武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

TFレジェンズレビュー ~LG42 ゴッドボンバー編~

P5300427.jpg P5310482.jpg  
 
今回はとうとう発売された
待望の日本オリジナル商品、LG ゴッドボンバーです。

先に発売された
LG スーパージンライとの合体が売りの商品ですが、
単体のプレイバリューはどんなものでしょうか?
早速行ってみましょう!

まずはいつもの通りパッケージから。
P5290336.jpg

P5290337.jpg
商品のサイズは一応リーダークラスなのですが、箱の大きさはちょっと小さ目。
中身もビークルモードで入っているので、少々スカスカ感が…。

P5290338.jpg
裏面の隅にはしっかり合体連動ができることをアピールしてますね。

P5290339.jpg
ブリスターは一段。グリップ/刃が別パーツの刀は組まれた状態で入ってます。

P5290340.jpgP5290341.jpg
本体を取り出すと、隙間に段ボールのパーツが挟まっているので取りましょう。


【セット内容】大したことありませんが一応…。
P5290343.jpg
一番左が【ゴッドボンバー本体(ビークルモード)
右段へ移り
【説明書】
【ゴッドキャノン弾頭】、【ゴッドキャノン】
【ヘルメット】、【ヘッドマスター】
【刀(刃と柄 分離可能)


P5300392.jpg
リーダークラスなので説明書のコミックは6ページ。
なかなかおもしろかったですね、ミネルバ可愛い…(*´Д`) ハァハァ。


【ビークルモード準備】
P5290344.jpgP5290345.jpgP5290346.jpg
まずは刀を分解し、柄の部分に弾頭を取り付けて、
ゴッドキャノンの先端裏にはめ込みます。

P5290347.jpgP5290348.jpgP5290349.jpg
次に残った刀の刃をゴッドキャノンの裏に差し込み、
ヘルメットを後部に取り付けます。
これでゴッドキャノンの準備が完了。

P5290350.jpgP5290351.jpg
本体の\中央の隙間に緑丸のジョイント同士を合わせはめ込みます。
右写真は取り付けた個所を後部から見たところです。


【ビークルモード】
P5290352.jpg
P5290353.jpg
P5290354.jpgP5290355.jpg
P5290356.jpgP5290357.jpg
フロントの面影がアニメにすごく似ているので興奮するのですが、
G1玩具版と比べてみると長さが少々短くなっており、そこまで似てません。(笑)


P5290358.jpg
P5290359.jpg
それでも密度感は旧玩具の比ではなく、
「ギミックの遊べる度」も格段に進化してますね。

P5290360.jpg
一応裏側~。寸詰まり感が一番わかるショットかもしれません。(笑)


【ヘッドマスター】
P5290362.jpgP5290363.jpg
レジェンズ版のヘッドマスターには各キャラクターの名前はついていませんが、
大抵海外版のリデコ発売なので無理やり呼ぶことが出来たりしますけど、
コイツは今のところ日本版しか商品がないので、本当の名無しですね~。
(普通にゴッドボンバー{本体}と呼んでやれよ。)

P5290364.jpg
可動範囲はいつもの通り~。
いつも思うんですけど、肩の造形を丸くすればもっと腕を上げられると思うんですが、
何でしないんでしょ?(ヘッドモード時腕が動いてしまわないようにしてる?)



【ビークルモード時ギミック】
P5290365.jpgP5290366.jpg
フロントはガパッと開き、ヘッドマスターを搭乗させることが出来ます。
右写真のように3体までOKです。
なお、このフロント。当方の個体はジョイント部のハメこみが結構固かったので。
ジョイント穴にシリコンスプレー吹きました。

壊れるようなものではないので無加工でも十分だとは思いますが、
ここがなかなか開かないと結構ストレスです。(^^;)b

P5290367.jpg
フロントウインドウの透明度が高いので中がしっかり透けて見えます。


P5290361.jpg
ゴッドキャノンは1クリック上にあげられます。
結構ゆるいのが難点か…。
キャノンの左右にある。羽付きの銃口も上下に可動!


P5290387.jpgP5290388.jpg
ヘッドマスターはゴッドキャノン内に収納することも可能。
紛失対策にもなりますね。


さて、スーパージンライとの連動遊びに重点が置かれている本商品。
一押しなのがスーパージンライ(ビークルモード)との連結です。
P5290368.jpgP5290369.jpg
フロントバンパーのジョイントを180度回転させて引き出し、
スーパージンライ(ビークルモード)の後部にブッ刺します。
説明書にはジンライの後部を少し開いて閉じろと書いてありますが、
ウチの個体はもともと緩いので、そのまま突っ込んでも問題ないです。
(注:個体差があると思うので、各自判断してください。)

【完成!連結モード】
P5290371.jpg
P5290372.jpg
どちらもそこそこ大きい商品なのでこの長さは満足感がありますね。
こんなちっこい写真じゃ全然伝わらないこの迫力と興奮~

P5290370.jpg
真横からとるとこんな感じ。いや~壮観です。

当方は当時の玩具は知らず、
ジンライもゴッドボンバーも旧ガム版しか知りませんので 初の連結です。
(昔のガム版は発売弾の違い、サイズの関係で
   スーパージンライとゴッドボンバーの連動がないのですよ。)



【それでは皆さんご一緒に~】

トランスフォ~~~ム!ギゴガゴ…。
P5290373.jpg
P5290374.jpgP5290375.jpg
P5290376.jpgP5290377.jpg
P5290378.jpg
脚部を一旦外してウイングの下に取り付けるという工程があるので、
純粋な変形とは呼べない基地モードの完成です。


【基地モード】
P5290379.jpg
P5290380.jpg
変形が「組み替え有り」なことからもわかるように、
ちょっと無理やり感がある基地モード。

ギミックらしいギミックも特にないのですが、
他ヘッドマスターとの連動遊びが主軸なため、
ヘッドマスターのミニロボを載せたり立たせたりする個所は異様に多いです。
P5290381.jpgP5290382.jpgP5290383.jpg
P5290384.jpgP5290385.jpgP5290386.jpg
P5290389.jpg
そのまんまミニロボのベース(基地)としてはちゃんと機能してますね。


【それでは再び皆さんご一緒に】
トランスフォ~~~ム!ギゴガゴ…。
P5300395.jpg
P5300396.jpgP5300397.jpg
P5300398.jpgP5300400.jpg
P5300401.jpgP5300402.jpg


P5300404.jpg
当然ヘッドマスターなのでこのままでは完成しません。

P5300405.jpgP5300406.jpg
ヘッドオン&バトルアップ!



【ロボットモード】
P5300407.jpg
P5300409.jpgP5300408.jpg
P5300410.jpg
少々腰(ふんどし部分)パーツが小さく、変に脚が長く見えるシルエット。
逆に腕は太くかなりマッシブな印象。
ハンサムなカッコ良さより、パワーファイター系のカッコ良さを感じますね。

【ロボットへの変形時の注意点】
P5300399.jpg
コックピットの背面パネルを起こす時、
説明書ではフロントを開かずに起こしてますが、
フロントを開かないとちょっと無理ですね。
純粋にミスだと思います。

P5300411.jpg
また、ひざ下すぐの関節パーツは上写真のように
横から見ると「やや斜め」になっている位置が正解のようです。
ここを真っ直ぐにしてしまうと重心が後ろに寄って後方に倒れやすくなります
もともとやや後方に重心が片寄ったロボットモードなので
「後ろに倒れる」と思う方は要チェック

当初ロボット時の撮影にこれに気が付かず
「なかなか立たない玩具だな~」と思っていました。

P5300412.jpg
関節の可動箇所はそれになりにあるんですけど、
開脚幅が限定的なのと、下腕の大きさ、そして
これだけ大きいのに腰の回転軸がないせい
で、
結構ポーズ付には難儀します。

あと、右下腕の内側パネル(写真向かって左側)
この写真でも動いちゃっていることからわかる様にかなり緩くすぐ開きます。

というわけで、いつものこのコーナー。


【可動性】
あちこちで言われていますけどクリックが入っている箇所以外は
大体緩め
で、見た目に反してカッチリとした印象は全くないです。

【頭部】
P5300415.jpg
ヘルメットをかぶっていますが、
他のレジェンズヘッドマスターとほぼ同じ可動です。
メットがジンライと違い、完全に余る別パーツなのもちょっと不満。

【肩/ヒジ】
P5300417.jpg
肩は前後の振りは360度回転。さえぎるものがないので自由です。
しかし!胴体と腕に挟まれてついているウイング基部が、
これまた360度回転するため、
一緒につられて動くことがほとんどです。
腕を振るたびにウイング全体が動くのでこれも結構なストレスですね。

肩水平方向には、かなりしっかりとしたクリックが入っており
ジョイントピンが当たるまで上げることが出来ます。

上腕にはロール軸があり、360度回転可能
ヒジは90度キッチリ曲がる可動は持っていますが、
下腕部が大きいので、ロールの向きによっては下腕部が肩にあたります。

P5300419.jpg
外れやすいと評判(皮肉)の下腕部
こうして上下から挟み込むように持って可動させましょう。
これでも変なひねり方すると外れるんですけどね…。


【手首】
P5300420.jpg
TFには珍しい平手造形
板一枚造形かと思いきや、指は親指がボールジョイント可動
四指もヒンジ可動します。握りこぶしにはできませんが、
写真のような形にすることはできますね。

ロール軸もあり、変形可動の恩恵で内側に向けることもでき
意外と良好です。

【腰/股関節/ヒザ】
P5300423.jpg
腰のロール軸はありません。
開脚もタイヤのせいで写真くらいまでしか開きません。
また、開脚可動も緩め…
ここはちょっと残念。

P5300421.jpg
しかし、股関節の前への振り出しはクリックいり
キッチリ90度まで上げることが出来、
ヒザもクリック関節で90度可動。ロール軸ですらクリックを備えてます。
基本的な可動は出来るんですよ。
全域クリック関節なのでここだけはカッチリとした印象を受けます。

P5300422.jpg
前後開脚だって写真くらいは開きます
あれ?不自由なのは開脚と腰のロールだけ

【足首】
P5300424.jpg
つま先もカカトも動き、接地追従のための可動もついているので
可動的には非常に優秀…ハズなんですが、
肝心の接地追従の横可動がすごく緩いので、
支えるには ちと心もとないです。


こうしてみてみると、可動部自体は 腰と開脚以外結構優秀なんですが、
クリックが入っていないところの可動は緩い部分が多いのと、
腕につられて動いてしまうウイングがかなりのストレスを与えます。


まぁ、G1玩具当時からパワーアップパーツの寄せ集めのようなキャラクターだったので、
それを考えればかなり進化している方だといえますけど。

P5300425.jpg
片膝立ちくらいは余裕でこなすんだけど、
下腕が大きくて、ヒジを可動させても
一見動いていないように見えるのが難点か…。

カッコよくヒジに角度をつけても、
シルエット的印象が真っ直ぐの時と変わらないので写真映えしねぇw。(絶叫)

あ~、お察しの通り開脚幅がアレなので、ハイキックは当然無理です

P6020488.jpg
いっそウイングを立てて本来の姿よりカッコよくしてみませう。
これでも腰パーツが小さくて、
数年前の三乗合体連中と同じようなシルエットになるなぁ。

しょうがない!刀パーツに頼ろう!(をい)
P5300426.jpg
平手なので、持たせかたはグリップにある溝を、
手のひら側の凸ジョイントにはめ込むタイプ。
指は閉じましょう。

P5300427.jpg
これでドヤッ!
(たぶんカッコよく撮るのは この辺りが限界です。笑)

P5300428.jpg
う~ん腕を動かすたびに動くウイングが…ストレスMAX! 



【ロボットモード時ギミック】
P5300429.jpg
ビークルモード時同様ゴッドキャノンにヘッドマスターを載せることは可能。

P5300430.jpg
コックピット内部は変形に干渉したりしないので、
ヘッドマスターを入れたままにしていてもOKです。

事前情報を知らず、当方が驚いたギミックがこれ。
P5300432.jpg
ひざから下が外せ、
ここがコンバイナー(日本ではユナイトウォリアーズ)ジョイントになっていて。

P5300434.jpg
コンバイナー(ユナイトウォリアーズ)連動遊びができること!
(写真はリンクスマスターのハウンドとホイルジャックを使用)
脚だけですが、こんなネタを仕込んでくるとは予想外だったので、
個人的には大きなサプライズでした。足首可動ないけどね。

P5300435.jpg
余った脚部で何か遊べるとよかったんだけど…、
あ!こっちもユナイト胴体と組み合わせてみればよかった!
(気づくの遅すぎ)


【スーパージンライとの合体
P6020486.jpg
それではおまちかね!
本商品最大のギミックの披露と行きませう。

まずはゴッドボンバー側の準備。
P5310438.jpgP5310439.jpg
写真左のようにばらし、写真右の状態に変形させておきます。
胴体部分は結構複雑な変形をするんですが、
ここらあたりは動画でレビューされてる方々の方がよくわかるので割愛~
(とうとう他人に頼るようになったか…)

次にスーパージンライの方を写真のような姿にします。
P5310440.jpg
腕背面のパネルを展開して手首を伸ばした状態にするんですね。

そして、まずは腕パーツからいきませう。
P5310444.jpg
ジンライの腕とゴッドボンバーの腕パーツを
緑丸のジョイント同士で貼り付けます。

P5310445.jpg
貼り付けたら左右のパネルを90度折ります。
注意するのは外側のパネルは二重ヒンジ緑枠部で、
ゴッドボンバー時とは折り方が違うので要注意!

P5310446.jpg
外側パネルはそのままぐるりと裏側まで回し
緑丸の部分のジョイントでロックします。

P5310447.jpg
あとはジンライのパネルを戻すだけ~。

注意点がもう一つ
P5310448.jpgP5310449.jpg
ジンライのこぶしパーツは、最大まで伸ばしていると少し出っ張り、
ボンバーパーツの裏面パネルもキッチリ閉じないので、
少し引っ込めて調整しましょう。

お次は下駄…もとい足首。
P5310450.jpg
ここは単純にジンライの足裏の穴に
ボンバー側の四角いジョイントをハメるだけ。

P5310451.jpgP5310452.jpg
突き出たヒザ関節部分を収納して完成です。(当然左右ともこれをやります)
後方から見て右写真のようになっていればOKですね。

問題なのが胴体。
P5310453.jpg
パーツ自体はそのままかぶせれば良いんですが、

P5310455.jpgP5310456.jpg
肩奥のジョイント太緑矢印は、裏面から見た右写真の様に
緑丸小さい爪を噛ませてからハメ込みます。
この爪が少々細く小さいので破損しそうで怖いです。

この赤い板パーツをややねじって下から爪を噛ませてから、
上のジョイントをかぶせるように押し込むのが良いですね。

アームでフロントアーマーと連結されているので板パーツ自体ねじりにくいんですけど
これが確実だと思います。
ここを超えてしまえば後は楽ですので頑張りましょう。
小さいお子さんではちょっと厳しい所なので、お父さんの出番ですよ!

P5310457.jpg
フロントアーマーをしっかりと取り付けます。
上手く定位置にハマると連結アームの緑丸部分
写真のようになるはずです。

P5310472.jpgP5310473.jpg
最後にジンライの武器を取り付けます。足首の方はともかく、
背中のキャノンは結構ジョイントが固めなので、
白化が怖い方はシリコンスプレーなどで何らかの対策をして下さい。

P5310458.jpgP5310459.jpg
説明書ではボンバーのヘルメットを背中の下に取り付けるように指示されてますが、
非常にゆるくすぐポロリするので、個人的にはつけない方が良いと思います。
遊ぶには不向きです。

また、余ったボンバーのヘッドマスターはフロントにしまっておきましょう。
無くしたら大変です。


【超神合体完成!】
P5310474.jpg
足首の関節が良いところにないので ちょっと微妙に見えてしまいますが、
大きさやプロポーションのバランスは非常に良いですね。

まさかジンライの「のびーるパンチ」が遊べるギミックというだけでなく、
ちゃんと合体に必要な可動になっているのには感心します。

P5310476.jpgP5310477.jpg
どっしりとした「これぞ合体戦士!」とした風貌はたまりません。

P5310478.jpgP5310479.jpg
下から見上げると、頭部が見えないボリュウムが良い!
関節はすべてジンライ側の物を使うので、可動性コーナーはオミットします。
どうせハイキックさせても重くて自立しないしw。(コラ


P5310471.jpg
一応足裏~。

ちなみに重心は結構後ろよりなので、
ジンライの足首関節が弱い個体の人は立たないかもしれません。
P5310470.jpg
ウチの個体でもなんとか立ってるレベル。
背負い物が明らかに重い。

アクションは何とかできますが、少々着ぶくれ感はありますね。
P5310482.jpg
P5310484.jpg
先に述べたとおり、可動関節はすべてジンライ側の物なので、
弱い感じはしないです。ガシガシ遊べる強度もあり安心です。
アクションフィギュアとしてなら
ゴッドボンバー単体よりこちらの方が遊べるかも…。

P5310481.jpg
ゴッドボンバーの色々なところがゆるく、ストレスを感じる部分はあるのですが、
それでもスーパージンライをお持ちの方には是非お勧めしたい一品です。


【総評】

いや~ もともと期待値が高いアイテムだっただけに、このゆるさは残念ですね~。

あちこちで言われてますけど、
とにかくクリックが入っていない関節やジョイントが弱い
腕パーツのポロリは購入者のだれもが経験しているのではないでしょうか…。

クリック関節の部分は本当にしっかりしていますが、
そうでない所との差があまりにも激しい。

最近関節の渋みだしにパーマネント マット バーニッシュというニスが流行っているので
個人的に買ってみよーかなーなんて思っています。

弱点はそれだけですね。(ポロリ等もジョイント弱いに含めます)
少々プロポーションにしわ寄せが行ってますが、
合体パーツモードも含めると4形態に変化することになるので
多少は仕方ないと思います。

もろにパワーアップパーツの寄せ集めだったG1玩具に比べると
かなり遊べるものに進化しています。


G1時代の玩具は正直 単体で遊ぶのは少々厳しい仕様。
でも今回のレジェンズボンバーは単体でも十分遊べます。
ここら辺でベッドマスターになっているのが効いてくるんですよね。

また、個人的にユナイトウォリアーズとの連動は拍手をもって迎えたいですね。

厳しい意見を言っている方もいらっしゃいますが、
玩具として遊べるかどうかでみるとちゃんと楽しく遊べます。
関節/ジョイントの強化をしてやると、さらに欠点が減って遊べるものになるので
品質的に文句を言いたいのも分りますが、
玩具そのもののポテンシャルにももっと注目してほしいですね。
以上レジェンズ ゴッドボンバーでした。





それにしても発売一週間でモール限定セット版は早すぎやしないか?
キャブとミネルバを(もちろん胴体付きで)根性で一般販売したら褒めてあげるけど
おそらくないだろうし、
現状では購入者の怒りを買う事態にしかなっていないような希ガス…ゲフンゲフン。
(さすがの吾輩もこれにはあきれましたよ…。)


次回はコイツになります。
P6030489.jpg

ジュリエット(蝶)「うぅン? MP-1 コンボイ?」

MITAKEN「ブッブー はっずれ~。そもそもTFじゃないしw!」

J「非正規なら非正規と先に言うのだぁ~!」ぷちっ!
お粗末様… m(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : トランスフォーマー

2017-06-03 : TF レジェンズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR