武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

figmaレビュー ~五十鈴 華 編~

013_20150204211359b99.jpg 


 本日は着々とそろいつつある
 figmaのガルパンキャラの四人目
 大和撫子な五十鈴 華です。
 ついでなのでリトルアーモリーのLA007(P226&P228TYPE)
 も絡めてみました。

 う~ん、それにしても「いすず」を変換すると
 真っ先に「いすゞ」になるの何とかなりませんかねぇ? 
 (どうでもいいワ!)



1/12 Ⅳ号戦車がどんな出来になるのか、いつ発売になるのか…
今から待ち遠しいですが、まずはメンバーが全員そろうことを願いましょう!

それではいつもどおりパッケージから~。パンツァー・フォー!
001_20150204212239f65.jpg002_20150204212244660.jpg
箱はメンバー内では 西住みほ以来のワイド箱…個人的には好きじゃないんですがね。
(マジでどちらかに統一してくださいよぉ~。)

色は落ち着いたイメージなのか、それとも清楚さをイメージしたのか水色です。


003_20150204212244852.jpg
中敷は今回も外箱とは変えてあって、やや濃い青でした。
やっぱり故意に、中と外での色味を変えてるんですね。

004_20150204212248a58.jpg
ブリスターは同じワイド箱だった 西住みほと同じく1段。付属品もそこそこあります。



【付属品一覧】(例によって標準装備の台座スタンド、収納袋は省いてます。)
005_20150204212248bd3.jpg
左から保護袋かぶせたままですが、【主砲照準器】、右へ移り【交換用顔二種(狙い顔、うっとり顔)】、
下へ移り…【タコホーン】、その下【砲手いす】、
さらに右へ【ヘッドセットつき交換用頭部】、その右【着座専用スカート&パンツ】、
下へ【差し替え手首8種(掴み手左右、平手左右、タコホーン押さえ右手、ヘッドセット押さえ左手、
    トリガーハンドル持ち右手、照準器ハンドル掴み左手】、最後に【インスト(説明書)】

みほのボリュウムある付属品には負けますが、照準器がそれなりに大きく ワイド箱なだけはありますね。
そして武部沙織からつくようになった、「座り用パンツ」も健在です!(だから強調すンな!


特筆するのはインストです。裏表が同じ構成で、なんと裏面は英語仕様!(下写真が英語の裏面)
当方が所有しているfigmaの中では、スーパーそに子 日焼けverからこの仕様になっているので、
おそらく2014年の晩秋か、冬頃からこうなっているようですね。
006_2015020518091157f.jpg007_20150205180914734.jpg
まぁ、そのせいで長くなっちゃってるので、写真を撮ると小さくなってしまうのですが…(^ ^;)


【本体】
008_20150205180916a5f.jpg
まずは保護ビニールをはずして準備。
髪の長いキャラなので結構厳重ガードです。
特にフィギュアの下に敷いてあるビニール自体が、
頭部のアホ毛を通す穴が開けられている
のには笑いました。

009_201502051828412cc.jpg010_20150205182845745.jpg011_201502051828497b1.jpg012_20150205182850b94.jpg
おっとりとしたタレ目気味の目がいい感じ。
沙織には負けますがオパーイも結構あるほうですね。
手首は左右ともグーがデフォルトになっています。沙織だけなんで平手だったんだろう?


013_20150205182849bf8.jpg014_201502051833417db.jpg
あまり激しい行動をする子ではないので、派手なアクションはイメージを崩しあまり似合わないですが、
可動範囲は、他のメンバーと同様に動かせます。
髪の毛だけは沙織よりも長く、可動部もないため、首を回すときにちょっと干渉しますね。

035_20150205183541621.jpg
ウチの固体でひとつ問題だったのは、
左ひじのジョイント付け根が最初から白化していてグラグラです…。
破損を心配しながらの冷や冷や撮影でした…。
これってグッスマに言えば取り替えてくれるのかしら…
ジョイント部分だけで良いんで…。

015_2015020518334474d.jpg
今回は残念ながら格闘技に向いた手首はついていませんでした…。
しょうがないので、照準器のハンドルもち手で蟷螂拳!(無理やりだな!)

016_20150205183347008.jpg017_20150205183349e70.jpg
「ヘッドホン押さえ手首」と「タコホーン押さえ手首」、「狙い顔」を使用して…。
「くっ…肩をやられましたわ…。」とかやってみる~。

ジュリエット(蝶)「武装神姫SS時代もそうだったけど、
             MITAチンて  とにかく本来の用途と 外れた使い方しようとするね…。」

MITAKEN「天邪鬼の真骨頂です!」(威張るな!)


【付属品で遊んでみよう!】
018_20150205192436dc2.jpg
今回の華さんも腰の差し替えギミックは健在
パンツ二枚も沙織のときと同様です。

019_20150205192439806.jpg
というわけで…二枚履き~。

リマ(忍)「………………………………。」
ジュリエット(蝶)「………………………………。」
MITAKEN「あ、あれ?無反応?」

020_20150205192441615.jpg
これまでのメンバーのように、腰を交換すると こういう風に座らせることができます。

ジャーーーーー。(水を流す音)
華さん『ふぅー、すっきりしましたわ…。』

リマ(忍)「………………………………。」
ジュリエット(蝶)「………………………………。」

MITAKEN「何か反応してくださいよ!」
J「呆れ過ぎて 何も言いたくないのだ!」
L「うっとり顔で まさかこんなことをされるとは…華さんがかわいそうです。」


021_20150205192443dbe.jpg
それにしてもfigmaのお尻に対する執念はドンドンすごくなっていっている気がする~。

J「MITAチンの執念もね…。」
M「やだなぁ~、褒めないで下さいよぅ!」  ぐチュッ!(怒りのこもった踏んづけ)


022_20150205194502159.jpg
それでは本命の射撃体勢へ!

023_2015020519450729c.jpg024_201502051945070bb.jpg
照準器側の、ハンドルのついた円盤部分は接着されておらず、
ハンドルの位置は、好きなところに持っていけます。
水平軸のトリガー側はハンドル自体も外せますね。(右写真参照)

025_201502051945101ca.jpg
気づきにくいですが、照準器のレンズ(?)部分はちゃんと別の塗装されています。


それでは設置してみましょう!
026_201502051954145f1.jpg
手首は左右ともハンドル握りに交換。
頭部もヘッドホンつきに差し替え、タコホーンも忘れずに~。
ハンドル部分は照準器から外して、先に手首側に持たせます。

ハンドルが接着されていないため、そのまま持たせようと無理しても
ポロリしてしまいます
ので、ハンドルの位置あわせのこともあり、
この方法がお勧めです。


028_20150205195420c2a.jpg029_201502051954222f4.jpg
うむ!1/12Ⅳ号戦車が待ち遠しい!
髪が長いので椅子の背もたれに つっかえないかと心配でしたが、
見てのとおり、うまく避けられるので特に問題ありません。

華さん「目標距離1000、弾種榴弾!」 
031_201502052019177e1.jpg 
MITAKEN「またこのパターンか! やられてたまるか!」


027_20150205195419a00.jpg
華さん「撃ちます!」 カチン☆
バカンッ!
…………………………………………   ちゅど~~~ん!(南無~)



【総評】
もう何もかもが「いつも通り」なので特に言うことはないのですが、
(これ自体すごいことですけど…)

個人的に照準器のハンドルの位置調整ができるように未接着にしたのは、
取り付けの時にポロリが多発して、 痛し痒しな気がします。

完全固定だと、個体差が発生して「上手く持たせられない固体」
も出てきてしまうからなんだと解釈してますが、もうちょっと組みやすいとよかったです。

私的には、左ひじのジョイントが不良だったのが気になります。
個体差なんでしょうけど 久しぶりにハズレを引きましたね。


【リトルアーモリーを持たせてみた】
032_20150205204727fb5.jpg
実はLA008も買ったんですが、戦車乗りに対戦車兵器持たせるのはなんだか不吉な気がして
次回へ持越し………………………………うそです。(本当は組み立てが間に合わなかっただけ…。orz)
今回はLA007 P226&P228のほうをご紹介。

042_20150205204735ec8.jpg
商品名のとおりSIG SAUER P226とP228を模型化したものです。
なぜかGPNVG-18ナイトビジョンもついています。

真ん中の線から左がP226。右がP228
それぞれ「通常の状態/ハンマーコック状態/スライド後退状態」の3形態があります。
つまり、可動する部分は一切なく 完全1パーツ成型です。

ナイトビジョンの本体以外は、部品で組み立てるような箇所はなく、
ほとんどランナーから切り離すだけ
なんですね。

上の茶色い二つのパーツがGPNVG-18。本体部分だけは組み立てが必要です。
しかしコレのレンズパーツのゲートは、もうちょっと気の利いた所につけられなかったのでしょうか…
ゲート跡の処理が結構厄介です。

最左の3パーツはP226に取り付けられるライトユニットで、
ちゃんと226のマウントレールにとりつけることができます。

『与太話』
SIG SAUER は日本ではシグ・ザウエルと表記されることが多いんですが、
英語発音ではスィグ・サワァーだよねぇ?
(ドイツ語圏ならザウアー。)
まぁ、この商品はライセンスを取ってないようでSIG Sauer & Sohn社の表記はどこにもないので
言うだけ無駄ですが~。


とりあえず華さんには、トリガーハンドル握り手があるので、無理やり広げて持たせてみました。
036_20150205204736ae0.jpg034_201502052047355cb.jpg033_20150205204732474.jpg
当然銃を持たせるための手首ではないので、試すときは各自の自己責任でお願いします。
「広がっちゃって戻らないよ~」なんて言っても吾輩はしりませんよ?
当然人差し指はトリガーまで届きませんし!

038_20150206181941b58.jpg
華さん「~~♪ 快感♡」

MITAKEN「…………………………………………。」(返事がない、ただの屍のようだ。)

スライドの可動やマガジンギミックを完全にオミットしているので形状はかなりよく、
ゲート跡やパーティングラインをきっちり処理してあげれば、未塗装でも結構見れます。
何よりも特筆すべきなのは、
スライド後退状態のモデルは ティルトバレル式ショートリコイル機構の特徴である、
銃身が少し上に跳ね上がって見える(実際はバレル後部が下がっている…)さま
再現していることです!
これは銃器のマニアさんたちにはビビビとくるところでしょうね。


040_2015020618194825f.jpg
フラッシュライトを取り付けたP226とナイトビジョン。(ナイトビジョンは両面テープで付けてます。)
ナイトビジョンは、ヘルメットを使用して装着するのが普通なので、
さすがに違和感がありますね。

041_20150206181945c35.jpg
バッテリーユニットなんか もっと違和感が~。(爆笑)
039_20150206181947e32.jpg
なんにせよ、これでまた ガンカタ遊びに熱中できるってもんですよ!



【使用した感想】
個人的にはスライド可動は欲しかったかなーと思いましたが、取捨選択の一つと受け取りました。
形状はどう見てもSIGそのもので、
これまでfigmaに付属してきた銃器より、最限度は高いと感じます。
手元にあるマルイのエアコッキングガン(P228のほう)と比べても問題ない形状ですね。

以上figma五十鈴 華&リトルアーモリーL007でした~。
次回は続けてfigmaのメスゴリラこと草薙素子&L008です。
でわでわ今宵はこれにて…(^ ^)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : figma

2015-02-06 : figma : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR