武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

TFユナイトウォリアーズ UW-02 メナゾール その2

033_20150917194822c4d.jpg  


 今回は予告どおり
 メナゾールのレビュー第二弾合体編です。

 巷でもいろいろ言われたりしてますが、
 どうしてこうなっちゃったの?と思う箇所がいくつか…
 う~む…擁護しきれなひ。



 四の五の言わずにさっそく合体の準備から…。
腕組の二人はスペリオン同様、やはりロボットモードから変形させるのがいいですね。
001_20150917194829dae.jpg
ドラッグストライプの腕を、上で合わせるようにする手順が面白いです。
それにしてもドラッグストライプ側のメナゾール下腕部は車体の裏面なのに、
デッドエンドのほうはルーフ面なのが、デザイン的にあまり統一感がとられてない気がして
イマイチです。(あくまで個人的感想です。)

002_20150917194831efc.jpg
足組みの二人はやはりビークルモードからの変形がしやすいです。
両者とも手順が、フロントウインドウをめくってフロント部を折り曲げるだけ。

今回の四人はエアーボットの四人と違い、合体ジョイントと各個人の頭部が連結していないので、
みんな同じ変形をしている感じがあまりしませんね。


そして胴体のモーターマスター。
シルバーボルトもやったので、今回も個別にお約束!
それではみなさんごいっしょに!
トランスフォ~~~~ム!ギゴガゴ…
003_20150917200443660.jpg004_20150917200454b3f.jpg005_201509172004580a4.jpg006_20150917200458595.jpg007_2015091720045014e.jpg008_20150917200721a30.jpg
シルバーボルトとは違い、あまり大きな驚きはありませんが、
厚みのあるボリュウム感たっぷりの胴体になります。
まぁ、この厚い胸板、中身が空っぽの箱状なんですが…。(笑)

しかし…最も気になるのは頭部!
前回の冒頭でももらしましたが、一定の年齢の方にはすぐわかっていただける
キン肉マンのキャラクターのひとり『バッファローマン』のようなデザインです。
正直G1玩具とも、アニメ版ともあまり似ておらず(しいて言えば似てるのはアニメ版ですが)
個人的にはカッコいいとも思えません。角が曲がっているのが致命的。

G1玩具の角が曲がっていたからこうしたのかもしれませんが、
アニメ版の角の位置でこの曲げ方をしたらそりゃバッファローマンになっちゃうでしょ!
角を曲げるんだったら額に持っていかなきゃ!


スペリオンは結構G1玩具に似ていたと思うのですが、
こちらは なぜこんな変なアレンジを入れたのか疑問符でいっぱいです。

しかもこの頭部が胴のボリュウムに対して小さく、迫力負けをしてるように感じます。
実際スペリオンと比べると頭部が小さいですし…。


とまぁ、ひとしきり文句(失礼…)を言ったらスッキリしたので合体です!
009_201509172007334fa.jpg011_20150917200736cf7.jpg
合体方法はスペリオンと同じくジョイントをかませるようにはめ込み奥まで押し込みます。(青丸部)
手首は単純に5ミリジョイントで取り付け。

012_20150917200726bbd.jpg013_2015091720073742d.jpg
足のほうも同様です。
スペリオンもそうでしたが、足となるキャラクターの裏表がG1とは逆なんですよね。
G1玩具ではビークルの腹側が前になっていました。



【スタントロン合体兵士誕生】
014_20150917203650f3c.jpg
合体兵士メナゾールの誕生です。
エアーボットと違い手足組みが横に広いので、
胴体のマッシブさに加え、さらに力強さが増した感じがします。

逆に言えば、スペリオンの時にも指摘していた足首の小ささが
今回はトホホなまでに貧弱に…。
やっぱりこのパーツ…アイデア自体は悪くないんですが、
これですべての合体戦士の足首を担わせようとするには大きさに問題があると思います。

015_20150917203704a99.jpg016_20150917203703490.jpg
腰周りが少し寂しい感じがしただけのスペリオンに対し、
このメナゾールはウエスト部分がペラペラの1パーツで隠しているだけで乏しく、
胸から直接脚が生えているかのような印象がどうしても付きまといますね。

ただし、胴体の肩周りや、ビークルが車である手足連中のボリュウムのおかげで、
悪役らしい力強さは感じられ、この独特の体型はクリーチャーっぽくもあり、
個人的に嫌いではないですね。

武器はモーターマスターの武器を組み合わせた剣で、ここは素直にカッコいいです。
スペリオンとはちがい、手足四人の武器の取り付けは特に指示されていないので、
お好きなところへ~ってことなんでしょうか?
パッケ写真裏面では肩部分にマフラー状の武器を取り付けてますけど…。



【合体時可動性】
さて、これまでのイチャモン(コラ)は主に「見た目の問題」で済みましたが、
ここから先はちょっと玩具としては問題ありの看過出来ない欠点がいくつかありますので、
ぶった切りぎみになってしまうことをご了承ください。
017_201509172037049da.jpg
可動性としてはスペリオン同様どころか、腰の回転軸が加わり上回ってすらいます。

開脚は関節の開き限界のせいで、モーターマスターの股関節は180度開いた状態でも
メナゾールとしての股関節開脚は左右合わせて90度開かないということになります。
ま、180度開脚なんてまずしませんからここを欠点としてあげつらうのは少々酷でしょう。

手足の可動は基本スペリオンと同じです。手足の幅が広いことで多少動かしづらい面はありますが、
動かしにくいだけなのでさほど大きな問題ではないでしょう。

問題は股関節!
あちこちでいわれてますが クリックがあまり効果がなく、剛性感が完全にスペリオンに負けてます。
(動かしてみるとそこまで弱い感じはしないですが、支えてくれなければ意味を成しません。)
023_20150917203706596.jpg
よってこの写真のように足を開いた状態で立たせるという事が非常に困難です。
(何とかバランスをとってこの程度。)
足首に開きに追従できる可動部がないこともあり、
片足立ちのハイキックなんて無理無理!


クリックが効いているのにあまり効果がないのは何で?
当方はこういう結論を出しました。それは重心バランス!
020_201509172125305e5.jpg
まずこの写真を見てもらいましょう。腕をはずして、横から撮ったものです。
青丸の部分に注目!ここが合体ジョイントです。
あきらかに背中側によってますよね?
ここに腕キャラクターの全重量がかかるわけです。
当然重心はますます背中側へ寄り、後ろ側へと力がかかります。

019_20150917211714ead.jpg
腕を単純につけるとこんな感じ。
これを撮影した時は奇跡的にクリックが耐えてくれたので何とか倒れずにいます。
(つまりクリック関節もぜんぜん効いてない訳じゃない。

撮影時何度も後ろへ倒れそうになるので、この写真以外は大体
ひじを曲げさせて、下腕部を前へ出すようにしています。

そうしないと基本立たないんですよ!


そして重心以外にも遊ぶのに問題がある点も2箇所あります!

ひとつはこの肩のジョイント付け根にあたるこのシルバーの部分。
青丸のピンが、青矢印の溝にはまっているだけなので、腕を動かそうとするとすぐ取れます。
これが地味にストレス。
021_20150917211718792.jpg022_201509172117111ec.jpg


もうひとつはやはり足回り。
メナゾールのももを構成するこの部分は、モーターマスターのひざをやや曲げて、
青丸同士のピンと穴をはめ込んで
青矢印の『クリックがない』モーターマスターひざ関節を固定するのですが、
これが弱くすぐ外れます。しかもこの部分は、
メナゾールがガニ股となってかっこ悪くしている原因の部分でもあるので
なぜこのような設計なのか?が乱舞します。
018_201509172117044ad.jpg


注意すべきポイントはほとんどモーターマスターに集中していて、
これはモーターマスターの設計ミスというか開発段階で洗い出されるべき問題が
無視されて製品化されているのでわ?と勘ぐってしまいますね。



【スペリオンと絡めてみよう!】
もともとライバル関係のキャラクターですから組み合わせて遊ばない手はありません。
026_20150918200735767.jpg
TFといえば銃を持っているのにとたんに始まる肉弾戦!
へっぽこスペリオンなぞ叩き潰してしまえ~!

027_20150918200735f9e.jpg
大きさを比較するとこんな感じ。(先の重心問題によってメナゾールの腕は前に出し気味にしてます)
メナゾールの脚が如何に長くてガニ股になっているのかがよくわかります。
背丈はちょっとだけメナゾールのほうが高いですね。



【スクランブル合体!】
当然この商品もスペリオン同様、スクランブル合体ができること前提に設計されています。
前回同様対角線状に入れ替え~。
024_201509182007250bf.jpg
ドラッグストライプだけ形状が箱車ではないためちょっとだけ変形手順が違いますね。
デッドエンドとワイルドライダーはリデコ関係なのでやることは一緒です。(笑)

025_201509182007333d9.jpg
今回のメナゾールは、スペリオンと違って、皆形状が似てるので形の印象はほとんど変わりません。
ただ、白いブレークダウンの腕パターンのみ、説明書どおりに変形させるとヒジになる可動部が
横を向いた形がデフォルトなのが謎です。(理由を教えてタカラトミーさん!)



【敵相手でも入れ替えられるぞ!】
というわけでスペリオンの時にはできなかったスワップ合体にチャレンジ!
030_20150918203207ceb.jpg
通常の組み合わせ状態から、左側の手足を入れ替えてみました。
形状がぜんぜん違うのでさすがに印象がガラリと変わります。
全部入れ替えるとスリムなメナゾールとムキムキなスペリオンができちゃいますね!

それにしても今更気づきましたが、
このシリーズ…全部の手足キャラの長さを設計段階で統一してるってことですよね?
(腕状態はあまり統一されてないみたいだけど。)
いったいいくつの商品を同時に造ってるんだか…。



【スペリオン以外のキャラでも大きさ比較】
028_20150918203158b4b.jpg
今回も登場してもらいましょう。ファンプロのM3です。
スペリオンとの比較で、少しメナゾールのほうが高かったのでもしや…と思ったら。
やっぱり頭頂高は同じくらいです!ひゃっほ~♪
けれど、M3は肩が突き出ているせいで、背が高く見えるんですよね。


029_20150918203200c45.jpg
おつぎはスペリオンの時には欠席していたゴウケンザンと。 さすがに背丈は負けますね。
う~む。足長胴長の異色対決!(コラ)



【ちょっと手直ししてみた。】
031_20150918203206297.jpg
巷では俺変形にて、かっこ悪いメナゾールをかっこよくしよう!という試みが
あちこちでされていますので、吾輩もやってみました。
ついでに手足の組み方もG1風に…。ヒザやヒジの関節は完全に死んじゃうんですけどね。

伸ばしたモモ部分のおかげで劇的にかわります。
長すぎた足はますます長くなりますが、意外や意外、ぜんぜんかっこ悪くない!!


032_20150918203210f19.jpg
さすがにヒジが動かないのは嫌だなと思ったので、下腕部のみ通常の組み方に戻しました。
マッシブさとカッコ良さをもちあわせたメナゾールが誕生!
何気に重心問題も解決されています。
もうこれが正解の組み方でいんぢゃね?(超問題発言。)

ただし、先ほども述べたようにヒザ関節は死んでいますし、
モモ部分は『クリックがない』モーターマスターの膝関節ですんで、
バランスを崩すとヒザカックンならぬモモカックンになるので、遊ぶのには支障がありますね。
んん?

メナゾール「やっぱり俺がG1に近いんじゃい!」
M3「本家なんだから当たりまえやろ ゴルァ!」
033_20150917194822c4d.jpg
あ~あ、とうとうケンカが始まっちゃったようです~。


最後に今回の面子をそろえてパチリ。
034_20150918205051e39.jpg
アレンジ メナゾールが一番存在感が出るようになっちゃいましたとさ。



【総評】
今回も玩具としては良質なことは間違いないんですが、それは「単体で触っている時に限る」
としましょうかねぇ。

とにかく合体させた時のモーターマスターに、
プロポーションから遊びにくさに至るまで欠点が多いです。
手足キャラの完成度はスペリオンより勝りますが、
モーターマスターが台無しにしてくれちゃってますね。

玩具としては決して悪くはないんですよ!
それだけに欠点が惜しい!

モーターマスターのヒザ関節にクリックを追加して。
アレンジ合体版の胴体をデフォルトにして頂きたい
という吾輩の意見に賛同する方も多いのでは?

少なくとも合体させた時の重心バランスの悪さには
開発陣はこのバランスで大丈夫だと思ったの?
と問い詰めたいです。立たない玩具は結構ストレスたまりますよぅ。

ネットショップ等でスペリオンより安く売られているのも仕方がない気がします。
吾輩だって、どっちかを勧めるならスペリオンを勧めちゃいますもの。
市場は正直ということですね。

以上ぶった切り気味になっちゃいましたが、当方が触ってみた素直な感想です。
褒めちぎるだけでは悪いところは直りませんしね。

それでは今回はここまで!
次回はおそらく小松航空祭のレポートになるかと…。(今年も行くのか…。)



【PS】
今期のアニメも(1クールものは)そろそろ終わりですが、
ケイオスドラゴンには失望したなぁ、期待値が高すぎたか…。(笑)
あ、断っておきますが、内容的には普通のアニメですよ?

誰が敵で誰が味方なのかの せめぎ合いみたいなのがやりたかったと見受けられるのですが、
それ、六花の勇者のほうが成功してますよ…。
(こっちはこっちでアドレットだけ責められている状態なのが精神的に苦痛なんだけど 汗)
ビッグネームの名前がいっぱいあったんで期待値が高すぎたようです^^;


やっぱり今期はがっこうぐらし!を上回るものはなかったかな…。
OPを徐々に変えてくるやり口とか、かな~り巧妙ですよ。

うしとらやギャングスタ、シンフォギアGXあたりは予想通りで楽しめてますけど、
それ以外は普通ですねぇ。「四月は君の嘘」みたいな飛びぬけていいのがなひ。(泣)
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : トランスフォーマー

2015-09-18 : ユナイトウォリアーズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR