武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

figma Vehicles 1/12Ⅳ号戦車D型 本戦仕様 レビュー

056_20151112193410fe1.jpg 


 
 とうとうやってきたfigma系最大最高価格の刺客!
 購入者の大半の方が
 
その置き場に困るであろう一品が今ここに…
 (どこにしまおう…。)



いやまぁ、最初からわかっていたことですが、デカイですねぇ。 
デカイ箱はLEGOで見慣れているはずですが、中身がボリュウムのある物なのでそちらに驚きです。

それではいつもどおりパッケージから。パンツァー フォー!
こんな大きな箱を店頭で色々見るなんてことはできないと思うので、六面撮ってみました。
(例によって一度開封したものを元に戻しているので未開封状態ではありません。)
001_2015111219342279f.jpg
正面は戦車のみでおなのこは一切写ってません。(右の神姫は大きさ対比です。)
アニメのタイトルロゴと戦車のマーキングだけが、ガルパン商品であることを主張。

002_20151112193426d36.jpg
背面。figmaとの組み合わせ例が載ってますが、こちらもあまり「おなのこ臭」はしません。

005_20151112194929598.jpg006_2015111219493991f.jpg
左側面と右側面。
左面の写真は背面のものと同じもののようです。

003_201511121934260f3.jpg004_20151112193418951.jpg
天面&底面
なんと下となる底面になって始めて「おなのこイラスト」の登場です。
持ち帰る人が恥ずかしい目に会わないためですかね?
こんな大きなものを抱えて帰るだけで羞恥プレイな気もしますが~。



【ご開帳~】
007_20151112194944b02.jpg
サクッと開けて。

008_2015111219494411f.jpg
ポンッと取って。

009_20151112194936fbb.jpg
ズルズルと引き出してきます。

010_20151112195931eef.jpg
砲塔ぐらい取り付けるのかと思いきや、本当にそのまま入ってました。(笑)

011_20151112195941f13.jpg
底には説明書とシールが入ってます。

012_20151112195945ede.jpg
車体後部には付属の取り付け部品が入った袋が張り付いてるのですが、
ボディに直接テープ止めされていて、テープの糊がなかなか取れませんです。(泣)

013_201511121959443ca.jpg
【シール】、【説明書】、【前照灯などの補完部品】
付属品は本当にこれだけですね。一昔前はよくあったテスト用電池とかもありません。



【説明書】A3サイズを二つ折りにしたA4サイズ
014_20151112200704143.jpg015_20151112200714dba.jpg
各パーツやfigmaの取り付け説明と、1/4は注意書きとトラブルシューティングです(笑)
玩具でこんな沢山の注意書き、始めてみた気がする…。

016_2015111220071786b.jpg
付属パーツはちょっぴりバリが出てるものもあるので、気になる方は処理しましょう。

017_20151112200719fd0.jpg018_2015111220071029a.jpg
足掛けのパーツ(写真左)は、補強されている一部を切り離す必要があります。
なお、今回のパーツは両面テープで止めているので、(写真右)
撮影中に外れかかったりしている時があると思いますが、
気がついても 心で「プププ」と笑って流してくださいませ。(笑)
  いやだって…吾輩モデラーじゃありませんから、
  瞬間接着剤とかABS用接着剤なんて常備してませんよぅ!




【それでは本体を鑑賞しませう。】
019_201511122021138ab.jpg020_20151112202124494.jpg021_201511122021273a0.jpg022_2015111220211783a.jpg023_20151112202130639.jpg
024_20151112203037768.jpg
このサイズで税込み1万7千円を切りますから、ある程度のチャチさは覚悟の上でしたが、
なんというか…、ABS地丸出しで非常に玩具っぽいですね。(玩具なんですが!)
スケールモデルのような出来を期待すると拍子抜けしてしまうでしょう。

しかもほとんど全体がABS樹脂なので、
ラッカー、エナメル系の塗料はあわないことがすぐに想像がつきます。
塗装もちょっと厳しいか!?  つや消しコートくらいなら大丈夫でしょうかねぇ。
(試す勇気はない!)このチキン野郎!

026_20151112203049c3e.jpg027_201511122030530f2.jpg028_20151112203053e78.jpg029_201511122030437f0.jpg
大きいので、いつも使うバックや紙などは意味をなさないので置いてません。
この存在感こそがこの商品最大の魅力(欠点でもある)です。



【細部鑑賞】
068_20151112210929c7c.jpg069_20151112210939884.jpg070_2015111221094310a.jpg
まずは履帯から。(最初に撮ったのがちょっと暗かったのでフラッシュ使いました。)
履帯はチョイ固めのPVC(推測ですけど) 。乱暴にも鋲止めです。

025_201511122039058e5.jpg001 (2)
サスペンション機能こそありませんが、転輪は2個一組で可動するようになっています。
一つ一つはチャチぃものの、やれるだけのことはやっている感じがしていて好感がもてます。

030_201511122039073c3.jpg031_20151112203900253.jpg
figmaが乗せられるということで、結構いろんなところがパカパカ開きます。
砲塔も旋回可能! 主砲の仰角も取れますが、うちの個体はチョイゆるめですぐ下がります。

032_20151112203910de0.jpg
操縦手側の席をのぞいて見ると…figmaを支えるための足場パーツがあります。

小さい二つの四角い穴が腰を落とした状態を再現する時もの、
(実際のfigmaは立たせて、足を穴に挟めた状態にします。)
左右対称の逆L字の部分は、半身を出した状態にする時のもの
(実際はfigma立ちひざ状態にして乗せる)

これは隣の通信手席も同じ形になっていますね。


033_20151112212252032.jpg
砲塔をとってみるとこんな感じ。
砲塔を引っ掛けるツメは3箇所あって、120度角で配置されてます。
当然砲塔を回して窪みとツメをあわせないと取れません。

こんなにデカイ砲塔をはずすことはほかの商品では ないかもしれません。(笑)
ちなみに砲塔裏面に見える、内側左右に二つずつついている凹みは、
figmaを設置する時、足をはめ込む溝です。

034_201511122123001cd.jpg
車体後方から前方に向かって撮影。モーターは車体再前部なので直接見ることはできません。
見てのとおり中は空っぽです。腕に覚えのある方はぜひ内装再現を!

035_20151112212305485.jpg
前部から後方に向かって撮影。こちらは電池ボックスが天面にあるのでやや狭いですね。
個人的にはfigmaの付属品を配置できるように作ってほしかったなぁ。

036_2015111221230539e.jpg
車体前面の機銃は可動します…が、銃身に穴あいてなひ…
さすがにこのスケールで穴がないと見栄え的には萎えますね。



【走行ギミック】
037_20151112213440f07.jpg
それではお待ちかねの走行ギミック。このギミックがなければ買わなかったかもしれない!
とはいっても写真ですので主に準備の様子ですが~。

038_20151112213454dca.jpg039_20151112213456cf3.jpg
車体後部上面が電池ボックスになっているのですが、その開け方はちょっと特殊。
模型誌などでも紹介されていましたが、台形の盛り上がりを横にスライドさせるとビス穴が出て来ます。
それを+ドライバーで外し、

040_20151112213455dd6.jpg
この取っ手を使って蓋を持ち上げますが…、開きません!

041_2015111221344628e.jpg
横の所に引っかかる爪があるんですね。
最初はどこにストッパーがあるかわからないので注意です。
なお、下辺は全体に長い爪が3本あり 絶対ここからは開けないので
ここから開けようとしては駄目です。
042_20151113201213cd0.jpg

043_20151113201216113.jpg044_20151113201219dac.jpg045_20151113202013942.jpg
使用電池は単三が6本。100円ショップのものでいいのでサッサとセットしましょう~。
蓋を閉めるときには一つ注意点が…。
スイッチとなる黒い棒は蓋側の穴にうまくハマるようにして蓋を閉めましょう。
上手くスイッチが入らない原因になります。

走行動画は公式にもあがっているのであえてあげる必要はないような気もしますが、
一応テスト稼動させたものをの載っけておきます。
[広告] VPS
モノが大きいので離れて撮らなくてはならず、スイッチ操作がしづらいの何の…(^ ^;)
スイッチを入り切りする人が別にいたほうがいいですわ~。



【当方的には本命!figmaを乗せてみよう!】
まずは砲塔メンバーから…。
当然ですが、砲塔を外さないとしっかり乗せることができません。
最初は外さなくてもいけるかな~と、色々やりましたが結果的に外したほうが早いです。
050_20151113202021110.jpg
この状態を目指すのですが…。
説明書は肝心な『どう取り付けるのか』ということが書いてなくて推測で配置。

051_20151113202023c7e.jpg
秋山殿は砲塔右側面(最初の配置写真では向かって左)に配置。
変化をつけるため、反対側の華さんとは乗せ方を別にしてみました。

こちらは靴下のラインではめ込みます。
こうすると、縁に腰掛けたような状態を再現できます。
054_201511132041416ad.jpg

052_20151113202025902.jpg
華さんの方は足首で固定。こうすると身を乗り出したような状態になるんですね。
あぁ、それにしてもこのお尻はすばらすぃ~。ハァハァ。
写真が暗くて見えないよ~と思った方がいたらすみません。
フラッシュを焚いて撮ったら、中まで上手く光が入らず、外側ばかり明るくなって
中がちっとも見えなかったので普通に撮ったものを載せてます。(^ ^;)

053_20151113204140901.jpg
みぽりんは四角い窪みに足首を突っ込むだけなので特に問題なし。
彼女だけは砲塔をとらずとも設置できそうですね。(しっかり取り付けるなら外すことを推奨。)

047_20151113204129d3f.jpg
前部の二人 麻子と沙織もそれぞれ別のパターンで配置。

049_2015111320413879c.jpg
麻子の方は座った状態を再現したもので、外からはほとんど首しか見えません。
が!写真を見てのとおり実際は立ってます。(笑)

048_20151113204134b48.jpg
沙織のほうは身を乗り出した半身が出てる状態を再現するものですが…。
実際は逆L字の窪みに立ちひざ状態です。

なお、説明書にはこういった写真は使われていないので、

この置き方が正しいのかどうかはわかりません!

そこが知りたいのに!

とまぁ、なんとなくモヤモヤ感が残りますが、
これがやりたくて買ったのですからじっくり楽しみませう。
055_20151113210225027.jpg057_20151113210233230.jpg059_20151113210236a2d.jpg061_2015111321053852f.jpg
表面のテカテカが雰囲気を削ぎますが、その存在感は圧倒的!
しかもこれが動くんですゼ!

056_20151112193410fe1.jpg058_20151113210235a47.jpg060_20151113210535674.jpg062_20151113210540c2e.jpg
この楽しさを実感できる方はいったいどのくらいいるのだろうか…。
figmaそろえるだけでも結構な金額になるからねぇ(冷静に考えるとこの戦車より高いや ^ ^;)

063_20151113210542959.jpg072_20151113211206e01.jpg
変なアングルで撮ってみる。
メトロプレックスの時も思ったけど、モノが大きいと勝手に巨大感が出るのでいいですね。

067_201511132112050d7.jpg066_2015111321120231a.jpg065_20151113211200310.jpg064_201511132111543a1.jpg
いまさらですが、主砲にはライフリングのモールドがあります。
こういうところは外さないんですね~。



【総評】
デカイ!チャチい!動く!
3つの言葉で表すとこうなります。
しかし、チャチなのはチャチなんですが、意外と印象が悪くないんですよね。
皆さんそう思うのか、アマゾンのレビューでも安っぽいとか言われてる割には評価が低くないんですよ。

本文でも言ってますが、スケールモデルのような緻密なものを想像していると肩透かしを食らいますが、
1/12というサイズの戦車でこのお値段ですから。
「ある程度安物っぽいだろう。」と想像がついている方なら問題ないでしょう。

もちろん内装を重視してほしかったという方も結構いらっしゃいますし、
吾輩もそれを望んでいる方なんですが、じゃあ、この商品価値がないのかというと…
あるんですよねなぜか…、これがサイズの魔法というか不思議な魅力です。

figmaを全員そろえた方は一度は『同サイズの戦車に乗せたいな』と思いませんか?
それを叶えちゃったんですよこの商品!
この達成感というか…満足感は写真ではたぶん伝わりませんね。(ブログに挙げてる意味をなくすナ!)

このご時勢、このサイズで1万7000円しないのはなかなか頑張ってるなと思います。
(発表された時は2万5千は超えるだろうと予想しました。)
最初にこの価格から内容を決めたそうですから、価格ありきだったのでしょうね。
メーカーのその判断は正しかったと言えます。


【オマケ】
073_20151113211919561.jpg
ジュリエット(蝶)「ジュリエット戦車隊発進!」
ゴガガ・ゴ・ゴ・ゴ・ゴ・ゴ・ゴ・ゴ・ゴ

MITAKEN「ふッ わかってましたよ、こうなることくらい…。」
074_20151113211921878.jpg



こうなると車とかもほしくなるよね。うちはLEGOテクニックの車使ってたけど
figmaにあわせた車とかがあってもいいよね?(賛同を求めるな!)
それでは今回はここまで!でわでわ(^ ^)ノシ

次回はMPトラックス…と行きたいんですがその前に軽いのを一つはさみます。
それにしてもすーぱーふみな いつ組もう…
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : figma

2015-11-13 : figma : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR