武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

ウイングキットコレクション10

018_20151022212100f72.jpg 


 今回は予告どおりウイングキットコレクション10です。
 いや~やっと初回の9を追い抜いた~。
 (3年経ってますが…苦笑)

 今回は米国祭りというか、
 ネイビーブルー祭りといった感じになっちゃってます。



それではいつもどおりパッケージから。
001_201510222120480ff.jpg002_20151022212055e39.jpg
今回は米海軍・海兵隊の機体がメインにすえられているので、
外箱も内箱も(そして機体の色も)ネイビーブルー風になっていました。
内箱のほうはちょっとグレー身が強く外箱のラインの色とは少し違いますが、
今回も前回同様、意識して色の統一をやっている感じがしますね。

003_20151022212100100.jpg
今回のラインナップは
【F6F ヘルキャット】
【F4F ワイルドキャット】
【SBD ドーントレス】

の三種。
やっぱり一機種だけ戦闘機ではないのでキッチリそろった感じがしませんが、
F8Fベアキャットはすでにvol.3にて出てしまっているので仕方がなかったのかもしれません。

個人的にはこっちにベアキャットが入っていてほしかったな~。
(でもって、ドーントレスはヘルダイバーとかと一緒にしていただけると統一感が出て良いと思ふ…)

中身はこんな感じ。(写真はシークレット)
001 (2) 
フランス海軍仕様というと聞こえはいいですが、
機体のカラーは米海兵隊仕様と同じみたいです…。
またデカール違いですか…。(あまりうれしくなひ)
組んでないから憶測で言っているだけなので
違いがあったらすみません。



【F6F ヘルキャット】
004_2015102221491330f.jpg005_2015102221492372a.jpg006_201510222149279c2.jpg007_20151022214927379.jpg008_20151022214920c69.jpg009_20151022215031f16.jpg
さあ、帝国海軍を苦しめたアメちゃんの地獄猫(性悪女)の登場です。
日本軍にいいように暴れまわられた太平洋戦争初期をたえぬき。
「さぁ反撃はここからだ!」というタイミングでデビューしてきた新型機です。
もっともそのころの日本は疲弊してロクな力は残ってないのですが。(^ ^;)

当然零戦より一世代ほど新しいので性能も段違い。
インストの解説では、2000CCの普通車(おそらくアメ車)と軽自動車のたとえで解説されていて
妙に納得してしまいました。

F4F(ワイルドキャット)の設計思想を受け継いでいるはずなんですが…
なんといえばいいのでしょうか。ずぼ~っとした胴体が全然美しくなく、
まさしく工業製品という感じがして、なんか擬人化すると
おなのこではなく筋骨粒々なオッサンになりそうな機体ですね。

でもって、吾輩このぶっとい野暮ったい形、丸いのか角ばってるのわからない変な胴体…。
要は嫌いな形なんですねぇ。

アメちゃんは実用一点張りで物を作ってくるせいか、
WW2中でも かなりの機体がつまらない形をしてることが多く。
あんまり好きじゃないんです。
あ、いや性能が良いのはわかってるんですよ?
P-51(マスタング)は何かの奇跡だったのでしょうか…。


余談ですが、この弾のデカールはなんだか非常に厚めで硬く、
垂直安定版に張る大面積のものは、マークソフターを使っているのに
端の部分が張り付かない!という驚きの頑強さでした。

最初はセッターを使っていたんですが、全然軟化する気配がなく、途中でソフターを使用。
でもあまり効果があったとは…一応モールドとかに馴染んではでいるので効いてはいるはず…。


012_20151022215042963.jpg
コックピットはかなり細かくできており、計器板も非常に細かい造型がされています。
写真にうまく写ってるでしょうか…。

010_201510222150339b9.jpg
裏側ごろ~~ん。
このモデル…尾輪が可動式なのはいいのですが、
イマイチしっかり出てくれず引っ込み気味で、
全周を撮った写真の中にも引っ込んじゃっているものがあるかもしれません。

011_20151022215045a95.jpg
エンジン始動! ぶる~~~~ん!
ペラの先端はちゃんと塗られていますが、全力で回すとやっぱり円に見えづらいですね。
一応薄っすらと見えてますヨ。

038_20151022221358334.jpg039_201510222214128de.jpg
カラーはやっぱりネイビーブルー一色にしたかったので素直に海兵隊仕様にしました。
それにしても、シークレットのドーントレス同様 こっちにもフランス海軍仕様が入ってますね。



【F4F ワイルドキャット】
013_20151022215609894.jpg014_2015102221562016d.jpg015_2015102221562378e.jpg016_20151022215624a5b.jpg017_20151022215616172.jpg018_20151022212100f72.jpg
零戦の好敵手の登場です。
零戦のライバルは誰か…そういう論争も少なからずされてきました。

このワイルドキャットは設計が零戦よりも一昔前で、(主翼も中翼だし…)
太平洋戦争初期にやられまくったイメージもあるため
ライバルとみなさない方もいらっしゃるのですが、
キルレシオ的には同等ですし、性能的にも見劣りしておらず
やっぱりこいつが好敵手(と書いてライバルと読む)にふさわしいと
個人的には思います。


吾輩、本来なら「ぼってり」とした機体は嫌いなんですが、
こいつは妙に丸みが多く、かわいく見えるので結構好きな機体だったりします。
ん?雷電の時も似たようなことを言ってましたかね?

開発段階で何度も何度も不採用をくらい、あのダメっ娘
F2A ブリュースター バッファローにも負けちゃったとか 萌える要素も原因かもしれません。
(だから それで萌えるのはお前だけ!)

ヘルキャットもこういうところを引き継いでいればよかったのにねぇ。
ポチャ猫から何であんなデブ猫に…ぽっちゃりとデブは違うんだよ!(暴言自重しろ)


021_20151022215928794.jpg
微妙な角度ですみません。
計器板が奥へ入り込んでいるのでそれが写るように撮影したらこうなりました。
でも…暗くて見えないですね。
(それどころか脚部の引き込み部に隙間があるモデルであることが暴露されちゃってます。)

019_20151022215916321.jpg
裏側ごろ~ん。 裏面は白一色!
コックピット部の所でもいいましたが、
この脚引き込み部の穴は中まで貫通して開いちゃってます。(まさか実機はこうじゃないよね!?)

020_201510222159269d0.jpg
カワイイこいつもエンジン始動!

040_20151022221415457.jpg041_20151022221409c2c.jpg
こいつもカラーはネイビーブルー統一を意識してBカラーを選択。
でも腹は白いんですよね~。



【SBD ドーントレス】
022_20151022220610355.jpg023_20151022220622991.jpg024_201510222206251ef.jpg025_20151022220626489.jpg026_20151022220617775.jpg027_20151022220658743.jpg
アメリカを代表する艦上偵察爆撃機がこのドーントレス。
SBDはそのままScout Bomber Douglasの略で、ダグラス社の機体です。
(スカウトボンバー=偵察爆撃)
が、しかし!もともとはノースロップ社が開発していたBT-1がベースだったりします。
(途中でにダグラス社に吸収された)
ここら辺 ノースロップ社的にはどう思っていたんでしょうかねぇ?

日本軍がバリバリ活躍していた太平世戦争初期をその名のとおり
ガマン強く支えた名を体であらわすような機体でした。
ドーントレスには
   恐れを知らない、勇敢な、不敵な、がまん強い、不曉不屈の
                                       といった意味があるのです。

ジュリエット(蝶)「ウィキペディアのコピペはよくないのだ!」
MITAKEN「ヱ?ナンノコトデショウ?」

特筆すべきはこのモデルのフラップも兼ねたダイブブレーキ部の穴
実際に開いていることです。
こいつはさすがに驚きました。

029_20151022220705b64.jpg
こいつはかなりコックピット周りが撮影しやすかったですね~。
見てのとおり計器版のディテールがはっきり確認できます。

何度もいいますが、ダイブブレーキの穴…
一つ一つ開いてるんですよコレ! 

028_201510222207046ac.jpg
裏側ごろ~~ん。
やっぱり白一色かい!
中央にあるメインの1000lb爆弾より、
両翼下にある小型爆弾のほうが可愛くて目が言ってしまふ。

030_20151022220705a7f.jpg
戦闘機に負けずにエンジン始動!ブル~~~ん!


042_201510222214456f6.jpg043_20151022221445a74.jpg
こいつも色統一のためAカラーを選択してますが、
よく見ると海軍ではなく海兵隊の機体になっています。
エフトイズさんはこういうズラシをよくしますね。天邪鬼?(お前が言うな。)



【恒例サイズ比較】
031_20151022221437af4.jpg
見事にネイビーブルー 一色ですね。(笑)
ま、これがやりたくて あえてこれらのカラーパターンを選んでるんですけど~。

032_20151022221443807.jpg
スタンドは全機共通形状、違いはありません。
大きさにあまり差がないから当たり前ですけど。

033_2015102318404304c.jpg034_201510231840466e3.jpg
今回のゲストはネイビーブルーカラーってことで
6弾のコルセアをチョイス。 ベアキャットは以前のゲストで出しているので…。

こうしてパッと見るとワイルドキャットが少し小型かな?って感じで
後はほぼ同サイズですね。ヘルキャットとドーントレスにあまりサイズ差がないことに驚きました。
統一スケールだと、数字だけじゃわかりにくいことも一目瞭然になるのがいいですね。



【オマケ】
037_201510231840406e7.jpg
せっかくコルセア君に来ていただいたので、競合相手だった地獄猫と並べてみませう。

コルセアにとっては、本命のはずが数々の問題で
保険であったはずの脇役に主役の座を奪われる憎き相手…。
形は断然コルセアの方がかっこいいんですけどねぇ。

035_20151023184047f06.jpg
野良猫(山猫?)も混ぜてみました。
さすがに世代が違うだけにワイルドキャットは一回り小さいです。
でもこの小ささが個人的にはよかったりして。(なぜそこまで大きな機体を嫌がる…。)



ネイビーブルー祭りはいかがでしたでしょうか?
回数を重ねるたびにエフトイズさんも徐々に統一することをある程度考えてきてるのかな~っ
て思ったりする今日この頃。
そろそろ現用戦闘機のほうも増やしたいですね~。

模型の秋ですので次回も1/144物で行くつもりですが、
デカール貼りが間に合うか微妙なので変わるかもしれません。
でわでわ (^ ^)ノシ

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : 飛行機

2015-10-23 : WWⅡ飛行機 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR