武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

特別塗装機コレクション

068_20150514204029b88.jpg 019_20150514204054e39.jpg 
中部日本でも気温は暑いくらいになりましたので、模型がいじれます。 
ということで、今回はエフトイズの特別塗装機コレクションといきませう。

基本的には
これまでに発売したモデルに特別なマーキングデカールをセットした
ていのいい再販品ですが、
一部の機種のデカールにカルトグラフ製のものが使われている
という気合の入ったものになっています。

エフトイズはたまに突拍子もないことをやりだすので、
こちらも意表を突かれますね。

今でこそ、艦これモデルのおかげで 萌とは無縁というイメージはないですが、
艦これモデルがなかった2013年半ばまでは、淡々とメカ系食玩を出しているメーカーで
当方は勝手に「硬派メーカー」だと思っていました。
そこに2013年11月突如痛いヘリが登場したのです!

いつもどおりパッケージから。
001_201505142051522bc.jpg
外箱はシンプルにモノクロなんですが…、開けると
これまでのエフトイズ商品とはまるで雰囲気のそぐわない内箱が出てきます。

002_20150514205159d6f.jpg
カラフル!っというか何じゃこの吾輩好みの箱は!
一瞬買った商品が何だったのか忘れそうになります。
そして、なんと今回はお菓子(ガム)が入っていません!
厳密には食玩ではないのです。


せっかくなのでアップアップ!
003_20150514205203183.jpg004_20150514205204b67.jpg
吾輩も毎回購読しているMC☆あくしずでおなじみの藤沢 孝 氏が描く娘がドーンと…

種類は写真の6種のみでシークレットはありません。

機種は対戦車ヘリと戦闘機、支援戦闘機と年代も含めてチャンポン。
共通するのはすべて自衛隊機というところですね。
ちなみにAH-1SとF-1の2種ずつがダブりF-15Jの2種はダブりなしです。

すべてのマーキングにカルトグラフ製デカ-ルが使われているわけではなく、
AH-1Sの2種と、F-15JのAパターン(梅と富士山のやつ)のみです。

009_20150514211117fd3.jpg
中身はこんな感じになっています。

今回は特別なためか、説明書には組み立てとデカールの指示のみで、
機体の解説などはなく、読みごたえがありません。
裏面も真っ白です。↓
006_20150514211120a88.jpg


今回はすでに紹介している機種ばかりということもあり、
解説は控え 写真を多めにしてみました。



【AH-1S】
まずはAパターン。
東部方面航空隊 第4対戦車ヘリコプター隊20周年記念塗装機
                                    (木更津航空祭2012年)
(スキッドにゆがみがあるのか、尻餅をつくのでレゴのタイヤで支えてます。)
011_201505142116256c4.jpg012_201505142116382ef.jpg013_20150514211637f23.jpg014_201505142116306fb.jpg015_2015051421164227f.jpg016_201505142122237f7.jpg017_20150514212232eea.jpg
武装の類は見やすくするため外しています。
武装状態のAH-1Sは、同じ144博物館内のヘリボーンコレクション5へどうぞ~。

019_20150514204054e39.jpg
今回の目玉はなんと言っても彼女なのでアップアップ!
デカールの数が多く、小ささと裏腹に 貼るのにものすごい時間がかかります。
しっかし、さすがカルトグラフ製!薄いのに丈夫ですね。

018_2015051421223562d.jpg
薄くて丈夫なカルトグラフ製でも手こずったのがこの機首のデカール
マークセッターでやわらかくなっているはずなのに なかなか曲がらず、
終いには折れて千切れました…orz 上手くつないでますが、よく見ると切れてます。



Bパターン。
東部方面航空隊 第4対戦車ヘリコプター隊20周年記念塗装機
                                    (木更津航空祭2011年)
要はAパターンの前年の塗装です。
020_201505142139042ac.jpg021_201505142139159a5.jpg022_2015051421391618d.jpg023_20150514213909b69.jpg024_20150514213920a9f.jpg025_20150514214107a28.jpg026_201505142141094f8.jpg
さすがに言われないと「おなのこ」がいるのに気がつかないかも?

027_20150514214101119.jpg
Aパターンの前年の記念塗装をモデル化したもので、「おなのこ」は少し小さいです。
この年 入れてみたら好評だったので、翌年はっちゃけちゃった!てところでしょうか?

010_20150514214057951.jpg
実機は左側のみの塗装なので、それに倣っていますが、
デカール自体は、反対面のものもついていますので、
両面痛ヘリ仕様にもできます。

005_201505142111109bd.jpg
見てのとおり、純粋に組み立てとデカールの指示のみです。
毎回買っている吾輩はいいですが、今回これのみを買った人は
機体のことがよくわからないままの人も出てくるんじゃない!?



【F-15J】
Aパターン
第7航空団 第305飛行隊
航空自衛隊50周年記念塗装機
(2004年)
萌なんかいらないという硬派君にはこちらが本命となるでしょう。
吾輩もこれはダブりがほしかった…。
028_20150514214642d1d.jpg029_20150514214653da2.jpg030_20150514214655e19.jpg031_201505142146464ca.jpg032_201505142146585a4.jpg065_201505142149406de.jpg066_20150514214932b32.jpg
白色の部分はあらかじめ機体に塗られています。
デカールは透明の地に梅と山の絵が入っている感じですね。
ダブリがないので、台紙状態が見せられなくてすみません~。

034_20150514214940c63.jpg
う~む「和」ですなぁ~。
普段はこんな大きな面積のデカールを貼ることがないので、
貼り付けには少々てこずりました。
エンジンナセルの谷間部分は、デカールがちょっと浮いてます…(^ ^;)

033_201505142149284df.jpg
ヘリのほうは通常のものと変わらないので裏面を撮りませんでしたが、
飛行機は今回ランディングギアをしまった状態を組んでみたので撮りました。

035_20150515185903da9.jpg036_201505151859129ad.jpg
スタンドを取り付けると、ドロップタンクはつけられないので別撮り。
これもタンク自体は白く塗装されていて、デカールは模様以外透明の地です。



Bパターン。
第303飛行隊 2002年戦競機
037_201505151859162a4.jpg038_20150515185916614.jpg039_20150515185910700.jpg040_20150515190517f52.jpg041_20150515190521842.jpg063_20150515190528eec.jpg064_2015051519052992b.jpg
当地方の準地元である小松の303飛行隊の機体です。
機首やインテイク左にもわずかにありますが、基本は垂直安定板の波マークがメイン。
背中とかにマーキングはありません。

001 (2)
この機体のデカールはカルトグラフ製ではないのですが、
絵柄的に見劣りするということはないです。
ちなみにこの波デカール…、貼り付けると垂直安定版を外せなくなります…。
ドロップタンクには特に何も貼られないので別撮りしてません。

042_20150515190525f56.jpg
こちらも裏面を撮りましたけど…。フツーだ…意味なかった!?
F-15Jは付属品がドロップタンクのみで、武装はもとから付いていません。

007_2015051519111910a.jpg
とにかくこのAパターンのやつは 貼り付け難度が高く、予備がほしかったですね。



【F-1】
Aパターン
第3航空団 第3飛行隊
ラストフライト特別塗装機

043_20150515200010556.jpg044_20150515200020c10.jpg045_201505152000238e1.jpg046_20150515200024444.jpg047_2015051520001693a.jpg048_201505152004152e4.jpg049_20150515200419561.jpg
非常に目立つ赤い稲妻。
このラインの位置決めが結構難しく、少々ずれてるのですが…
吾輩がモデラーではない、ド素人ということで勘弁してください~。

060_201505152004244e3.jpg061_20150515200426b96.jpg
こうしてみると、エンジンノズルのはめ込みがズレてますね~。
削って微調整するべきだったかな?

062_2015051520141010a.jpg
見事にズレている証拠写真~。カッコ悪いね!

050_20150515200423c8a.jpg
裏面は日の丸以外に特別貼るようなマークはありませんでした。
それにしても好みの形だ…。



Bパターン。
第8航空団 第6飛行隊
航空自衛隊40周年記念塗装機
(1994年)
051_2015051520192429b.jpg052_20150515201928373.jpg053_20150515201932710.jpg054_20150515201935b02.jpg055_201505152019355d0.jpg056_20150515202150433.jpg057_2015051520215588b.jpg
こちらもBパターンは 垂直安定版のみ目立つマーキングとなっています。
それ以外は標準のF-1支援戦闘機用迷彩のようですね。

059_20150515202200a6f.jpg
日本列島を、2機のF-1 が周回している…そんな図柄ですね。
ちなみにこれも 黄色地は塗装で入っていて、デカールは透明の地に黒模様となっています。

058_201505152021589c7.jpg
ここまでくると、撮る意味はなくとも載せねばなるまい!
せっかくのギア収納状態ですし~。

008_2015051520291592e.jpg
う~む、さびしい…。やっぱり読む所がないとつまらないですね~。



【全員集合】
今回はかつて紹介している機体ばかりということで、
サイズ比較はオミットし、全機集合させて撮りました。
067_20150515202202af9.jpg
やっぱりこの「梅富士」はインパクトありますね~。
これだけサイズが小さいのにしっかりしています。



【総評】
組み立てに対する評価は以前のものに任せまして、
主にマーキングやデカールについて…。

まず、全部がカルトグラフ製じゃない点については、
人によってガッカリポイントだと思いますが、
当方は適材適所な使い方をしてるなと思いました。

たぶん当方的に、これが初のカルトグラフ製だと記憶しているのですが、
普通のメーカーが出しているデカールと何が違うのかと申しますと、
厚みが薄い点が一番わかりやすいです。
それでいてマークセッターベタ塗りにも結構耐えるので、
ここはさすが有名なだけはあるなと感じました。
AH-1S Aパターンの機首部分だけはどうにもなりませんでしたけど…。


ただし、薄いということは、それだけ貼り付け難易度が上がるということでもあります。
めくれ折れてくっつくと、薄いだけあって戻すのがかなり厄介…
F-15JAパターンの梅富士は面積も広く、非常に手ごわかったです。
ドロップタンクの部分などは、ほぼ全面デカールで覆うような感じになるので、
シワが出来まくりですよ!(あんまり写真を拡大しないでください…。)

何より個人的に残念なのは、ガムがついていない…orz
いや~会社で昼食後、歯磨き代わりにガムをかんでいるもので…^ ^;
ついていると嬉しいのですよ。(ホントに個人的な理由だな…。)

スタンドはいつもの1/144WORK SHOP標準のものがついているんですが、
うちの個体は、F-1の中のひとつだけひん曲がった不良品が入ってましたので ご報告。
069_20150515202917409.jpg

説明書が面白くないなど不満点がないわけではないのですけど、
デカールの品質も、出来もよいので満足です。



今回は全6種を作成したので、デカールの数が多いのとあわせ、
いつもの3倍以上時間がかかりました。

現在、第二弾も昨年秋2014年11月に出ているので今年中に紹介したいですね。
その前にヘリボーン6をやらねば…特別塗装機でOH-1を紹介する羽目になる~。


でもって次回も続けて144ものですが、第2弾のほうではなく
ウイングキット7と行きませう。でわでわ(^ ^)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

2015-05-15 : 現用飛行機 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR