武装神姫を中心に、フィギュアレビューや、公式掲示板投稿のSS解説などをしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

TFC TOYS HADESレビューその1(H-01、H-04、H-05)

P6200252.jpg P6200230.jpg P6200240.jpg 
今回はTFC TOYSのライオカイザー似 HADESのうち
戦闘機に変形する
「H-05 AIAKOS(アイアコス)」
「H-04 RHADAMANTHUS(ラダマンテュス)」
「H-01 MINOS(ミノス)」
の三体の紹介です。(全3回の予定。)

噂には聞いていましたがTFCの玩具は結構大味ですね~。 

購入動機は単純明快、本家ハスブロのコンバイナーウォーズ版のライオカイザーが
(今のところ日本版発売はありませんが…。)
あまりにも当時を無視した構成だったので、
MPスターセイバーと並べられるライオカイザ…のそっくりさんが欲しくて手を出しました。

とはいえ、買い始めたときはまだ全種発売されていなくて、バラ買いしているので
今ごろになってやっとそろいました。
(そして最後のヒュプノスを買ったとたん、それまで止まっていた
 ヲタ○ァさんのHADESレビューが突如再開するという不運に見舞われるのです。泣)


とにかくパッケージから。三体同時なのでやや個別の写真が減りますが
ごりょーしょー下さい。
P6200201.jpg
P6200202.jpg
左から「H-05 AIAKOS(アイアコス)」
   「H-04 RHADAMANTHUS(ラダマンテュス)」
   「H-01 MINOS(ミノス)」
普通なら番号順で行くんでしょうけど、
元ネタのライオカイザーをご存知の方ならわかると思いますが、
この戦闘機三体が上半身を構成するメンバーになっています。
アイアコスが右腕、ラダマンテュスが胴体、ミノスが左腕~。
(合体編はその3の予定)
決してガイホークレオザックヘルバットではないので注意でーす。(棒

P6200204.jpgP6200203.jpg
箱は結構厚めの段ボール。差し込みのフラップ ロックを外さないと開きません。
箱の裏面の注意書きは英語と中国語。特に日本に媚びる様子はありません。
(写真はラダマンテュスの箱。)

P6200205.jpg
中は発泡スチロール。日本の玩具ではあまり見かけなくなりましたね。

P6200206.jpg
発泡スチロールにはTFC TOYSのロゴが刻印されています。
一緒に放り込まれているのは説明書とキャラクターカードが入った袋。
ウチの個体は、ラダマンテュスの説明書が押しつぶされて曲がっていました。

P6200207.jpg
ラダマンテュスは腕も主翼も下げた変形しかけの状態で入っています。
下にある小袋はブレストアニマ…ゲフンゲフン。
フレストアニマルな武器です。はイントネーションを上げて言おう!)

P6200209.jpgP6200208.jpg
基本的な構成は全キャラクター同じですが、
アイアコスだけ付属品がすごく多いです。
あと、ミノスは一番先に発売された為か、説明書の折りが少ない
大きな状態で入っています。



【説明書】
P6200210.jpg
P6200211.jpg
ラダマンテュスの物はシワっているので代表でミノスの物を使用。

一枚のペラ紙ですが、フルカラーでCAD図による説明です。
細かい説明のための文章はありませんが、
もともと複雑な変形はしないので、説明がなくても全く問題ないです。
(ただし、実際の変形ではかなりタイトな箇所があります。)
ミノスはやはり第一弾だったためか、
ブレストアニマル?の変形説明が載っていません。
(ラダマンテュスとアイアコスはBアニマル?の変形も載っています。)



【キャラクターカード】
P6200215.jpg
P6200217.jpg
非正規ではついてて当たり前!なカードもしっかりついています。
イラストはパッケージや説明書にも使われているものの使いまわしですが、
しっかりカッコよく描かれているので文句なしですね。

裏面にテックスペックらしきものが載ってますが、
各キャラクターの説明が一切ないのであまり意味はない?
逆にこのスペックから性格を想像してみましょう!



【各付属品】
P6200218.jpg
文字の説明がないのでどう呼べばいいのか困るんですけど、
一応それぞれの付属品はこの通り。

それぞれ本体の前の袋に入っているものがブレストアニマルもどきです。
アイアコスだけ合体用可動手首左右(可変式)以外にも、
合体用ジョイントの改良部品や合体用の大型武器が分解状態で入っており、
他キャラに比べるとかなり多いです。

逆にリーダーであるはずのラダマンテュスはねじ穴隠しのランナーパーツのみ、
ミノスも合体用可動手首(非可変式)が左右ついているのみ。

ミノス
ですでについている合体用手首がなぜアイアコスにもついているのかが謎。
もちろんアイアコスの物は爪部分がとがっておらず、また変形して武器にもなるので
使いまわしではないのでいいんですけど。

ラダマンテュスのネジ穴隠しパーツ三つは機首部分に使う物みたいですね。
また、アイアコスの改良ジョイントが入った袋にも
アイアコス用の機首のネジ穴隠しパーツが2個入っています。
今回はどちらもそのまま未使用です。
P6200220.jpg




「H-05 AIAKOS(アイアコス)ビークルモード)
構成上ビークルモードからいかせてもらいます。
P6210281.jpg
P6210282.jpg
当方が好きなMiG-29ファルクラム、色はド派手な赤色ですけどw。
なかなか上面パネルはよくできてます。

P6210283.jpg
P6210284.jpg
横から見るとやや分厚いかな?
ちょっと苦しいですが、十分許容できる範囲内の形状です。

P6210285.jpg
P6210286.jpg
おっと、頭部を180度回転させる変形をし忘れてますね。スミマセン。
全体的によくできてはいますが、他の2機と比べると、
機首が丸っこいのがちょっといただけないですねぇ。


ビークルモード時のギミックはすでに見せている
ランディングギアの出し入れ&キャノピーの開閉
P6210280.jpgP6210279.jpg
P6210287.jpg
コックピット内はシートとかそれなりに作られてますが、
かなり大味で まじめに作りこもうという気はないようです。
高い玩具なのに「この程度でいいだろ」的いい加減さがうかがえます。
こういう手抜きっぽいのは最近の非正規物では珍しいんじゃないでしょうか?

因みにキャノピーは写真ぐらいの高さまでしか開きません!
主翼下には左右ひとつずつ5ミリジョイント完備!

P6210288.jpgP6210289.jpg
ノーズギアは伸縮式で、固定の渋みに頼っているため、
ストン、と縮んでしまうことがママあります。



【それでは皆さんご一緒に~】
トランスフォ~~~ム!ギゴガゴ…
(だからTFじゃないだろ!)
P6210278.jpg
P6210277.jpgP6210276.jpg
P6210275.jpgP6210274.jpg
P6210273.jpg
変形は簡単で正直コンバイナーのエアーボットを触っているような感じ。
手順も似ています。特に脚はパネルを開いてZ軸移動という
本家と同じ手順でつまらないことこの上ない。
正直一万円を超える玩具としては全然物足りません。

その分ガシガシ変形させて遊べる…とはならず、
機首を反転して背中へ折る可動がかなりタイト
これでも第一弾のミノスよりはよくなってるんですが、
あくまでも「比べると良くなっている」レベルで、
やりづらいことには変わりないです。
サイズもボイジャーで大きいのに大味さだけが悪目立ちします。
正直変形に関しては褒めるところがあまりない。
これなら本家の玩具の方がよほど安心して遊べますからねぇ。



「H-05 AIAKOS(アイアコス)」ロボットモード)
P6200241.jpg
P6200242.jpgP6200243.jpg
P6200244.jpg
ガイホークに似ているかというと、頭部はわりと似てますね。
それ以外は…この写真を見た方に判断してもらうと致しましょう。(笑)

P6200245.jpg
P6200246.jpg
普通にかっこいい形をしてるので遊ぶ分には全く問題なし。
ただ、高額商品のわりには金属パーツはなく
おそらく接続用の圧入ピンやビス以外の金属部品はないと思われます。
当然持った感じも大きさの割りに軽いです。

P6200254.jpg
三体同時なので可動性コーナーはオミットしますが、
それなりに過不足なく動きますね。
足首はつま先だけの可動でやや難がありますが、
無可動ではありませんし、全体的に可動を妨げるものも特にありません。
ここはさすが非正規の端くれ、なかなか頑張ってます。


ロボットモードでのギミックは…
P6200252.jpg
当然ブレスト状態のアニマルを胸に装着可能。
ぶっちゃけ5ミリ穴にならどこでもつけられるんですけどw。

ブレストアタ~ック!(写真枚数を減らすため3体同時ですみません。)
P6200255.jpg
P6200256.jpgP6200257.jpg
P6200258.jpg
三体とも流用などなくしっかり作られていますけど、
ヘルバ…もといミノスの蝙蝠型はちょっと単純すぎますね。
逆にレ…ラダマンテュスのライオン型は結構複雑です。

よってちょうどいい塩梅なのはアイアコスの鳥型メカですね。
P6200265.jpgP6200266.jpg
P6200267.jpg
可動部もそれなりに多く、ある程度のポーズはつけられます。
ここら辺は手を抜いていない感じ。

P6200253.jpg
ブレストチェンジ!
武器に変形させたブレストアニマル?を構えてキメっ!

P6210292.jpg
しっかり集光ギミック持ち、
他の2体と比べるとクリアーパーツの透明度がいいのか、
割とよく光ります。(背負い物が邪魔なので、横向けて撮影してます。)



H-04 RHADAMANTHUS(ラダマンテュス)(ビークルモード)
P6210326.jpg
P6210327.jpg
モチーフは見ての通りF-14トムキャット。
色はちょっと変ですが、この色じゃなくなるとレオザッ…ゲフンゲフン
ラダマンテュスではなくなってしまうのでこれでいいでしょう。(文章おかしいぞ)

P6210328.jpg
P6210329.jpg
上のパネル面だけを見れば結構よくF-14を再現できているんですが、
横から見るとごらんのとおり。かなり分厚くて個人的にガッカリです。
箱感がものすごい。

P6210330.jpg
P6210331.jpg
本当に上から見た状態は良いんですが、裏はロボット面がすごく出ていて
あまり隠す気がないですね。
因みにうちの個体は、左の垂直安定板の可動が緩いのですぐ動きます。
(写真でも動いちゃってますね。)

5ミリジョイントが機首の下に一つ。主翼に左右2つずつ、
脚になるエンジン部に左右一つずつあります。
でもノーズギアを出していると機首のジョイントが実質使えない…。

ギミックはアイアコスと同じ。あ、メインギアの出し方は違いますね。
P6210325.jpgP6210324.jpg
P6210332.jpg
作りこみもやはり「この程度でいいだろ」仕様。
キャノピーの開き方もちょっと少なすぎる希ガス。
(写真までしか開きません!)

P6210334.jpg
主翼は当然可変後退しますし、
翼下には片翼2か所ずつ5ミリジョイントがあり
武器に変形させたブレストアニマル?などを取り付けられます。

本来F-14は主翼の下にミサイルなどつけられないんですが、
ま、玩具なんでこれでいいです。
(つけ根のストレーキ下ならできますよ?)


P6210333.jpg
航空機としての厚みは残念なものの、
当方がF-14の萌えポイントとしているインテーク上辺は
しっかり怒り肩
になっている点は評価したいです。



【それでは皆さんご一緒に~】
トランスフォ~~~ム!ギゴガゴ…
P6210323.jpg
P6210322.jpgP6210321.jpg
P6210320.jpgP6210319.jpg
P6210318.jpgP6210317.jpg
やはり1万円を超える高額玩具としてはかなり簡単な変形
ですが、こいつは頭部の変形のおかげで、少し複雑になっています。
難易度は某テクニカルレベル4くらい。(しかも面白くない)
脚の伸縮はやはり例のZ軸移動なんですよ…。
非正規買う人は奇抜で複雑な変形を望んでいるでしょーに
これはないわー。

唯一面白いのが、アイアコスとは違うその頭部の展開。
合体用頭部が胸の中に納まっているんですが、
これを開くとレオザ…んん!ラダマンテュスの頭部が入っています。

【変形時の問題点】
P6210314.jpg
ヲタ○ァさんの動画でも言っていたと思うんですけど、
コブシを収納すると、奥のネジ受けの部分(赤矢印)に、
人差し指が引っ掛かり、取り出す際にかなり苦労します。
これが本当に出せなくなるんじゃないかというレベルなので、
当方は人差し指の先端(赤丸)を少し削っています。

P6210315.jpg
斜めにちょっと削ってやるだけなので
さほど難しくはないですが、「指が欠けるのが嫌」という方は、
腕の中のネジ受けを削ることになりちょっと難しいです。

また、腕を移動させる肩基部の可動部がやたら固いので、
シリコンオイルスプレーは必須です。
ないと軸のどこかを折ってしまう可能性大!
ここ、ラダマンテュスの一番のネックな希ガス。



H-04 RHADAMANTHUS(ラダマンテュス)(ロボットモード)
P6200221.jpg
P6200222.jpgP6200223.jpg
P6200224.jpg
胴体や各部のディテールは本家とは違うので、
レオザ○クにそっくりかというと微妙なんですが、
頭部のデザインと、特徴的なV字主翼のおかげで
ぱっと見の印象はすごく良いです。

P6200225.jpg
P6200226.jpg
色の効果もあり、レオザックの玩具としては結構いいですね。

P6200228.jpg
可動的にはアイアコスとほぼ同じ。
足首の構造が少し違うので、接地追従性はこちらの方が良いですね。

P6200230.jpg
ブレストアニマル?を胸に装着!
白かった胸部に緑身がましいい感じ。(笑)

それにしてもラダマンテュスというと、
個人的にワイルドアームズ2ndイグニッションを思い出す…。
(ヴィンスフェルト=ラダマンテュスという敵組織の親玉がいるんです。)

ブレストアタ~ック!
P6200259.jpgP6200260.jpg
P6200261.jpg
ラダマンテュスのアニマルが一番平面感がなく立体的
脚の可動箇所も多く結構遊べますね。
ただ、顔が左右の貼り合わせの癖に固定するジョイントがないので
すぐズレます。

P6200229.jpg
ブレストチェンジ! 武器を構えてキメっ!

P6210291.jpg
集光ギミックはアイアコスと比べるとイマイチ光り方が弱い…。



「H-01 MINOS(ミノス)(ビークルモード)
P6210305.jpg
P6210306.jpg
モチーフは変形玩具ではあまり使われないフランスの戦闘機ラファール
元ネタ通りですね。ぶっちゃけこやつらは
ラファールやMiG29の変形玩具として買ってる面もあります。(飛行機バカ)

P6210310.jpg
P6210309.jpg
あまり平べったい機体というイメージがないので十分見れますねぇ。
萌えポイントであるインテーク前の機首えぐれが良い!

基本構造はアイアコスと同じ。
つまりアイアコスは、このミノス部分リデコになっています。

P6210313.jpg
P6210312.jpg
上からの見た目は完全にアイアコスとは別物なのに、
裏を返せばリデコ元であることがよくわかります。

ギミックはもう一緒です。
P6210300.jpgP6210302.jpg
P6210311.jpg
キャノピーは三体の中で一番開きます。
中の造形は他二体と大差ないですがw。



【それでは皆さんご一緒に~】
トランスフォ~~~ム!ギゴガゴ…
P6210299.jpg
P6210298.jpgP6210297.jpg
P6210296.jpgP6210295.jpg
P6210294.jpg
はい、変形方法はアイアコスとほぼ同じです。
こちらが先に出ているのでこっちがベースというのが正しいですけど。
アイアコスでも触れましたが、コイツの機首部分はカナードがあることもあり、
非常に厄介です。あちこち干渉して「これ、反対側に回るの?」
とすら思えてきます。知恵の輪を無理やり解くみたいなやり方ですね。
破損するほどの堅さなどはありませんが、ここだけはタイトなので怖い所です。



「H-01 MINOS(ミノス)(ロボットモード)
P6200231.jpg
P6200233.jpgP6200232.jpg
P6200234.jpg
う~んなんだろう…。
似てるのは頭部だけで、あんまりヘルバ○トっぽくないよーな?
(ヘルバットじゃねーんだから当然だろ!)

P6200235.jpg
P6200236.jpg
肩の上に突起が何もないし、
折りたたんだ主翼の配置が上下逆だからかな?
とにかくコレジャナイ感がすごい。

P6200238.jpg
可動はアイアコスとほぼ同じ。
つま先しか可動部がないので接地性もやや物足りないです。
こまかいディテールはアイアコスとは変えてあるのは感心するんですが、
スタイリングはやっぱりアイアコスそのまんま。

これだけはやっておかないと!

P6200237.jpg
催眠~睡眠~冬眠~~ヘルバ
ゲフンゲフン!アッブねぇ~~ッ!

P6200240.jpg
ブレストアニマル?を装着。
ラダマンテュスとは逆にこちらは白みが増しますね。


ブレストアタ~ック!
P6200262.jpgP6200263.jpg
P6200264.jpg
ほとんど板一枚のような形。
間違いなく全キャラ中一番チャチなブレストアニマル?です。
可動部が翼の先と脚しかない!


P6200239.jpg
ブレストチェンジ!でキメっ!

P6210290.jpg
集光ギミックもコイツが一番暗いよーな希ガス…。
やっぱりHADESのトップバッターだったせいか
イマイチな感じがしますねぇ。



【サイズ比較】
P6210272.jpg
本家からハスブロ版トップスピンとタカトミMP-11スタスクを召喚。
見ての通りサイズはボイジャークラス。

なのに変形はツマンないコンバイナーエアーボットの手脚連中レベルなので
正直値段的には割高感がぬぐえません。
写真左のトップスピンの方が断然面白い変形です。(複雑という意味ではない。)



【合体用の付属品を活用しよう!】
ミノスの合体用手首はどうしようもありませんが、
アイアコスについている合体用手首は
変形機構があり武器になります。
P6200268.jpg
取り付けジョイントを外し、手のひらを半分に折ります。

P6200269.jpg
手に持たせれはこのとーり!

他の合体用武器もそれぞれ持たせて遊ぶことが出来ます。
P6200270.jpg
P6200271.jpg
かなり大きいので見栄えは良いですね。

ミノスラダマンテュスはブレストアニマル以外の武器はないので
これらで補完するといいでしょう。

P6210336.jpg
こうしてビークルモードでも色々つけて遊べますね。
問題は武器が全部アイアコスに集中して付属してる点なんですけど。



【感想その1】
総評は合体させてからになりますけど、
単体としての玩具では正直割高感があります。
全員をそろえる気がない方は、
割高に感じることを覚悟して買う必要があるでしょう

何より通常の変形方法がつまらないのが致命的。
アイアコスミノスはリデコ構造だから仕方ないとして、
そうじゃないラダマンテュスまで足の伸縮が同じ方法だと知った時は
ガッカリしましたね。ここが面白いだけでだいぶ違うんですけどねぇ。

あちこちで言われているので覚悟はしてましたが、
これまでに触ってきた非正規メーカーと比べると、
オーバークオリティで作ってやろうという気概を感じません
なるべく設計で手を抜いて皆が欲しがる商品をでっちあげた感じ。
(あくまでもほかの非正規メーカーと比べてで、
         オリジナル玩具としては相当レベル高いですよ!)


もちろんリデコはかなりのパーツを変えて差別化してますが、
そもそも変形ギミックが凝っていないので、
「楽しい変形」とか「面白い変形」とは程遠い…
その分扱いやすいならいいんですが、それも微妙という…。

少なくともこの三体だけを見ると。
TFのそっくりさんで、大きめの玩具という以外は
価値が著しく低い
です。

MAKETOYSのジャイアントや
ファンプロのM3のような仕上がりを期待するとガッカリしますね。
大きさだけはデカいんですけどw。

しかし、そのそっくりさんという点だけで欲しがるならありでしょう。
当方もその一点で最後の一体まで買ってますし。
シリコンオイルスプレーが必要な箇所はラダマンテュスの肩移動可動部だけ
だったのでミノス・アイアコスに関しては普通に遊べる玩具です。
(変形のタイトさは除く)
通常変形のつまらなさが許容できるかできないかですね。
合体用の変形はそれなりに難しいですし。


閑話休題ー


噂には聞いていましたけどここまで大味だったとは…。
評判が良いMMC(Mastermind Creations)の玩具にも手を出してみたいけど、
イマイチほしいものがないんだよなぁ。(←プレダキングがあんまり好きじゃない奴)
ヘキサトロンを気にしていると本家からシックスショット来ちゃうし…。
なかなかうまくいかないものです。

でわでわ今宵はこれまで~。(^^)ノシ
次回は続きの三体ですね。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : トランスフォーマー

2017-06-24 : TF サードパーティ品 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

MITAKEN0

Author:MITAKEN0
F井県E市に生息中のキモヲタ。

好物は武装神姫、トランスフォーマー、LEGO、萌系フィギュア。
神姫NETの公式SS板でワンユニット師だった経歴を持つ。
無類の巨乳好き♡

なお、当ブログの映像、画像、文章等の
無断転載はご遠慮くださいな~。

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。