武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

figmaレビュー ~ソードアート・オンラインⅡ シノン編~

038_20150417182214826.jpg 


 今回はfigmaシノンのレビューと行きませう。 

 あの変な衣装をどう再現してくるのか…
 とか色々興味はつきなかったです。

 け、けしてヘカートⅡ目当てじゃないよ!
 (大嘘)

 
まずはいつもどおりパッケージから。
001_201504171831282a5.jpg002_20150417183139e87.jpg
箱の色はなぜか明るい黄緑色。
てっきり衣装の色に合わせてくると思ってたんですが、予想が外れました。

003_20150417183142af0.jpg
中敷はちょっとメタリック気味の薄い緑。この色味…なんと呼べばいいんでしょうねぇ。

004_20150417183142e8d.jpg
ブリスターは二段。
付属品はさほど多くないですが、もともとシノンの所持品なんてこれくらいなので
特に不満はないです。



【付属品一覧】(例によって標準装備の台座スタンド、収納袋は省いてます。)
005_201504171831356ff.jpg
左側から【ヘカートⅡ本体】、右へ移り【交換用バイポッド】、その下【交換用ストック】
右へ…【交換用顔2種(食いしばり顔{左視線}、頬染め笑顔{右視線})】、その下、【交換用後頭部】
更に下、【拳銃用発砲エフェクト】、【拳銃(グロック18Cロングマガジン)】
更に下、【スタンド用アタッチメント】、【予備手首ジョイント】
右へ…【交換用手首8種(ライフル支え左手、指差し右手、掴み手左右、銃持ち手左右、平手左右)】
最後に【インスト(説明書)】

ヘカートⅡ以外は小物が中心なのでボリュウム的には少し物足りない感じ。


詳しくはインストをどうぞ~。裏面英語が標準になって以来 読みづらいとは思いますけど…
007_2015041718534704c.jpg006_2015041718533945c.jpg



【本体】
まずは毎度のとおり準備。
マフラー先端は一本一本ビニールでカバーされていますので
さっさと取りましょう。
008_20150417185352893.jpg

009_20150417185352672.jpg
マフラーつきのキャラなせいでしょうか、首周りは結構厳重です。

010_20150417185813055.jpg011_2015041718582465f.jpg012_2015041718582800c.jpg013_20150417185828570.jpg
太ももサイドがカバーされているので、
印象的にはあまり露出度の高い衣装ではないように見えるのですが、
実際はローライズの短パンで、腰の横も穴あきという意外とセクシ~な衣装だったりします。

しっかし、これはオマタの部分はどうなっているのか、短パンを脱がしたくなる衣装ですね~。
このフィギュアではジョイントが出てくるだけですけど!

014_20150417185820dad.jpg015_20150417200739cfa.jpg
手首はグーがデフォルト。
当方的にシノンのイメージは「カッコいい系」であり、かわいい系ではないという認識なので、
この凛々しい表情はいいですね~。



【可動性】
016_20150417200751c8f.jpg
首周りはマフラーのせいでちょっと限定的
特にマフラー状態でうつむかせるのは難しいです。
しかし髪型は短いほうなので取りはずせばかなり自由になります。

胸はおぱ-い下部分で分割されているので、
写真ではほとんど継ぎ目がないように見えますが、
ある程度ねじったり前後へ傾けることができます。

腕も長袖キャラなので少し限定的
上着部分が軟質樹脂なのである程度上げることはできますが、写真が限度です。
ヒジも写真位が限度、これはほとんどの長袖figmaと同等といえます。

045_201504182056489c2.jpg
手首は折り返された袖口があるので深くは曲げられないですが、
ジョイントがver.2.0仕様なので結構表情付けは豊かです。
狙撃キャラなのでもうちょっと自由だとよかったんですけどねぇ。

017_20150417200748d43.jpg
下半身、腰はパンツラインで可動
驚くべきは この腰のベルトからスパッツ状のズボンへつつながるモモ部分。
軟質パーツにより、ここまでねじっても大丈夫です!
(やりすぎは破損につながるので無理しちゃだめよ~。)

ひざや足首は標準的ですね。
残念だったのは、首や首のジョイントがver2.0仕様なのに、
足のつま先には可動部がないのです。



【付属品で遊んでみよう!】
018_201504172130190a7.jpg
拳銃を持たせてみる。
原作小説ではMP7というPDW(サブマシンガン)なんですが、
なぜかアニメではグロック18Cに変更されています。
よってfigmaにはグロックが付属。フルオートで撃てる銃なのでロングマガジンをつけてるんですね。

このグロック…スケール的にちょっと小さい気がします…。
リトルアーモリーシリーズみたいな精巧さは求めてませんが、
大きさは銃の印象につながるのであまり小さくしてほしくないなぁ。

019_201504172130349fe.jpg
食いしばり顔に交換。
左手首もライフル構え版にして、マガジン交換!的絵にしてみました。
(銃自体にマガジンをはずすギミックはありません。)

020_201504172130359fd.jpg
発砲エフェクト使用。
食いしばり顔は左視線のみなのでこちら側にしか使えない~。

048_201504182041287f9.jpg
説明書には書いてないんですけど、
お尻のベルト部分にグロックをぶっさせます。
それにしてもすばらしいスキマだ!
いや~この衣装のおパンツってどうなっているのか…ホント知りたいね!




ここで差し替え後頭部の説明を…。
021_20150417213033730.jpg
023_201504172143211ff.jpg022_20150417213025414.jpg
一見同じようなパーツに見えるのですが、交換用は後ろ髪の部分が欠けていて、
大きくそらせることができるようになっています。目一杯後ろに反らせてみると違いが一目瞭然!
(上下どの写真も左が通常のもの、右が可動部を大きく取られた差し替え後頭部。)

024_201504172143314ef.jpg
実際につけて仰向きにするとこんな感じ。
このままでは違和感爆発ですが、首の下が見えないアングルで見れば気にならなくなります。

025_20150417214334721.jpg
たとえばこんなふうに! カッコいい!

026_2015041721432643c.jpg
それでは本命のウルティマラティオ ヘカートⅡを持たせてみましょう♪

このPGM ウルティマラティオ へカートⅡというアンチマテリアルライフルは
どマイナーな銃なので吾輩もよく知らないんですよね。

メーカーはフランスのPGMプレシジョン社。
最初はFN社のFNブランドで販売されていたそうなんですが、
ぜんぜん聞いたことないや。(笑)

しかし使用する弾はあのM2重機関銃やM82バレットと同じ{.50BMG(12.7×99mm)}といえば、
その威力も想像できるってもんですね。

027_201504172143359bc.jpg
あまりリアリティはないですが、スリングがついているので
肩に担いだように見せることはできます。 あまり自然じゃないのでお勧めはしませんけど。

028_20150418194921438.jpg
ストック部とバイポッドはデフォルトで外せます。
スリングは結構邪魔なので、外しちゃう方が個人的にはおススめ。

029_20150418194928c90.jpg
ストックとバイポッドが外せるのは、差し替えることができるからなんですね。

030_20150418194930199.jpg
しかしデフォルトでついているストックも支柱を差し替えて立てることができます。
「交換ストックパーツの意味ってなに?」と、最初は思ったのですが、
よく見ると差し替えのストックは少し短くデフォルメされており、
フィギュアに射撃体勢をとらせる時に使うものなんだと理解しました。

ちなみにウチのヘカートⅡ…銃身部がねじれてついてマス…。
要するにハズレ固体です。(マズルブレーキが斜めになっとる…。)
031_20150418194933a8a.jpg
うまく剥がして再接着できるかな…コレ。

033_20150418203121d65.jpg032_20150418203117a98.jpg
ストック部は差し替え位置を変えることによって伸縮を再現できます。
ただし、射撃体勢用の交換ストックは伸縮再現できません!

034_20150418203124838.jpg
ヘカートⅡ単体で撮影。ストックは伸ばした状態を選択。
マズルブレーキが無駄にでかいですね~。
バレットと違い、いかにもスナイパーライフルっていう感じの形状がいい感じ。
(ボルトアクションなので…)

036_201504182031263d0.jpg
037_2015041820312782f.jpg
038_20150417182214826.jpg
隣にスポッターがほしくなる状態ですな~。

039_201504182041185ea.jpg
またもや白いゴキブリがカサカサカサ…。

040_20150418204122bd9.jpg
シノン「ええい、ウザッ!」 メキャッ!

042_20150418204126122.jpg
腰ダメで持たせてみた。 もともとこんな風に使う武器じゃないんでしょーけど…。
タァーーーーーーーーーーーーーン!


043_20150418204127017.jpg
バスッ! (ナイスキル!)

044_20150418205645993.jpg
なのがこの人差し指と親指を立てた右手首。
付属品一覧の解説では「指差し右手」と表記しましたが、
指差し手首にしては 親指がやけに立っているので不自然です。

最初はヘカートⅡの射撃してない時用(トリガーに指をかないもち手)かとも思ったんですが、
残り三指は完全に握りこんでいるので、何かを持たせることができません。
ちなみにパッケージにはコレを使用している写真はありません!

ええい…こうなったら。
047_201504182056508be.jpg
「あなたのハートを狙い撃ち♡」
みたいなシュチュで撮ってみる。

リマ(忍)「いい年して何やってるんですか!」
MITAKEN「楽しんでいると言いたまへ!」

パシャ! (シャッター音)
ジュリエット(蝶)「楽しんでいるMITAちんを全世界に拡散ーーーッ!」
MITAKEN「やめてぇぇぇ!」


【総評】
衣装のせいもあるんでしょうけど、可動的には少し狭い印象を受けます。
何気にマフラーの根元に極小のジョイントを使っているので、色々と表情がつけられて楽しいですね。
マフラーのたなびきで 動きを表現できるのはグッドでした。

交換用後頭部が 一見ほとんど違いがないように見えるのに、
驚くほど効果があるのもいいですね。

そしてヘカートⅡというマイナー銃の1/12モデル!コレだけでも価値はあるかと…
ま、細かいことを言えば、ヘカートの造形自体はあまり精巧とはいえないかもしれません。
ただし、リトルアーモリーシリーズが出始めてからは 当方の見る目が結構厳しくなっているので、
気にしなければ十分できはいいですよ~。

感じた不満点はつま先の可動がないこと。
彼女は走るシーンも結構多いのでつま先の表情付けができるとよかったです。

総合的にはいつもの手堅い出来、と言っていいですね。


さて、彼女は単体でいるより、キリトと一緒のほうが楽しいキャラなので
キリコちゃん(キリトのGGOアバターの俗称)が出るのが今から楽しみです。
本当はリトルアーモリーのMP7A1もあわせて紹介できるとよかったんですけど、
まだ組み立ててないのでキリコちゃんの時にでもやるとしませう。

以上figmaシノンのレビューでした~。
次回は連続figmaで艦これ 長門になると思います。予定は未定~。
でわでわ、(^ ^)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : figma

2015-04-18 : figma : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR