武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

LEGOレビュー #10223 馬上試合大会

 027_20150311211300934.jpg 

 今回はマーケットヴィレッジと同時に買ったにもかかわらず
 しばらく放置していたキングダムシリーズの10223
 馬上試合大会(Kingdoms Joust)のレビューです。


 いや~映画「ROCK YOU!(原題A Knight's Tale)
 をもう一回見たくなりますね。


商品番号ではこちらのほうが、以前のキャッスルシリーズの
マーケットヴィレッジ(10193)より後なんで。
「キングダムシリーズはキャッスルシリーズの後のシリーズだったのか?」
という疑問がわいたので、ウィキペディアで調べてみたところ…
3年おきで交互に繰り返していました…。ややこしいヨ!
(どおりでキングダムのほうが古かった記憶があるはずだ…、納得ですよ…。)


それではいつもどおりパッケージから
マーケットヴィレッジのときは馬上槍試合という言い方をしていたのですが、
「馬上試合大会」が正式な商品名みたいです。

また、馬上槍試合の呼称は、日本では「ジョスト」と表記されることが多いんですが、
個人的意見では、発音的にはジョウスト、もしくはジャウストと表記するのが合ってる気がします。
このブログに載せている鋼の詩では「ジョウスト」表記でいくつもりです。(いつになるのやら…)
001_201503112127487ee.jpg002_20150311212756223.jpg
箱サイズはいつもの10000番台サイズ…
なんですが…その割にはピース数が少ないような?まぁ定価も少し安かったみたいですけど。

ともかくささっと全景を…。組み立てには時間がかかりますけど、見せるのは一瞬です(笑)
026_20150311214145b7a.jpg
撮影の都合でこじんまりとしてますが、建物の各配置はフリーなので  ある程度自由です。
マーケットヴィレッジの時も思ったけれど、やっぱり地面のシートくらいほしいですね。

003_201503112128008db.jpg004_2015031121280346b.jpg
今回はパーツが少なめだからなのか、説明書は2冊

005_20150311212804876.jpg
しかし!なぜか袋のナンバーは8番まであります。
無駄に細かい!

028_201503112148436f5.jpg029_201503112148491e4.jpg
今回の建物はあまり大きなものはないので、ちょっと見所は少ないですが、
各部の作りこみは10000番台ならではの造型です!



建物の紹介が少なくなりそうなので、フィグの写真を多めにしませう。
006_20150312201052e08.jpg007_20150312201055226.jpg
ミニフィグは多めの9体が付属。
王様の王冠は、近年のレゴでは減りつつあるメッキ仕様で豪華。
それぞれのキャラクターに持たせる小物も充実してますね。
王妃のヅラはティアラがつけられる穴が開いてますので、
フレンズシリーズのアクセサリをつけても面白いかも?

008_2015031220105749b.jpg
ヅラやメットを取ると…。マーケットヴィレッジ同様、一部のフィグだけダブルフェイス仕様。
なぜ一部のフィグだけ こういう仕様になっているのかは謎です。
少なくとも吾輩は「メインである騎士二人をダブルフェイスにするべき」なんじゃないかな~。
と思っちゃいますねぇ。

009_20150312201921ffd.jpg
メインの騎士二人と使用人(?)の子供。
騎士の表情は兜を被ったままだと分からないと思ったので別撮り~。
鎧のデザインも表情も黒騎士の方が強そうですね。バケツヘルムも最高です!

055_201503132038014b6.jpg
それにしてもこの子供は馬の世話係なのでしょうか?
槍試合の参加者(騎士)には従者(旗持ち)やお供がつくのは普通なんですが、
騎士の従者にしては 一人しかいないし、つぎはぎだらけのボロイ服…、
ちょっと貴族に仕えてる者としてはみすぼらしすぎます。教えて詳しい人!

010_20150312201923c13.jpg011_2015031220192552d.jpg
鎧はフィグの胴体にかぶせるタイプ。
中の胴体も細かいプリントが入っていて手抜き感がまったくない!
それにしても、このゴツい鎧はジョウスト用らしくていいですね~。
トーナメントが見世物になっていくにつれ、鎧も専用のものになり、
実戦には使えないものまで登場しちゃうのです。

(重さも40キロを超えてきます…、倒れたら自分で起き上がれません。笑)

アニメのワルキューレロマンツェでは真逆にスカスカで、首回り大丈夫なの!?
と思っちゃいましたからねぇ。(けなしている訳ではありませんよ!)
試合の様式や描写とかは力が入っていたので、余計変に見えてしまった…。

エロ要素を潔くなくして、ストイックなジョウストものにすれば、吾輩ウハウハだったんですが…、
エロゲ原作のアニメにそこまで期待するのも酷ですかねぇ。
それだけ「惜しい」と思ったんです!

012_20150312205226ec4.jpg013_20150312204915f29.jpg
二人の番兵のフィグも同じ表情かと思いきや、ちゃんと違うものになっています。
昔のフィグはみんな同じ顔をしてるのが当たり前だったことを考えると。
ずいぶん細かくなったな~と心底思いますね。


【貴賓席】
016_20150312205354ad7.jpg017_20150312205358774.jpg
完全にこれだけで独立していてどこにもつながってはいません。
チェリーが乗っている金プレートはメッキではなく塗装の金です。
小テーブルにはワインボトルつき。

018_20150312205401e8f.jpg
王様と王妃、仲良く並んで観戦!
それにしても王妃のスカートパーツは、男性より背が高くなるのがネックですね…。(苦笑)


【ティルト】(馬同士がぶつからないように仕切る柵)
019_20150312205403926.jpg020_20150312205405b95.jpg
ジョウストは本来の目的である武術訓練より、見世物としての試合の要素が強くなるにつれ、
ルールやステージが制定されていくのですが、このティルトと呼ばれる柵もそのひとつ。

馬同士がぶつかって死傷者が出ることがあったので、
互いのコースを仕切ってぶつからないようになっていくわけです。しっかりブロックで再現!


【武器テント】
021_20150312211317f42.jpg022_20150312211321873.jpg
初期の槍試合は純粋に勝負だったりもしたので、互いの槍が折れたりすれば、
予備の武器に持ち替えて戦うこともあります。
商品名が馬上試合大会になっているのは、こういうところが原因でしょうか?(笑)


【騎士と馬】
023_20150312211324551.jpg024_20150312211326676.jpg
馬たちもしっかり鎧や装飾が施されています。
実際のジョウストも派手な飾りで飾られ、非常に豪華だったらしいですね。

馬鎧をはずした状態も作れるように、馬の胴体のくぼみを埋める部品もついています。


【ランス】
033_20150312212251982.jpg032_2015031221224907b.jpg
ランスは形状をなるべく再現しようというのか、バンプレート部を組むようになっています。

日本で「ランス」というと、バンプレートと槍本体が一体化した円錐状のものばかりいわれますが、
実際はスピア状のフツーの槍そのままの形状だったり、
スピア状の槍にバンプレートを取り付けたようなものもランスと呼ばれます。

つまり、ランスとは「馬上槍」の事なので、
円錐状の槍のみをランスと呼ぶわけではないのです。
まぁ、これも「鋼の詩」でやりますが~。


025_20150312211327eb6.jpg
そういえば、以前紹介した古いレゴの騎士は、
パッケージにてランスの先端に旗をつけて立ててましたね。
LEGO6080.jpg 
日本ではランスの先に旗がついているシーンなんてほとんど描写されませんが、
あの表現もちゃんと正しいんですよ!
(実際はホルスター状のカバーに旗がついてるんですけどね。)


【ゲート(?)】
014_20150313200225b9a.jpg015_20150313200232f2a.jpg
メインである一番大きな建物です。…が、これはなんと呼べばいいんでしょうかね?
城というよりは、橋でつながれた双塔とか、凱旋門に近い気がします。

054_201503132002406b7.jpg053_20150313200239655.jpg
左右対称のようでいて、微妙に違っています。

043_201503132002350e5.jpg
一応子供向けなので、裏側の壁はあいた書割構造~。
ここはちょっと大人としては萎える部分です。
しかし!
002抜き 
同じものを二個買いすることにより、はりあわせて裏側を埋めることができます。
(パッケージ箱の一部に堂々と載ってます。)
ってか、こっちが本来の姿!?

040_201503132010015d4.jpg041_201503132010027d3.jpg
両翼の建物は蝶番パーツで可動。
ペグパーツでつながっているだけなので引っこ抜くことができます。
というか…、どんどん継ぎ足せます…。

042_20150313200955974.jpg
ちなみに屋根パーツはこういう構造でついています。


【正面向かって右側の塔 内部】
ドアのある1階部分はタイルが張られているだけで何もありません。
2階からは、何かしら小物が置かれています。

右の塔2階(ステンドグラスがある部屋)は、聖書らしき本が置かれています。
039_20150313203800a47.jpg
044_2015031320155972b.jpg045_201503132016033ee.jpg
やや軟質パーツの本は開くことができます。
形状は本ですが、中が空洞なのでなんとなくカバンっぽい。

046_201503132016065c1.jpg
右の塔三階は テーブルがひとつ。隣は橋部分の通路になっていますね。

047_20150313201609c64.jpg
このテーブル。脚の部分に茶色の蛙パーツをうまく使っていて
「ナイスアイデア!」と思わず言ってしまいそうになります。

048_20150313201610e75.jpg
最上階は屋根裏部屋ですのでさすがに何もありません。

049_2015031320244683c.jpg
橋の通路部分は柱があるのみ、しかし狭い通路ですね~。
二個買いで張り合わせると。おそらく柱が邪魔なので取っ払いたくなりますね。


【正面向かって左側の塔 内部】
050_20150313202450f64.jpg
左の塔二階部分。バルコニー状に少し張り出した部分がありますね。
少ないながらもパーツの効果的使い方でうまく家具を再現しています。

038_2015031320375844c.jpg
緑の貴婦人さんはここに配置するのですが、この人…何で蛙を持ってるの!?(ペット?)
当方が勝手に持たせてるのではなく、説明書どおりです!

051_201503132024529de.jpg
左の塔三階。小ぶりの化粧台らしき家具と椅子があります。
それにしても階段も梯子もないのにどうやって移動するんでしょ?(だからそこ突っ込むな!)

最上階は屋根裏部屋なので何もない…と思いきや!
052_20150313202453f21.jpg
ネズミがチーズ持ち込んでる!こういうセンスがたまらないのです。




【それでは恒例の寸劇を…】
027_20150311211300934.jpg
騎士が互いににらみ合う… そして…行った~~~!

031_20150313203712f86.jpg
バカラッ、バカラッ、バカラッ、ドキャッ!
おっと、これはどうなった~!? 拡大スローで見てみましょう(笑)

030_20150313203708a18.jpg
これは…、見事に決まっていますね~。赤騎士の勝利か~!?

037_20150313203751be8.jpg
王妃「ちょいとお待ち!
    槍の勝負だけでは 真の強さはわからなくてよ!
                 次は別の武器で勝負なさい!」


034_20150313203717053.jpg
王妃様の一声で、騎士たちは武器を持ち替え再戦です。
赤騎士にとっては迷惑ですが、黒騎士にとっては挽回のチャンス!

035_20150313203718ecb.jpg
ガキィイイン!互いの武器が激しくぶち当たります。

037_20150313203751be8.jpg
王妃「そこ~~! やっておしまいなさい!」
どうも王妃は黒騎士をヒイキにしているようです。

すると、赤騎士のモーニングスターが、黒騎士のバトルアックスに絡まってしまいました。
馬の脚も止まります。すかさず黒騎士は下馬し、剣に持ち替えます。
赤騎士もすばやくこれに対応。
036_20150313203720749.jpg
地上戦の始まりだぁ!

とまぁ、こういう風に遊ぶわけですね。(勝敗つけてやれよ!)

【総評】
一応は満足ですが、どうも二個買いの状態が本来の姿っぽくて、
10000番台としてはちょっと物足りなさを感じます。

子供の使用人も二個買いなら二人いることになり、
旗持ち従者として使うこともできるでしょう。

しかし騎士たちのプリントや武器、馬鎧などはしっかりしており手抜き感はありませんね。
何よりミニフィグが9体と多めなので、ミニフィグ好きにはうれしいセットでしょう。

印象としては、10000番台の大型セットではあるものの、
どちらかというと普段どおりの子供向けセットの豪華版といった感じです。

まぁ、吾輩は中世もの大好きなんで喜んで遊びますがね~。
以上「馬上試合大会」のレビューでした~。

最後に今回のあまり部品~。
056_20150313203802127.jpg
袋の番号が8番まであるということは…、
各番号ごとにひとつずつ余る部品が大量に発生するということで…こうなります。
(左から順に1番~8番になってます。)

二個買いして合体させる時は、
あまったペグ(5,6番目一番上の黒いソケット)パーツを使えってことなんでしょうね。

次回は鋼の歌三話と行きたいですけど…。
MP スターセイバーが間に合うかな?



【オマケ】
ジュリエット(蝶)「二ヶ月連続で13日の金曜日なのだ~!」 ヴィィィィィィ!
MITAKEN「おっと、そうはいきませんよ!」ガキィイん!

「うぬ?MITAちんもチェーンソー!? 相手にとって不足はないのだ~~!」
「よっしゃ、西洋騎士のごとく決闘といこうではないか!」
ガキ キャキャキャ!激しく火花を散らす)

 リマ「二人とも『ちぇーんそー』を振り回さな…でくださ…
ばきぃぃぃん!
(チェーン刃が切れた)

「キャ~~~~~!」 
バラバラバラッ(飛び散る刃が間一髪で脇を飛んでく)

「ぜはぁ、はぁ、はぁ…。」 (冷や汗だらだら)

その後、二人はリマさんにこってりしぼられましたとさ…。
リマ「ったく…西洋侍の決闘を真似ないでくださいよ!」
MITAKEN「リマさんが焦る姿、始めてみた気がするよ…。」

でわでわ…(^ ^)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : LEGO

2015-03-13 : LEGO レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。