

2014-10-31 : 現用飛行機 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-01-07 18:57 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR