武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

TFレジェンズレビュー ~LG04ロードバスター LG05ホワール編~

 015_2014121120515367a.jpg 
 星の~ ピ~アス~ 虹のバンダナ♪
 あまり休むと忘れ去られるので一つレビュっておきませう。

 ってことで今回はムゲン キャリ… ではなく
 発売自体が奇跡のような
 TFレジェンズ
 ロードバスター&ホワールです。
 GJタカトミ!



知らない人には意味不明な冒頭でだしですが、TFにあまり詳しくない方のために軽く説明しておきますと、
このロードバスターとホワールというキャラクター…もともとの玩具は、
今はなき玩具メーカー『タカトクトイス』が発売していた特装機兵ドルバックの主役メカ
ムゲン キャリバーオベロン ガゼットなんですね。

倒産したタカトクの金型をバンダイがゲットし、あろうことかその一部をハスブロに輸出しちゃったんですよ!
(よって同じ境遇のスカイファイヤー{英名Jetfire}という奴もいます。こちらは某バルキリーが元。)

海外版TFといっても、アメリカというよりはヨーロッパ(イギリス)版のキャラクターな上、
当時の日本では発売することが避けられ日本未発売&初代アニメ未登場と、
TFに詳しくない日本人にはイマイチ ピンとこないキャラクターです。

元になっているG1玩具の経緯が経緯なので、今回のレジェンズも不安だったのですが、
国内販売が決定した時は小躍りしましたよ!

あー 因みに同時発売のタンカーは購入してません!彼はボナパルト タルカスではないので~(コラ
しっかし、この三体同時発売は確実に狙ってやってますね。


それではいつもどおりパッケージから…。 
001_20141211205156b09.jpg002_201412112052031da.jpg
実写映画4作目公開時期はムービー玩具が席巻してましたが、
こちらはちょうど以前のジェネレーションズの系譜にあたる、レジェンズというシリーズ名です。
両者ともボイジャークラスなので吊り下げブリスターではなく箱タイプ

003_201412112052038cc.jpg
中はやっぱりブリスターですが、挟み込み式で、紐や針金を使用しない収納方法で入っています。
これは取り出しやすくて個人的に高評価!毎度毎度針金とるの大変なんですよ…。



【ちょっと寄り道~ 説明書】
006_201412112052036c3.jpg
今回面白かったのは説明書! 
レジェンズの説明書は表カラー 裏一色の一枚もので、
表の半分がオマケ漫画になっているんですが、そこに乱舞する台詞が結構キワドイ~。


004_2014121121220429b.jpg
こちらはロードバスターのもの…、アイラブユー(ドルバックOPの歌詞の一部)とか、
やたら語尾にドル!とかバック! を連呼するキャラクターも露骨ですが、
赤い矢印部分などは
ドルバックって書いてあるのを吹き出しで隠してる状態~。
タカラトミーもはじけてますねぇ~ いいぞ もっとやれ!

005_2014121121220630b.jpg
ホワールの方はたいしたことないかな?
TFとドルバック自体は全然関係ないから当たり前ですけど



【本体】
007_2014121121221141a.jpg008_20141211212212d94.jpg
中身はビークルモードで入ってます。
ロードバスター(右)はさすがにオープンのジープタイプではないです。
そこまでやったらマジ ヤバイからなんでしょうけど…。
しかし、オベロン ガゼットの方は見事にオベロン ガゼットに見えてしまいます。
ん? なんか日本語おかしいな…何言ってんだ吾輩は!?(似すぎてて混乱中)

009_20141211212212be2.jpg
裏面はこんな感じ。子供を対象にしているので 形状処理にあまり気を使ってはいないですね。
ロードバスターなんか顔が丸見えです。

010_201412112143291bb.jpg
付属している武器が多い上、それぞれ拡張ジョイントが多いため
いろいろな合体バリエーションが作れます。    (下写真は一例)
021_2014121219442483a.jpg020_201412121944197aa.jpg



【それではいつもの…】
トランスフォ~~~~~ム!ギゴガゴ…
011_201412112146186fe.jpg012_2014121121462462b.jpg013_20141211214626721.jpg014_2014121121463179f.jpg022_20141211214627c8e.jpg
四季の~ はーなは~ きーみーのドレス~(やめい!

変形自体は 現在のTFの路線である、わりと簡単なタイプです。
手抜き変形ではないので十分許容範囲内ですが、パズル的面白さを求める方にはちょっと物足りない?
というか、ホワールは国内発売が心配だったので海外版に手を出してしまい
吾輩変形手順知っちゃってたというオチ~

023_201412121944241b6.jpg
ロードバスターのお顔がすっごく素敵(元ネタに似ているという意味で…)
ボンネットの形状をそのまま活かした胸もムゲン キャリバーを髣髴とさせるデザインになっていますね。

ホワールの方も単眼の頭部にマジックハンドのような腕と、オベロン ガゼットを見事に踏襲しています。
違うのは脚の部分ですね。さすがに足首はスキッドになっていません。なんか鳥脚気味ですし。


015_20141212194416927.jpg
武器を持たせてキメッ! 「ちっきゅうに~ アイラビュ~♪」(だから違うだろ!

本体にもあちこちに5ミリ穴や3ミリバーが配置されているので、
いろんな箇所に武器を取り付けられます。
ホワールのカメラみたいな武器だけは爪をたたんだ腕にぶっ刺す形になってます。



【可動性】
016_201412121956234ed.jpg
ロードバスターの可動性は及第点といったところでしょうか、
手首や腰の回転はありませんが、それ以外は一通り可動箇所が設けられています。
首もボールジョイントでわずかに上下にも可動しますね。
肘や膝はせっかく二重関節なのに、周りのパーツに邪魔されいまいち本領を発揮できていないよーな?
モモのロール軸は腿自体が腰に干渉する形なのでかなり限定的、

017_20141212195628c54.jpg
そして一番の問題は上腕のロール軸!(青丸部)
見てのとおり360度回転できる形にはなっているんですが、茶色の塗膜が厚すぎて
固着したかのように動きません! ウチの個体は腕のロール軸が左右とも死んでます…

加工して動くようにしたいんですが、
スライドで簡単に外せそうなのにまったく動かない…塗料が癒着してるのかもしれません。


018_2014121219562872e.jpg


ホワールの方は固着してしまうような箇所はなく、かなり自由に動きます。
肩も肘も膝も二重間接ですし、上腕と腿にはロール軸もあります。

こちらも腰のロールはありませんが、手首(というか爪だ…)は開閉できますし、
頭部もロードバスターより可動範囲が広いです。

足首は残念ながら、可動するような形状ではありませんが、
こればかりはデザイン上仕方ないですね。
何より腰や肩に変なアーマー類がないので可動させやすいです。


019_20141212195630a63.jpg
こちらの問題は膝の二重関節。
腿部分(シルバー)の方の関節は非常に硬く、黒く細い関節パーツが折れそうな感じがしてしまいます。
(丁寧に根元から動くようにして動かしてやりましょう!)

これは海外版でも同じだったので、当方は安心して動かせましたが、
国内版ではじめてこの商品を手に取った方は、最初は怖くて動かせないと思います。
大丈夫! ルーズにやらなければ折れないよ!



【集光ギミック】
今回の二体はムービーアドバンスシリーズではオミットされがちだった集光ギミックが生きています。
025_20141212202116021.jpg024_20141212202113a59.jpg
ホワールは集光窓が小さいので微妙ですが、ロードバスターはハッキリと光りますね。

あと、ホワールの方は頭部右側面のアンテナパーツを可動させることにより、
集光窓(赤丸内)を開閉できるギミックがあります。
026_2014121220211964f.jpg027_20141212202121cdf.jpg



【それではホワールの海外版との比較ぅ~】
028_20141212203053877.jpg
左が今回の国内版、右の色が濃いのが海外版です。
基本的に大きな違いは色とマーキングのみ。
肩の内側とか、特にキャノピーのフレーム部分は国内版のほうが丁寧に塗装されていますね。
インシグニア(サイバトロンマーク)等マーキングもプリント済みです。
逆にスネは海外版にのみ塗装があります。

029_2014121220305992f.jpg
一つ気になっているのは、吾輩の国内版、なぜか胴体がキッチリ閉まらない…。
個体差なんでしょうけど ちょっと萎える…。orz

030_20141212203059987.jpg
そして国内版と海外版の一番大きな違いは中間形態の存在です!(大嘘)
ま、国内版もできるんですけどね!
ちゃんとこの形態のために、股関節がスライドするようになっているので、
吾輩が勝手にやっている俺変形ではありません!

031_201412122031039e1.jpg
海外版の説明書にはしっかり この中間形態が明記されているのに対し、

032_201412122031011ff.jpg
国内版の変形説明ではこのとおり…。これじゃ股関節がなぜスライドするのか意味不明だよ!

033_2014121220435287e.jpg
武器はパッと見たところ違いは見当たらないです。成型色も一緒みたい。
あ、ちなみに海外版にはマークが入っていない代わりに、ステッカー(シール)がついてます。
これは初代玩具に倣った仕様なんですよね。日本では未発売だけど!

034_20141212204355f0f.jpg
武器がまったく同じだと、倍にして  てんこ盛りに!
おっと 忘れてましたが、キャノピーは開閉ギミックがあります。



【総評】
個人的に、日本での発売は可能性低いだろうと半分諦めていた面子なので素直に嬉しいですね。

しかし、玩具としてみるとちょっと子供向けの性質が強く、変形パターンもありきたりのものです。
TFにパズル要素を求めている方には向かないでしょう。ムービーアドバンスドシリーズとは違うのです!

特にロードバスターは、ホワールのキャノピー開閉や集光窓開閉ギミックにあたるものもないので
少し寂しい感じ。
海外ストーリーもしっかり把握しているマニアな方でないと、購入に踏みとどまってしまう玩具ですね。
なにせ吾輩は半分『ドルバック玩具として買っているので…、
逆にこのせいで手を出してしまっている「TFファンじゃない方」が多くいそうですが…。(苦笑)

「ロードバスターやホワールって誰じゃい!」という国内ファンはある程度覚悟して買う必要がありそうです。
ぶっちゃ毛変形玩具としては、レジェンズ第一弾のラットルの方がよほどお勧めです。
(あれは あれで そこらに放置すると、本物の鼠と間違われそうです…大きさがリアル杉(笑))

さて、お次のアイテムは…バルキリーですね!(笑)勢いでサメのほうも 予約しちゃいましたよ~。

次回は遅れ気味ですが、MPバンブルといきましょうか。
でわでわ (^^)ノシ



PSというか独り言
結城優奈の9話「心の痛みを判る人」にはまいった…あれは反則だよぉ…。
失礼ながら、とーごーさんのおぱーい目当て「まどマギの影響受けた劣化版」の目線で見ていたのだけど、
土下座したい気分です…。いい年してガチで泣きました。

サイコパス2やSHIROBAKOとか今期も楽しんでみてるのは結構あるんですけど、
あの9話でゆゆゆの株が一気に上がりましたよ…。
逆に作画の崩壊で下がっていくツインテール…。スタッフがんばれ~! (><)q

ドルバックといえば、少し前にあった「えびてん!」というアニメのEDで、
絵は聖闘士聖矢のパロディなのに曲は星のピアス(ドルバックのOP)という摩訶不思議映像を見た覚えが…^^;。
(たぶん星矢の曲の使用許可が下りなかったんだろうけど、なぜにドルバック!?)
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : トランスフォーマー

2014-12-12 : TF レジェンズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR