武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

艦載機コレクション2

025_20160609203416b4e.jpg 

 前回に引き続き
 エフトイズ・コンフェクトの
 艦載機コレクション2です。

 3機種すべて人気が高い機体で
 非常にお得なセットでしたね。
 (サムネはF/A-18Eスーパーホーネット) 



商品的には同じメーカーの艦載機コレクション第二弾ですが、
実は発売された時期が2013年の7月とわりと最近なので、
商品の仕様形態が結構変わっちゃっていて、
イラスト解説もインストの漫画も一切ありません。

「初心者向けの商品」という態勢はなりを潜め
完全に好きな人向けの仕様になっています。

それではパッケージから。
001_20160609204212b8d.jpg
外箱は黄緑色ですが、内箱は一弾と同じ黄色になっています。
ここは合わせてきてるようですね。

ちなみにこの頃にはもうEXとかDXとかはついておらず、
単に「1/144 WORK SHOP」表記です。

002_20160609204219bb2.jpg
前回の一弾もそうでしたが、艦載機コレクションといいながら
英語表記はU.S. NAVY COLLECTIONと
日本語でも米艦載機と表記しろよ!といいたくなる米機オンリーです。

003_201606092042159dd.jpg
ラインナップは次のとおり。
【A-4E/F スカイホーク
【F-8E/J 
クルセイダー
【F/A-18E 
スーパーホーネット

エリ8(エリア88)世代にはうれしいスカイホークやクルセイダー
そして最新とまでは呼べないものの、比較的新しいスパホの詰め合わせです。
これなら遠慮なく箱買いできますね♪

特にクルセとスパホはいつもなら省かれるミサイル等もしっかりついており、
非常に魅力的な内容になっております。

そしてスカイホークにはやっぱりブルーエンジェルズ機が…。
ここまできたら本気で歴代ブルーズそろえてください! オナシャス
(パンサーとクーガーとタイガーの三つでそろうんぢゃね?)

004_20160609204222ba2.jpg
ブリスターはこんな感じ。
最初の頃はウイングキットコレクションシリーズよりパーツ少なかったんですが、
見てのとおりもう変わらないくらい入ってますね。
言いかえれば組み立てが結構大変なんですけど。



【A-4E/F スカイホーク
006_2016060920422368f.jpg007_20160609210449cdd.jpg008_20160609210450376.jpg009_20160609210453886.jpg010_201606092104550b1.jpg005_20160609210444bb7.jpg
あ~、主翼の取り付けがゆがんでいるのか斜めになっちゃってますね。
直すと大仕事になるからそのまま撮影。^ ^;
もともと素のままでどんな出来なのかを見て頂く為のコーナーなので…。

A-4スカイホーク、Aとつくその名のとおり本来は攻撃機です。
その小ささは主翼に折りたたみ機構がないといえば伝わるでしょうか?
飛行機好きにしか伝わらねーよ!)

じゃあどんな性格の飛行機なの?というと…。
一言で言うと『格闘戦もこなす運動性を持った小型攻撃機』でしょうか?

機動性が高く、攻撃機のくせに戦闘機を撃墜した事例もあります。
大型で余裕のある機体を好むアメリカでは珍しい機体といえますね。

実際にその高機動から、防空戦闘機や練習機といった使用例も多いです。
小さくてもなかなかピリリと辛いニクイ奴なのですよ。


011_20160609210951f40.jpg
キャノピーを取り外すと第一弾とは違いパイロットフィギュアがありません。
なぜか途中から人がいない仕様で統一されるようになったんですよね。

右側面に突き出ている棒状のものは空中給油プローブです。
Bカラーであるブルーエンジェルズ機だけは形が違うパーツを使います。

012_201606092109595c8.jpg
テール部に隠れるようにあるノズル。
そうそうコイツは爆弾などの武装はなくドロップタンクのみです。

013_201606092110000d1.jpg
裏側コローン。小さな機体にでっかいタンク。
擬人化すればロリ巨乳?胸熱(をい!


040_2016060921095932b.jpg041_20160609211002152.jpg
表のカラー面はデカール指示。
機体解説は裏面に文字のみとなんとも味気ない仕様。
最近は大体こんな仕様なんですよね~。
ウイングキットに仕様を合わせたって事なんでしょうか?

カラーはBカラーを組みたいのをグッと我慢してAカラーをチョイス。



【F-8E/J クルセイダー
015_201606092123162e6.jpg016_20160609212320c8d.jpg017_201606092123231a8.jpg018_201606092123242c5.jpg019_20160609212325612.jpg014_20160609212413955.jpg
十字軍の名を持つ最後のガンファイターの登場です。
実はひっそりと艦上機としては世界初の超音速機だったりします。

ベトナム戦争当時はちょうど「ミサイル万能論」というものがはびこっており、
「ミサイルさえあれば機銃なんか要らんでしょ!」という意見が大多数を占めており、
実際F-4ファントムⅡには機銃が搭載されなかったくらいでした。
その結果どうなったかは、ググレばすぐ出てくるのでここで言うまでもないでしょう。

そんな中で軽快な運動性と四丁の20ミリ機銃を機首にもつクルセイダーは
Mig-17を多数撃墜し予想外の活躍を見せ、
「ミグ・バスター」とか「最後のガンファイター」などという
厨二な二つ名がつくようになったのです。

その形状も非常に特殊で、コックピットは視界確保のためインテーク上部ギリギリにあり、
奇しくも突き出た機首コーンがショックコーンの役割を果たして
性能が向上するという棚ボタにも恵まれてます。

さらに、着艦時の視界を確保するために、
主翼全体が油圧によって数度仰角をつけられるようになっており、
クルセイダーの強さや高評価にはこの視界の良さがあると個人的には思いますね。


ま、そ・ん・な・こ・と・よ・り・も、エリ8世代には
翼が折れた状態でも飛べる飛行機としての方が有名な気もしますけど…(^ ^;)
(艦載機なので主翼を折りたためる。)

実際にウッカリ折りたたんだ状態で飛んだ事例があるのですが、
ウィキペディア見てきましたら、そのことにまったく触れてなくて草はえました。


021_20160609212420805.jpg
コイツはがっつりキャノピー枠にデカールをのせるので、
ナイフで切ってやらない限りキャノピーがあけられなくなります。

022_2016060921241960d.jpg
垂直安定板のデカールが、
マークソフター塗りたくってもなじまないという頑強さで参ったね。

020_201606092124172a1.jpg
裏側ごろ~ん。タンクの類はなく、
胴体側面に無理やり気味に付けられたミサイルがなんか面白いです。


【ギミック】
023_20160609212840fc9.jpg
どうせいつもどおり裏面見せて「ハイ終わり」でしょと思ったそこのあなた!
甘いです。砂糖菓子のように甘いです。(意味不

クルセイダーの特徴のひとつ、主翼仰角のアップを再現できます。
主翼をひっぺがし、ランナーについている支柱パーツを中の穴に差し込んで
翼を戻すだけ!

024_20160609212845929.jpg
これで視界万全!安全に着艦できるぞ!
できれば折りたたみも再現してほしかったなぁ。
(絶対エリ8ごっこやりたいだけだろ…)

042_20160609212844b47.jpg043_20160609212849367.jpg
普通にAカラーをチョイスしました。
組み立ては3機種の中で一番組みやすいです。



【F/A-18E スーパーホーネット
026_201606092130430c1.jpg027_20160609213047cdb.jpg028_201606092130531b7.jpg029_2016060921305001d.jpg030_201606092130527fa.jpg025_20160609213126a4e.jpg
はい 形的には好みなのに、トムキャットを引退に追い込んだ奴として
吾輩が嫌って(?)いる優等生戦闘攻撃機が
さらに優秀になって帰ってきました。爆発しろ~~~!(落ち着け

色々書いてくるとムカついて来るので(をい
解説はウィキペディアへマル振りしませう。
いや、形はスッゴイ好み何ですよ?マジで。

しっかしここまで大きくなるともう
ハイ・ローミックスのロー側だった面影はまったくありませんね。
非公式愛称は「ライノ」ですが、日本ではあまり定着してません。

それにしてもコイツどこか致命的弱点はねーのか?
なんだかあげつらっても「重箱の隅」なんで余計腹が立つんですけど…。

余談ですが、
ハイスペックシリーズで
F/A-18E・FとF/A-18G(グラウラー)がセットになったものがでてますが、
これの金型を流用しているのかどうか、吾輩よく知らないんですよね…。

031_2016060921313105e.jpg
デカールがキャノピー近くを通るものの、
重なるような際どさじゃないのでなんとかキャノピーを取り外せます。

033_201606092131325ef.jpg
コイツはハイスペックシリーズでもないのに着艦フックがかなり精巧にできています。
もっともこれが出た当時はハイスペックシリーズなんて無いですけど。
ハイスペックシリーズ買うべきだったかなぁ。

032_2016060921313050d.jpg
裏側ごろ~ん、すると武装がズラリ。
いつもタンクだけといった感じが強いこのシリーズで
なぜかスパホだけ非常に攻撃的です。その代わりタンクはセンターに一本だけ。

044_20160609213846144.jpg045_201606092138467fe.jpg
カラー的にはCカラーロイヤルメイセスCAG機がカッコイイな~と思いつつも
やはり派手なAカラーのダムバスターズをチョイス。



【恒例サイズ比較】
034_20160609213838581.jpg035_20160609213843349.jpg
今回のゲストはかな~り初期のモデルであるアクロチームコレクション2から
F/A-18ホーネット、いわゆるレガシーホーネット(ブルーズ仕様)です。

こうしてみると、ちょっと遠近感のせいもありますが、
スパホはF-15Jに負けないくらいの大きさになっているのがわかります。
そしてスカイホークの小さいこと小さいことこのかわいさは吾輩好みですね~。



【ライノとレガシーを比べてみよう!】
それでは新旧比較です。まぁ模型なので
「どこまで正確に作られているかはわからない」ので
あくまで参考までに~。
036_20160609214448d54.jpg
パッと見ではやっぱり似ていますね。
戦闘機に詳しくない方なら同じ機体だと思っても仕方がないでしょう。

038_2016060921445925c.jpg
水平尾翼の形状/大きさでも、なんとか見分けられそうですね。

037_20160609214457d58.jpg
機種を横から見ると、素人的には見分けつきません。
スパホの方がやや厚く見えますが、ホボどちらも同じ機体に見えてしまいます。

046_20160609214459f90.jpg
素人的に一番の見分けるポイントはやっぱりココだと思います。
そう、ストレーキ下のインテークの形状です。
スパホ(写真左)はステルス性も考慮し平行四辺形なのに対し、
レガシー(写真右)はカマボコの断面のようなD型です。

039_201606092144542fc.jpg
真上からの比較、完全に一回り大きくなっていますね。
主翼、尾翼、何よりもストレーキの巨大化がすごい。
ここまで大きくなると少々デブ感が出ます、
こうなると吾輩はレガシーのほうが好みの形ですね。


この米艦載機シリーズは人気機種が多いので作ってて楽しいですね。
次回は現用機と二次大戦機とのハザマである初期ジェット機コレクションにしませう。
でわでわ(^^)ノシ 
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : 飛行機

2016-06-11 : 現用飛行機 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR